写真de俳句の結果発表

【第3回 写真de俳句】《ハシ坊と学ぼう!⑦》

第3回のお題「落ち葉・階段・猫」

評価について

本選句欄は、以下のような評価をとっています。

「天」「地」「人」…将来、句集に載せる一句としてキープ。
「並選」…推敲することで「人」以上になる可能性がある句。
「ハシ坊」…ハシ坊くんと一緒に学ぶ。

特に「ハシ坊」の欄では、一句一句にアドバイスを付けております。それらのアドバイスは、初心者から中級者以上まで様々なレベルにわたります。自分の句の評価のみに一喜一憂せず、「ハシ坊」に取り上げられた他者の句の中にこそ、様々な学びがあることを心に留めてください。ここを丁寧に読むことで、学びが十倍になります。

「並選」については、ご自身の力で最後の推敲をしてください。どこかに「人」にランクアップできない理由があります。それを自分の力で見つけ出し、どうすればよいかを考えるそれが最も重要な学びです。

安易に添削を求めるだけでは、地力は身につきません己の頭で考える習慣をつけること。そのためにも「ハシ坊」に掲載される句を我が事として、真摯に読んでいただければと願います。

もっと「ハシ坊」と学ぼう♪お久し振りです。忘れないでね、ハシ坊です!今回もたくさんの「ハシ坊」俳句、うれしいです。でも、先生にコメントや添削してもらえたからって、満足していたらダメですヨ。もっともっと上を目指して、そしていつか、句集を作って。夏井先生に帯を書いてもらおう!!ってことで、ここで、評価「人」の句を参考にと夏井先生から届いたコメントを紹介するよ〜「人」の句に学んで、みんなでステップアップ♪

石蕗の花階多くけふ命日

広島 しずか80

夏井いつき先生より   評価    人 
どの言葉を残しておきたいか、という意味での参考作品です。
ヒントは他の人の作品の中にありますから、自分の句の評価のみに一喜一憂せず、丁寧に学んでいきましょう♪
“とてもいい”

おちばふむ「またあした」っていったのに

東京堕天使

夏井いつき先生より   評価    人 
「兼題写真の中に自分が入ってみたら、『けんちゃんは、“またあした”って言ったのに』っていうフレーズが降りてきました。でも、季語もないし映像もないやんかと、そこから推敲。上五が『星流る』だとベタだと思い、『言ったじゃないかぁー』の感じを出したくて、この季語にしました。野暮な自句自解ですいません。でも、ここは学びのサイトなので敢えて書きました」と作者のコメント。

とても良い判断です。自分の表現したい内容や雰囲気と、自問自答するとは、こういう過程を指します。自分の句をちゃんと分析できるようになると、推敲の精度がぐんと上がります。
とはいえ、最も客観的に分析できないのが自分の句ですから、まずは『ハシ坊くんと学ぼう!』の他者の句を分析したり、練習問題として取り組んだりしながら、俳筋力をつけていきましょうね。
“とてもいい”
前回、夏井先生からのアドバイスをうけて。推敲した句を送ってくれた人もいたね。先生の判定は……?ちなみに【第二回写真de俳句】の兼題写真はコレ

人参や万年筆で設計図

亀田かつおぶし

人参や万年筆で添削を

亀田かつおぶし

夏井いつき先生より
「第二回 写真de俳句の『人参や万年筆で文を書く』を直してみました」と推敲に悩んでいる、かつおぶしさん。
うーむ……もう少し悩んで下さい(苦笑)。
“難しい”