写真de俳句の結果発表

【第4回 写真de俳句】《ハシ坊と学ぼう!②》

第4回のお題「枯れ草・霜柱」

評価について

本選句欄は、以下のような評価をとっています。

「天」「地」「人」…将来、句集に載せる一句としてキープ。
「並選」…推敲することで「人」以上になる可能性がある句。
「ハシ坊」…ハシ坊くんと一緒に学ぶ。

特に「ハシ坊」の欄では、一句一句にアドバイスを付けております。それらのアドバイスは、初心者から中級者以上まで様々なレベルにわたります。自分の句の評価のみに一喜一憂せず、「ハシ坊」に取り上げられた他者の句の中にこそ、様々な学びがあることを心に留めてください。ここを丁寧に読むことで、学びが十倍になります。

「並選」については、ご自身の力で最後の推敲をしてください。どこかに「人」にランクアップできない理由があります。それを自分の力で見つけ出し、どうすればよいかを考えるそれが最も重要な学びです。

安易に添削を求めるだけでは、地力は身につきません己の頭で考える習慣をつけること。そのためにも「ハシ坊」に掲載される句を我が事として、真摯に読んでいただければと願います。

霜柱清し御所へとつづく道

あすなろ子

夏井いつき先生より
「御所への道」と書けば、「つづく」の三音を節約できます。
“良き”

星冴ゆる顳顬の受く音は青

巴里乃嬬

夏井いつき先生より
「受く」は「音」に繋げたいのですね。ならば、「受くる」と連体形にする必要がでてきます。となれば、中八になります。さて、どうする?
“難しい”

数へ日や月夜を犬のすたこらと

陽光

夏井いつき先生より
「先に投句した『数へ日や月夜の犬の散歩かな』に、切れ字が二箇所あった事に気づき作り直しました」と作者。

気づいたのがエライ! 残りの問題は「や」の位置はこれでよいのか、下五の着地はどうか、この二点です。
“とてもいい

枯れ草の立つる軍旗や霜柱

比良山

夏井いつき先生より
「枯れ草」と「霜柱」の季重なりが気になります。「枯れ草」と「軍旗」、「霜柱」と「軍旗」、それぞれの取り合わせで、さらに作ってみて下さい。どちらもよい句になりそうな予感がします。
“良き”

杖の跡校庭にあり霜柱

巴里の猫

夏井いつき先生より
「早朝に行ったつもりが既に誰か……! 杖の跡だと分かるくらい、綺麗な霜柱の校庭でした」と作者のコメント。

「~にあり」が説明になるので、語順を変えてみましょう。梅沢(富美男)のおっちゃんも、この語順問題で悩んでいます(笑)。
“参った”

霜柱時計の針は動かない

藤井天晴

霜柱動かぬままの時計在り

藤井天晴

霜柱針なき時計掛かりたり

藤井天晴

夏井いつき先生より
「実家の玄関近くにあった古い柱時計は動かない(針がなかった気もする)。動かないのにずっとそこに掛けられたままだった。理由は聞いていないけれど、なんとなく分かる」と作者のコメント。

いろいろ苦労したあとの残る三句ですが、「針のない時計」を置き続けていること、その気持ちがなんとなく分かるという貴方の気持ちこそが、詩になるのではないかと思います。ちょっと難しいかもしれないけれど、「霜柱」ではない季語で、それが表現できる日もくるでしょう。
“ポイント”

亡骸に土たっぷりと霜雫

しみずこころ

夏井いつき先生より
「息子の話し相手だった金魚に感謝を込めて、埋葬しました。寒い日だったので凍えないように土をたっぷりかけました」と作者のコメント。

この「亡骸」が人間ではないことが分かるように書きたいですね。
“良き”

俺はもうとっくに雪を履いている

あすか風

夏井いつき先生より
「今日(2021年1月12日)、奈良市に初雪が降りました。霜柱の先輩顔を詠んでみましたが……」と作者のコメント。

そういうことを言いたいのか……。スノータイヤを履いている、という意味かと思いました。自分の表現したいことに意味を寄せるためには、絵本のような味わいの句にするのがいいのかも。再考してみて下さい。
“難しい”

電車ごっこ縄あるように麦を踏む

吉村よし生

夏井いつき先生より
「縄あるように麦を踏む」で描写できています。むしろ「電車ごっこ」は不要です。さあ、上五をどうもっていくか。最後の仕上げですね。
“ポイント”

里芋の切り口真白寒夕焼

風早 杏

夏井いつき先生より
「里芋の切り口真白」、ちゃんと映像が切り取れていますよ。「里芋」も季語ですから、この場合はむしろ「寒夕焼」がないほうがいい。残りの五音、どうしますか。ここが大事な勝負所です。
“良き”

霜柱サクッと感じ下駄の朝

花弘

夏井いつき先生より
「感じ」は不要です。俳句における三音は、まだまだ色々できますよ。
“激励”

枯れ草の一刀めいて反りにけり

ウィヤイ 未樹

枯れ草の一刀めゐて反りにけり

ウィヤイ 未樹

夏井いつき先生より
「一句目『枯れ草の一刀めいて反りにけり』と投句しました。旧かな(歴史的仮名遣い)で統一しようと決めましたが、『い』の表記が『い』なのか『ゐ』なのか、よくわからないです」と作者からの質問。

「めく」は、接尾語。[名詞、形容詞・形容動詞の語幹、副詞などに付いて動詞を作り、そのような状態になる、それに似たようすを示す意を表す]と辞書には解説してあります。
結論からいうと、「めゐ」は間違いです。「めく」の連用形は「めき」で、「~て」につくときには、音便を発生させる場合もあります。この句は、イ音便を発生させると「めいて」となります。ですから、一句目のままでよいのですが、格調高くしたいのならば、「めきて」でもよいかと。
“激励”

北国を驚かしたる深雪かな

ピアニシモ

夏井いつき先生より
「このところの大雪で、雪に慣れているはずの東北や北陸でも、車の立ち往生や雪下ろし中の事故が多発していると、報道で知り作句。高浜虚子氏の『鎌倉を驚かしたる余寒あり』を真似てしまって×(バツ)でしょうね」と作者のつぶやき。

そうですね、「~を驚かしたる~かな」という類型を使うのがダメというわけではないのですが、上五が「鎌倉」「北国」と土地情報ですし、下五が「余寒」「深雪」なので、発想が近い。類型を使う時は、キーワードと季語を全く違う方向に向けてみましょう。成功する確率が格段にアップします。
“ポイント”

露地庭の薄霜踏みしむ藁草履

灯り丸

夏井いつき先生より
中七が八音になっています。ここをなんとかしたい。
“難しい”

火を放つ日をたくはへし枯草に

春陽

夏井いつき先生より
奈良の若草山で行われる、冬の代表行事「若草山焼き」を表現したいそうです。となれば、「~をたくはへし」という叙述、さらに工夫できそうです。
“良き”

室の花渇き日食狂ひだす

古瀬まさあき

夏井いつき先生より
「既出の『冬眠の夢に日の音と月の音と』の句の推敲です。『冬眠の夢』といふ漠然としたイメージを『室の花』に転換しました。太陽と月の不協和音は日食のズレていく映像に変えています」と作者のコメント。

それぞれ全く違う句として、素材に魅力を感じます。「室の花」と「日食」の取り合わせには惹かれますが、動詞がどちらも強すぎて、お互いを殺しているようにも思われます。
“参った”

水涸れて水路の罅の放たれり

古瀬まさあき

夏井いつき先生より
「『水涸れて水路の罅の散らばりぬ』の推敲です」と作者のコメント。

うーむ、まだ私には納得がいかない……。
“難しい”

20cm力自慢の霜柱

松虫姫の村人

夏井いつき先生より
「20cm」と具体的に書いてあるのはよいのですが、「力自慢」という擬人化は損。要一考です。
“激励”

枯れ草を食む牛達の息白く

抹茶子

夏井いつき先生より
「枯れ草」と「息白く」、季重なりです。何か方法はないかな?
“難しい”

空つ風二区の走者をごぼう抜き

そうり

夏井いつき先生より
「二区ごぼう抜き」「二区をごぼう抜き」と書けば、「走者」の三音を節約できます。
“ポイント”

人をらぬ宮殿めける霜柱

武井かま猫

夏井いつき先生より
「宮殿めける」という比喩をよしとした時に、「人をらぬ」がベストかどうか、一考してみて下さい。
“参った”