写真de俳句の結果発表

【第4回 写真de俳句】《ハシ坊と学ぼう!③》

第4回のお題「枯れ草・霜柱」

評価について

本選句欄は、以下のような評価をとっています。

「天」「地」「人」…将来、句集に載せる一句としてキープ。
「並選」…推敲することで「人」以上になる可能性がある句。
「ハシ坊」…ハシ坊くんと一緒に学ぶ。

特に「ハシ坊」の欄では、一句一句にアドバイスを付けております。それらのアドバイスは、初心者から中級者以上まで様々なレベルにわたります。自分の句の評価のみに一喜一憂せず、「ハシ坊」に取り上げられた他者の句の中にこそ、様々な学びがあることを心に留めてください。ここを丁寧に読むことで、学びが十倍になります。

「並選」については、ご自身の力で最後の推敲をしてください。どこかに「人」にランクアップできない理由があります。それを自分の力で見つけ出し、どうすればよいかを考えるそれが最も重要な学びです。

安易に添削を求めるだけでは、地力は身につきません己の頭で考える習慣をつけること。そのためにも「ハシ坊」に掲載される句を我が事として、真摯に読んでいただければと願います。

ハシ坊」と学ぼう♪ こんにちわ、ハシ坊です!最近、いろいろなところから、「『おウチde俳句くらぶ』に入会しました!」「俳句を習いはじめました!」「ハシ坊と楽しんでいます!」っていう声が聞こえてきます。アリガトウ!ぜひ、みんなの「こんな学びになりました!」「いつもこういう活用方法をしています!」とか、おウチ便りに投稿してくれると嬉しいです。

烏百羽大晦日の雪野

ぷるうと

夏井いつき先生より
「大晦日に事務所の窓から降る雪を見ていたら、烏がどんどん集まってきて、百羽を超すくらいに増えました。何事だろうとびっくりして、こんな光景、二度と見られないだろうと思い句にしました。季重なりですが」という感動を詠みたかった作者。

気持ちは分かります。季重なりを貫きたいのだと思いますので……うーむ、語順かな……、「烏」は外せないので、あとやれるのは「百羽」だけか。

添削例
大晦日の雪野○○○○○○○○○

この語順で、再考してみて下さい。なんとか完成させたい作品です。
“ポイント”

星ひかる霜夜の耳のすくう歌

ぷるうと

夏井いつき先生より
「時間軸をずらして夜にしたら星が光り、いつき組長の『荒星のみな鳴りさうな夜の耳』を思い出しました。『夜の耳』という言い方がすごく好きです。夜の耳は敏感で幽かな音もつかまえる。『夜の耳』というタイトルの童話を書きたいくらい好きです」と作者の弁。

懐かしい句を思い出させてくれてありがとう。「霜夜の耳」と「歌」の取り合わせ、よいと思います。ただ「すくう」という動詞に違和感がのこります。
“難しい”

朝霜や喪中の葉書落としけり

秋紫

夏井いつき先生より
「や」と「けり」、切れ字が重なっています。このケースは、どちらかを外せばよいだけです。

添削例
朝霜や喪中葉書をとりおとす
“ポイント”

卵抱く魚焼けたよ霜柱

大本千恵子

夏井いつき先生より
「写真を見た時、魚を並べて焼いてるように見えたので、枯れ草の中の霜柱を卵に例えて詠みました」と作者。

気持ちは分かるが、これは完全なる取り合わせ、朝ご飯の光景としか読めないなあ。比喩ならば、比喩だと分かるように書くしかないかと思います。
“参った”

老犬の舌垂れてなほ草枯るる

西田月旦

夏井いつき先生より
「なほ」が必要かどうか、自問自答してみて下さい。
“激励”

好日や霜柱よく育ちけり

木染湧水

夏井いつき先生より
「や」と「けり」、切れ字が重なっています。どちらを外すか。その決断によって、微妙な違いが生まれるタイプの句です。
“良き”

大霜を撫でつつ青菜摘みにけり

のど飴

夏井いつき先生より
「撫でつつ」は要一考。とことんリアリティを追求して下さい。
“難しい”

光太郎の詩のごと凛と霜柱

小倉あんこ

結露拭く霜柱あり凛として

萩 直女

夏井いつき先生より
「凛と」はありがちな表現。ここが勝負所です。
“激励”

枯れ枝の熟柿に烏集いけり

秋野商人

夏井いつき先生より
「枯れ枝」と「熟柿」、季重なりです。この場合は「枯れ枝」と書かなくてもその光景は見えますので、上五をどうするか。これが推敲のポイントです。
“ポイント”

手袋やもどかし指の草木つむ

美翠

夏井いつき先生より
「もどかし」で意味が切れてしまいます。「手袋の指もどかしく」とすれば、問題はなくなります。残りの部分、推敲してみましょう。
“参った”

校庭に歓声上がりし霜柱

白石 美月

夏井いつき先生より
「~し」は、過去の助動詞「き」の連体形です。今、歓声があがっているのでしょうから、そのように書きましょう。

添削例
校庭に上がる歓声霜柱

ひとまず文法的には整いましたが、あと一匙のオリジナリティが欲しい。
“激励”

枯れ草や墨色の下目を待ちて

春来 燕

夏井いつき先生より
この「目」は、「芽」の変換ミスでしょうか、意図的表現でしょうか。「墨色の芽」ならば、詩を感じます。
“難しい”

アンパンマンマーチながるる通夜に雪

夏井いつき先生より
「写真から、数年前に友人の子供が亡くなって通夜に参列した時の事を思い出しました。その子が大好きだった『アンパンマンのマーチ』が通夜の会場に流れており、別れを悲しむのと同時に、何となくその子から勇気をもらったような気になったことを覚えています。献花後に外に出ると、雪がはらはらと降っており、まるでその子の御霊が見送ってくれているような気がしました」と語る作者。

作品として最後に検討すべきは、「通夜に雪」「通夜の雪」「雪の通夜」「通夜や雪」などの微妙なニュアンスの選択です。心に残るエピソードだけに、深く自問自答して、作品を完成させてください。
“良き”

ベンチの夜明け視界に輝く霜柱

タマサン

ベンチの夜明け視野に輝く霜柱

タマサン

夏井いつき先生より
「中八になったので、中七になるよう二句目に修正しました」という作者。

最後の検討は、「輝く」がベストかどうか。その一点です。
“難しい”

お手上げの写真de俳句小正月

素人(そじん)

夏井いつき先生より
「老い耄れには中々連想が働かない。お手上げです」と作者のコメント。

ご一緒に、気長にコツコツ学んでいきましょう♪
“良き”

五七五拍子が下手で足冷たし

みずきの

夏井いつき先生より
「以前、句会ライブに参加しました。が、夏井先生の音頭でした五七五拍子の調子がとれなくて、落ちこんだ時の句です」と作者のコメント。

次に会うまでに練習しといしてね♪
“良き”

霜柱三階建に成りにけり

亀田かつおぶし

コロッセオのごと三階建ての霜柱

もりたきみ

針の山めくや墓場の霜柱

海羽美食

夏井いつき先生より
「近所のお寺に霜柱ができ、日陰の為か下から新たに霜柱ができて、三段ぐらいになっていた事があったのを思い出して詠みました」と、三句目の作者《海羽美食》さんのコメント。

霜柱が三階建てになっている様子を、映像として描写できるとよいのですが。
“参った”

昨日見た老い緑に霜柱

三ノ宮ねこ

散歩路の老い緑木に霜柱

三ノ宮ねこ

夏井いつき先生より
「昨日見た」は必要でしょうか。ひょっとすると「散歩路」もなくてもよいかも。
“ポイント”

霜柱じゅわじゅわすじ針の小指

広島 しずか80歳

夏井いつき先生より
「新年早々、掃除中に柱のささくれが小指にささり、トゲが取れた後もじゅわじゅわ痛い思いをしました」と作者のコメント。

「すじ針」とは、ささくれのこと? でしょうか。
“良き”