写真de俳句の結果発表

【第5回 写真de俳句】《並》①

第五回写真de俳句 並

評価について

本選句欄は、以下のような評価をとっています。

「天」「地」「人」…将来、句集に載せる一句としてキープ。
「並選」…推敲することで「人」以上になる可能性がある句。
「ハシ坊」…ハシ坊くんと一緒に学ぶ。

特に「ハシ坊」の欄では、一句一句にアドバイスを付けております。それらのアドバイスは、初心者から中級者以上まで様々なレベルにわたります。自分の句の評価のみに一喜一憂せず、「ハシ坊」に取り上げられた他者の句の中にこそ、様々な学びがあることを心に留めてください。ここを丁寧に読むことで、学びが十倍になります。

「並選」については、ご自身の力で最後の推敲をしてください。どこかに「人」にランクアップできない理由があります。それを自分の力で見つけ出し、どうすればよいかを考えるそれが最も重要な学びです。

安易に添削を求めるだけでは、地力は身につきません己の頭で考える習慣をつけること。そのためにも「ハシ坊」に掲載される句を我が事として、真摯に読んでいただければと願います。

孫を待つ雛とおすまし香る居間  風呂猫/さげもんの吊られた廊下春夕焼  きなこもち/ハイタッチ最後は吊し雛の手に  よしざね弓/吊し雛茶筒の蓋のきつちりと	洒落神戸/古民家の波打つ玻璃や吊るし雛  	斎乃雪/出来栄えを競い楽しむ吊るし雛  8の月/長女次女三女と並ぶ雛飾り	8の月/古雛の虫食いの穴また一つ	ハルノ花柊/吊るし雛「不妊治療」と姉の文  世良日守/雛描く吊るし雛になる絵の具  世良日守/レコードの黴吹き返し歪む春  遊呟/雪の声絨毯赤く吸ひ尽す  遊呟/ベッドメリー赤子をあやす春の風	 信壽/わたくしを映す鏡や久女の忌  多喰身・デラックス/後架への廊下を垂るる雛かな	内藤羊皐/吊し雛雨女なる祖母嫌ふ	内藤羊皐/雛の櫃解けば調度の金家紋  東京堕天使/初音して明治の玻璃の日のゆらぎ  東京堕天使/樟脳の匂ひ連なる吊し雛	  杜まお実

有職の寺の廊下のつるし雛  蝶楽/三姉妹同じ目元の雛の家	葉山さくら	/硝子製団地住まいのお雛さま  原 水仙/吊りびなの花や赤子に春夕焼  亀田かつおぶし/吊り雛の鳥花つなぐ赤い糸  亀田かつおぶし/うららかに花や赤子の吊るし雛  亀田かつおぶし/雛縫いの古布の上には鯨尺  亀田かつおぶし/吊り雛や曲がる廊下の縁側に  真/つり雛や赤子見つめるその先を  清雅/雛段や吾子の大きな「まあだだよ」  清雅/春の昼循環バスに客ひとり  信茶/雨音もお囃子なるや吊し雛  	京あられ/小さき子はつま先立ちや吊るし雛  京あられ/連翹やピアノ幽けき友の庭  やまだ童子/吊り雛や百本並ぶ道の駅  やまだ童子/雛を縫う布の端切れ風光る  那須のお漬物/吊り雛を一人座りて見上げたり	那須のお漬物/爪を研ぐ猫の目きらり吊し雛  森中ことり/明日転居最後に仕舞う吊し雛  森中ことり

吊り雛の端のへたくそな折り鶴  背番号7/流し雛抜き差しならぬ恋のせて  夏埜さゆり女/亡き人のこゑありありと宵の春  夏埜さゆり女	/結婚写真フレームは錆び春の虹  風蘭/親雀藁草くわへ雨樋へ  玉井令子/懐かしき声まちわびる雛の膳  野山遊/デイサービス膝に手作り雛ひとつ  野山遊/ひんやりと軋む廊下や春浅し  海峯企鵝/雛の間や声ふんわりと鳩時計  海峯企鵝/雛見上ぐ幼児張り子の虎抱え  吉野川/吊り雛の匂いかすかに揺れにけり  大橋あずき/坪庭の空へ垂直チューリップ  巴里乃嬬/古民家の開かずの窓へ風の春  巴里乃嬬/酒瓶に歪んで映る花篝  かねつき走流/掲揚の金具の錆や建国日  陽光/雛吊るもこれが最後の実家かな  比良山/そよぐやう一日を重ね立子の忌  はなあかり/奈良町にさるぼぼあまた春散歩  藤井天晴/針止まる祖母の遺した吊るし雛  熊縫まゆベア

はじめての寝返りうんしょ八朔柑  熊縫まゆベア/電球にゆれる生簀と吊るし雛  しみずこころ/吊るし雛里のくれ縁祖母の椅子  しみずこころ/子供部屋出来て吊り雛縁側へ  しみずこころ/つり雛や番重はこぶ母の足袋  むゆき/その座敷は開けてはならぬ春の闇	佐々木のはら/おくるみに柔きひかりや雛祭  城ヶ崎由岐子/吊るし雛窓の向こうがあたたかい  あすか風/	雛撮りてル.マンの母へと笑む娘  風の坂道/桃の香は揺らぎガラスの向こうから  ツユマメ/縁側の独語見守る吊るし雛  ツユマメ/初雛や品定めてふ嫗(ばば)が悦  吉村よし生	/雛飾り女系四代並びをり  吉村よし生/滑空をしさうな姿勢つるし雛  吉村よし生/手あそびの手のからぶりや桃の花	夜行/祖母の手の草の匂ひに流す雛  夜行	/ちりめんの金魚のめだま朧月  夜行/転勤で箱のままある雛人形  風早 杏/手を引いてガラス越し見る桃の花  風早 杏

ポン菓子のトラックおじさん春の昼  風早 杏/風に揺れ何を語らん吊るし雛  花弘/山里や仏わらわら吊るし雛  	花弘/小声なるをんなの会話吊り雛  ウィヤイ 未樹/アイシヤドウこつそり試す雛の前  ウィヤイ 未樹/空色のサテンのリボン雛祭  ウィヤイ 未樹/みちのくの魚に愛づらる流し雛  ウィヤイ 未樹/吊り雛のさるぼぼ見れば笑う子よ  谷山みつこ/口ずさむ雛飾るには暗き歌  谷山みつこ/雛の間に譲る団地の一間かな  谷山みつこ/縮緬の白きお顔や吊るし雛	沙那夏/這い這いのゴールの上に吊るし雛  沙那夏/硝子戸に歪み揺れてる吊るし雛  沙那夏/目隠しを外すお内裏様の息  沙那夏/	くるみ紙の皺に倣いて雛納め  かむろ坂喜奈子/雛段の毎年開けてみる箪笥  かむろ坂喜奈子/ホームの蛍光灯の吊るし雛よ  ⑦パパ/吊るしびな沓脱石の直ぐそばに  ⑦パパ/吊るし雛開かずの金庫護りをり  ⑦パパ

吊し雛渡り廊下の小宇宙  ピアニシモ/西日射す実家の片付け吊し雛  ピアニシモ/吊り雛や泣く子笑う子去ぬ廊下  白兎	/いつくしき女雛の頬にシミ一つ  抹茶子/そよ風は子守唄らし吊るし雛  卯年のふみ/語尾のばし吾を呼ぶ母やひな祭り  卯年のふみ/亡き祖母は百十二歳吊るし雛	そうり/雛あられ少年喉へ流し込む  そうり/	墓石のチラシで作る紙の雛  そうり/ねじ締め錠外さば春の風柔く  そうり/春の風畳廊下に胡坐かく  そうり/春一番ねじ式窓を唸らせり  そうり/おくるみと喃語の先の吊り雛  武井かま猫	/破風板のけふは軽やか吊りひひな  武井かま猫/通夜の灯に祖父のため息火鉢かく  秋紫/初めての一人暮らしや小さき雛  秋紫/つるし雛夜風にぼんぼり揺らめく火	大本千恵子/吊り雛に伸ばす右手の結婚線  中村すじこ/つるし雛を光の縫うて子の産毛	ペトロア

乳ふくむ子は微睡みてつるし雛	 ペトロア/まろき陽の大正硝子やつるし雛	ペトロア/張る伸子祖母の長着へ春の風	江藤すをん/反物の煤に濁れり春の水  江藤すをん/つるし雛触るればくるり回りたる  山川腎茶/つるし雛朝日を浴びて回りけり  山川腎茶/五本垂る赤糸長しつるし雛  山川腎茶/雛あられ煎るかまどの祖母の背な  歩一/職場なる雛が見守るテレワーク  歩一/路地を向くひな壇旧家の窓あけて	  歩一/吊り雛や祖母の縫い目の生き生きと  のど飴/吊り雛をくぐり茶席のありにけり  のど飴/古民家の光やさしき吊るし雛	のど飴/吊るし雛窓全開の廊下かな  びんごおもて	/文具見る唱歌の先に吊るし雛  びんごおもて/樟脳の香や吾も雛も六十路超え	小倉あんこ	/吾子守るアンパンマンの吊るし雛  小倉あんこ/下糸の絡むミシンや春嵐  小倉あんこ/奥庭の木の芽しっとりしたる朝	けーい〇

北窓を開き硝子のほろほろと	けーい〇/ひな壇に日の痕のあり古雛	けーい〇/段数で負けても可愛い我が雛よ  秋野商人/祖母の手の優しく撫でる雛の皺	美翠/吊し雛障子の開くを知らせたり  まあぶる/ちりめんの花とりどりに吊るし雛  まあぶる/古雛よもう喋れるのではないか  まあぶる/剥き卵つるりと白し雛飾り  紙風船/あえかなる少女の涙知るや雛  紙風船/縫い上げて朱糸に繋ぐ吊し雛  小川都/雛まつり廊下伝ひに酢めしの香  小川都/嬰の眼を引きよせる風つるし雛  小川都/菓子箱に豆雛つめて雛納め  もぐ/雛納め衣裳の中が気になる子  もぐ/嫁入りの供は母なる雛飾り	みー/飯事の道具夕日に雛道具	みー/曲り家の折れし処や春日差		夜明鳥/日に打たれひいなも吾も老いにけり  夜明鳥/手を合わせ送る災い流し雛	遙香

ちりめんの亀鳴く昼の庵かな	衷子/猫狙う母の手製の吊るし雛  夢めも/戦争の去りし廊下の吊るし雛  はれまふよう/戸袋へ雨戸の軽し春めけり  はれまふよう/子育ては布縫うごとし吊るし雛	小福 花/ガラス戸に映る中庭春隣  小福 花/夕暮れのひかり集いて雛の間	小福 花/曾祖父に貰ひし雛の目は一重	お銀/美容室の吊り雛鏡の我を  お銀/座敷わらしゐたかも知れぬ雛の宿  文女/吊し雛どの子も美しき三姉妹  文女/吊し雛水琴窟のある民家	文女/だまし絵のごとき石段冬迷宮	あすかきょうか/吊り雛の窓の向こうは初鳴きか  春来 燕/吊るし雛直線上の作用点  颯萬/不規則な千切りの音吊るしびな  俊	/予防接種またひとつ終え紙ひいな  俊/家仕舞い最後に下ろす吊し雛  坂野ひでこ/おくるみ人形繕う脇に吾子(あこ)の顔	タマサン

行進の稽古長廊下に春陽	うからうから/雛あられ三等分の右まはり  うからうから/明日また廊下に増ゆる吊るし雛	素人(そじん)/男に為ると言うのなら雛納め  新陽/段の数毎年減らす母の雛  新陽/可愛いが吊るされている部屋の春  みずきの/我が友が生還の夜雛飾る  広泉/色褪せた写真に妻と雛飾り  広泉/雛飾り目を爛々と座敷猫  広泉/縁側の日差しまたいで雛の客	砂楽梨/みどり児の黒目にも揺れつるし雛	砂楽梨/吊るし雛ガラス戸越しの影ゆれる  あずま陽太郎/吊るし雛吾子の両手にブルドーザ	あずま陽太郎/つるし雛洗濯物に挟まれて  橋本千浪/京に住む下宿の玄関つるし雛  橋本千浪/テラス席スプンで食べるHina-no-mochi  蒼求/吊るし雛娘は明日嫁ぎます	門司区ビリケン/下げもんの猿っ子固し冴返る	門司区ビリケン/春兆す祖父の煙草のローマ文字  お天気娘

長男の背と等しきつるし雛  Q&A/雑巾掛けのあとの床板風光る  Q&A/玻璃越しに吊し雛の朱輝けり	小鞠/庭先を走る幼なや吊し雛  小鞠/かあさんと吾を呼ぶ母や雛の間	る・こんと	/たいていのことならゆるす吊し雛	る・こんと/春の昼なかなか売れぬ叔母の家  る・こんと/ロンドンに嫁いだはずの内裏雛  加賀くちこ/古民家カフェに列車通れば揺れる雛  河合郁/春の選択肢女性男性それ以外  河合郁/中庭の梅の匂いや夜明け前	みづちみわ	/雛壇を這って登りし小さき妹  みづちみわ/むにむにといじめたくなる吊るし雛  みづちみわ/まんまるのつるし雛よく手になじみ  みづちみわ/オルゴール何度もねじる雛祭  早乙女龍千代/トーマスが廊下を走る雛祭  早乙女龍千代/姪の手の紙雛の顔妹の顔  迫久鯨/釣り雛や女三人かしましく	  笑姫天臼/釣り雛ゆれる女子会の午後楽し  笑姫天臼