写真de俳句の結果発表

【第5回 写真de俳句】《並》②

第五回写真de俳句 並

評価について

本選句欄は、以下のような評価をとっています。

「天」「地」「人」…将来、句集に載せる一句としてキープ。
「並選」…推敲することで「人」以上になる可能性がある句。
「ハシ坊」…ハシ坊くんと一緒に学ぶ。

特に「ハシ坊」の欄では、一句一句にアドバイスを付けております。それらのアドバイスは、初心者から中級者以上まで様々なレベルにわたります。自分の句の評価のみに一喜一憂せず、「ハシ坊」に取り上げられた他者の句の中にこそ、様々な学びがあることを心に留めてください。ここを丁寧に読むことで、学びが十倍になります。

「並選」については、ご自身の力で最後の推敲をしてください。どこかに「人」にランクアップできない理由があります。それを自分の力で見つけ出し、どうすればよいかを考えるそれが最も重要な学びです。

安易に添削を求めるだけでは、地力は身につきません己の頭で考える習慣をつけること。そのためにも「ハシ坊」に掲載される句を我が事として、真摯に読んでいただければと願います。

雛の昼古きピアノの黒光り  みずな/吊るし雛あめ色の古布陽の目の縁  広島 しずか80歳/さげもんの万華鏡めく緋縮緬  広島 しずか80歳/負けまいと雨粒はじく蝶のはね  柊まち/スキップのリズムに揺れる髪に春  柊まち/うつむいた睫毛の影や春の夜  柊まち/雛あられ友うらやみし幼き日	飯村祐知子	/ひなまつり三食ゼリーゆつくりと  飯村祐知子/つるし雛見てるふりして生返事	飯村祐知子/焦げ残る小さきおくどの雛道具  飯村祐知子/母の縫い目吊したままの飾り雛  雅茶/春立つやイタと昨日の豆踏んで  叶はなみ/箱の古布朱にひと針の吊るし雛  叶はなみ/春浅しさげもんくぐり路地逍遥  叶はなみ/炊飯器麹ぷくぷく雛祭り  叶はなみ/桃の日を泡立つように盛るサラダ  小野睦/水染みの重なる廊下吊り雛  シュロバッタ/ナフタリンを従へ出づる古雛  シュロバッタ/はひはひの広縁長し雛の宴  蓼科 嘉

吊り雛の揺れる光のほわほわと  蓼科 嘉/日だまりの猫の序列や冬うらら  蓼科 嘉/柚子風呂や脈打ち始む硬き指  香箱猫/雛の間にあかりと清く命名紙  笑笑うさぎ/ろうそくの雛ぼんぼりを仄明かり  笑笑うさぎ/薄葉紙解かるるひいな光りあふ  笑笑うさぎ/玻璃越しの腹やはらかきあまがへる  黄色いくじら/ガム飲む子噛まず出す子や雨蛙  黄色いくじら/祖父の背と尺八揺れて春暑し  黄色いくじら/膝に寄る這い子の小さき手に春日  鷹栖句会まつこ/和らかな桃色ゆれる吊るし雛  代志惠華/蛤のおすまし啜り在所かな  代志惠華/つるし雛みなしあわせの色かたち	キッカワテツヤ/手づくりのひな並びゐるテレビ台  キッカワテツヤ/カクテルは甘し二十歳の雛祭  キッカワテツヤ/やくそくねゆびきりげんまんつるしびな  里山まさを/テレワーク画面の奥に吊し雛  里山まさを/京の寺薄暗がりの雛古し  チリンドロン/吊り雛や触ってみたい背伸びして  チリンドロン

連泊の宿の居心地吊るし雛  鈴木由里子/地球儀の埃うつすら雛祭  鈴木由里子/伝建の町をそよげる吊し雛  竹田むべ/坪庭の光さしたる吊し雛  竹田むべ/縦並び数を揃えてつるし雛	晴耕/ひな壇に猫駆け上がる雛祭り  なしぞ~/春時雨幼き娘に見る私  神保一二三/雛祭り伊香保石段雛の波  利根の春/桧扇の失せて女雛の白き指  彩汀/三代の雛飾る間の昼の闇	  彩汀/雛壇の埃払ふと猫遊ぶ  森比古/稲取に寄る旅路かな吊るし雛  森比古/出張や妻へ買ふ京の吊り雛  こもれび/タオル干す湯宿の窓の朧月  こもれび/吊り雛を風当てぬやう揺れぬやう	赤味噌代/雛段のしわ無きやうに緋毛氈  赤味噌代/凛と立つ一刀彫の雛人形  ひらり/仏壇へ供うボーロよ吊るし雛  晴と夕帆/ぶらんこやももいろリボンのくつはきて  かいぐりかいぐり

ぶらんこやももいろリボンのくつはきて  かいぐりかいぐり/吊り雛と何のおしゃべり吾子笑う  新井ハニワ/幸せになれたのかなと吊るし雛  新井ハニワ/遠方の娘おもひし雛かざり  放夢走/さるぼぼをちぎる末子や吊るし雛  谷口詠美/雛の客くるくる回す吊るし雛  谷口詠美/	出陣の姫の離れに吊るし雛  谷口詠美/磨りガラス朱色見えたる雛の家  熊の谷のまさる/部屋中に朱と朱をならべ吊るし雛  熊の谷のまさる/野良猫も客人として雛の家  朝月沙都子/ひなあられ白ばっかりやあんまりや  朝月沙都子/雛の日や古民家カフェのパフェの匙  朝月沙都子/縁側に払い下げ机置き春  まつぽっくり/千代紙の雛吊りし窓休園日  ごまお/母の雛扇失せしと伯父の歌  ひろみ/お守り犬の髭の掠れや吊し雛  遊子/冴返る雨戸を開けるまでの闇  ちかひか/さるぼぼの赤ら顔似る囲炉裏端  小山美珠/ねんねこの這子のあんよくすぐりぬ	小山美珠

しつらえの朱の濃きゆかし実南天	  小山美珠/お手玉の掠るる袖や桃の花  小山美珠/稲取の金目の鰭のつるし雛  トウ甘藻/吊し雛お細工物の滴れる  二重格子/立春のコーヒー熱し揺るぐ紙垂  堀尾みほ/	姉様と揃いのベベや雛の膳  ゆさんこんめ/雛祭この小さきは誰の指  ゆさんこんめ/億万光年先見る雛の目の虚ろ  ゆさんこんめ/のら猫の嗅いで憮然の雛あられ  花屋英利/香袋まぜ聖廊のつるし雛  花屋英利/ちりめんの金魚ゆらゆらお雛様  夏雲ブン太/り雛や糸の軌道の静寂に	夏雲ブン太/砂糖菓子そっと並べてひな遊び  ナニイロ/足裏に春のきざしの廊下かな  ナニイロ/吊り雛のさるぼぼの背まるまりて  めぐみの樹/	抜けし首ひそかに戻す雛飾り	めぐみの樹/春隣そっと掴みし刺繍毬  れんげ草/さるぼぼを見上げる猫や風光る  不二自然/すりガラス庭の椿はかすれをり  不二自然/

百科事典雛壇として使ひたり  瀬尾白果/曙光差す廊下のつるし雛くるり  はぐれ杤餅/ひなまつり玄関に子の靴五足  はぐれ杤餅/こんにちは坂の上より春来る  伊藤あんこ/春握る吾子の手開き深呼吸  伊藤あんこ/ガンダムもいつしか置かれ雛の段  風花まゆみ/童心の洗はれてゆく春の泥  大和田美信/坪庭に紙風船の灯りかな  大和田美信/吊り雛を見上げし子らの陽の香して  毒林檎/祖母と母とチクチク縫う吊るし雛  ちえ/鮮やかな未来くるくるつるし雛  ちえ/祖母百寿百度目の雛祭りかな  ちえ/うたた寝の面に吊るし雛の影  るき/「こんにちは」気配の動く吊るし雛  るき/吊るし雛カーテン代わりの一ヶ月  二見歌蓮(フタミカレン)/家中に飾り三十吊るし雛	二見歌蓮(フタミカレン)/おねだりの大正硝子雛歪み  風花美絵/まだ聞き慣れぬ標準語雛の客  彼路/命日の団欒祖母のつるし雛  彼路

うらうらと婆と尻寄せ雛のうた  鶴木綿/まどろみのまぶたを雛のかさね色  鶴木綿/吊るし雛もう届くねと跳ねる吾子  まちゃみ/おずおずと仏壇を閉め雛祭  小笹いのり/アパートの居間半分の雛飾り  小笹いのり/さるぼぼの手足天地へひひなの間  ルーミイ/丈高き客屈みたり吊し雛  ルーミイ/祖父母から譲り受けたる吊るし雛	小澤ほのか	/幼な児の手の届かない吊るし雛  小澤ほのか/愛はまだ此処に残りて吊るし雛  和泉明月子/華やかな吊るし雛見に野の小鳥	  和泉明月子/しぼ撫でる小さき指よ木の芽風  ひつじ/水引を束ねゆく手や夜半の春  りょうまる/枯山水雪に鮮やぐ砂紋かな  りょうまる/背伸びして吊り雛揺らす吾子の指  黒江海風/吊り雛は隣家の窓辺でゆやゆよん	黒江海風/	換気して鳴る吊り雛の円舞曲  月萩つなぎ/すやすやと春光触るる足の指  月萩つなぎ/ベッドメリー揺れてすやすや雛の月  姫川ひすい

徳川の雛飾り見つ合格待つ  姫川ひすい/吊り雛や耳立てて寝る老いし犬  間 静春/曲り家の座敷わらしやつるし雛  間 静春/吊り雛や窓のむこうの空は青  ミセウ愛/満開の桜でんぶや雛の膳  清白真冬/吊り雛のところ狭しと城下町  清白真冬/朧月水琴窟に落つ何か  清白真冬/春の朝「硝子戸の中」開け放つ  走人/ゆらゆらと硝子戸の波日永かな  走人/吊し雛月光溶けるやすり硝子  走人/妹が生まれて母は雛を買い  土井あくび/「桃子」といふ名の娘はにかむ雛の宴  土井あくび/吊り雛や堂々ややにあげる乳  おこそとの/吊り雛を掛ける柱の錆びた釘  おこそとの/吊り雛や天頂の色褪せた犬  おこそとの/吊るし雛脚立が出しつぱなしだよ  へなけん/吊るし雛脚立のあしも揺れてをり  へなけん/「おんな腹」死語になりしや雛飾る  益深/バス停まり温泉宿に吊るし雛  益深

吊り雛を見上げる瞳六つになり  益深/春の昼みどりご何処にうたたねす  藪椿/さるぼぼのかしら白酒酌み交わす  藪椿/積読の本を片付け雛飾る  平井伸明/保育所の入所通知や雛飾る  平井伸明/届かぬよう飾った雛を気に留めず  平井伸明/吊るし雛男子ばかりの家にせめて  鈴白菜実/祖母渡す吊るし雛より明治の香  鈴白菜実/飛車ひとつ落つる濡れ縁目借時  池之端モルト/つくばひのみずの波紋やうぐいす来	池之端モルト/雛あられ眺め眺めて登園す  幸香/雛の家曾祖母の部屋ろうか奥  幸香/三代を見送る雛の目の静か  チョコ秋桜/ぽつぽつと雨降り出しぬ雛の宵  チョコ秋桜/吊り雛の猿を恵方に向けし朝	チョコ秋桜/とどくかな小さな手の先吊るし雛  紅梅/断捨離の中に雛あり独り言  紅梅/雛祭り三婆婆集う実家かな  北斗八星/吊るし雛座布団敷いて豆大福	  ともっち

ガラス戸に浮かぶ綿雲吊るし雛  ともっち/ガラス越し浮かぶ友の手吊るし雛  ともっち/春の月渡り廊下にかぐや姫  村木年子/吊るし雛どこ吹く風のディスタンス  見和子/雛吊るし迎える宿の金目鯛  見和子/節くれの指赤糸で縫うひいな  糸圭しけ/玻璃越しに吊り雛覗く子らに菓子  糸圭しけ/影揺るる介護施設の吊るし雛   伊藤はな/通学路米屋に覗く吊り雛  季凛/まだ庭に祖母の下駄あり釣り雛  季凛/ほうほうと祖父に撫でられ吊り雛  季凛/つるし雛吾子と廊下の拭き掃除  ブチ猫/カーテンの5mmの隙間春隣  北川颯/窓越しに園児賑はす吊し雛  琴野白鳥/さるぼぼを転がす猫や春の風  アン/傘はひとつ二見に旧き雛めぐる  梓弓/濃い赤のハンカチ選ぶ離任の日  梓弓/箱のみが残りし雛や春の雷	梓弓/背のびして揺らす廊下の吊り雛や  一久恵

茅葺きの廊下の吊り雛「めんげない」  一久恵/吊り雛をかきわけ走る三歳児  国東町子/ちりめんの端布とりどり吊り雛  国東町子/内裏雛たわみゆがみの還暦や  飛来 英/盲腸の傷新しき二月哉  草露/瑠璃戸越しの光集むる吊り雛よ  横浜月子/吊り雛の女二代の着物柄  横浜月子/六十回飾るひいなは色褪せず  あいす茲亞/伊豆稲取ひな吊り居間の波静か  あいす茲亞/雛市やモクドウモクシュ軽いです  マダムゆきんこ(加加阿改め)/不器用は不器用なりに雛折る  でんでん琴女/吊し雛おしめの温く膨らみぬ  ツカビッチ/ひととせの眠りにつくや雛納め  かずりん/桃花挿す香りや旧き手水鉢  遠藤 滄千/渡る香や桃の節句のちらしずし  遠藤 滄千/光る廊下の父の手のルアー  大西みんこ/縢る「いろはにほへと」吊るし雛  大西みんこ/分校のオルガン固し雛祭  喜祝音/雛の宴主役は飽きてしまいけり  喜祝音