写真de俳句の結果発表

【第6回 写真de俳句】《ハシ坊と学ぼう!①》

第6回のお題「カラスの巣」

評価について

本選句欄は、以下のような評価をとっています。

「天」「地」「人」…将来、句集に載せる一句としてキープ。
「並選」…推敲することで「人」以上になる可能性がある句。
「ハシ坊」…ハシ坊くんと一緒に学ぶ。

特に「ハシ坊」の欄では、一句一句にアドバイスを付けております。それらのアドバイスは、初心者から中級者以上まで様々なレベルにわたります。自分の句の評価のみに一喜一憂せず、「ハシ坊」に取り上げられた他者の句の中にこそ、様々な学びがあることを心に留めてください。ここを丁寧に読むことで、学びが十倍になります。

「並選」については、ご自身の力で最後の推敲をしてください。どこかに「人」にランクアップできない理由があります。それを自分の力で見つけ出し、どうすればよいかを考えるそれが最も重要な学びです。

安易に添削を求めるだけでは、地力は身につきません己の頭で考える習慣をつけること。そのためにも「ハシ坊」に掲載される句を我が事として、真摯に読んでいただければと願います。

 

【おウチde俳句くらぶ事務局よりお詫びと追加掲載のご案内】(2021年4月27日付記)

 

いつもおウチde俳句くらぶをご利用いただきまして、心より御礼申し上げます。

第6回「写真de俳句」結果発表の際に、システム障害により、一部の会員様におかれまして、一句も俳句が掲載されていない、という事象が発生いたしました。
夏井先生の選を楽しみにされていらっしゃいました会員の皆様には、ご落胆とご心配をおかけしましたことお詫び申し上げます。

調査の結果、第6回の投句データを入手する上で、システムの不具合により、一部の投句データが反映されず、抜けてしまっていたことが原因だと判明いたしました。

未掲載の会員様の第6回「写真de俳句」の結果につきましては、データが復旧次第、夏井先生に見ていただきまして、追加掲載をさせていただきますので、今しばらくお待ちいただきますようお願い申し上げます。

ご迷惑をお掛けしました会員様には、個別に順次ご連絡をさせていただいておりますが、改めてお詫び申し上げます。

「一人につき最低一句は評価する」という、おウチde俳句くらぶで、会員の皆様が俳句のある生活を楽しんで頂けますよう、システム改修の上、再発防止に努めてまいりますので、引き続きよろしくお願い申し上げます。

また当サイトおよび公式Twitter(https://twitter.com/ouchidehaiku)にて、最新の情報を掲載してまいります。
ご質問やお問い合わせも、随時こちら(https://ouchidehaiku.com/pages/contact)より受け付けておりますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

おウチde俳句くらぶ事務局

 

「ハシ坊」と学ぼう♪ 4月もはじまりました!  オープンキャンペーンの対象者には、 おウチde俳句句帖を 4月末までに順次送る予定です!  みんな、楽しみに待っててね〜  写真を採用していただきありがとうございます。 今年もあちこちに鴉の巣が見られる季節になりました。 何かと目の敵にされる鴉ですが、もともと人間が様々な生き物の棲息地を奪ってきたんですよね。卵を抱いている姿とかを見ると、 同じ親として健気に頑張っているなと思います。板柿せっか

ほんたうにハンガーだつた鴉の巣

円堂 実花

ハンガーの大黒柱鴉の巣

山川腎茶

ハンガーに見覚えありて鴉の巣

城ヶ崎由岐子

ハンガーは編み込まれいるカラスの巣

紅雨

子を守るハンガー製の鴉の巣

神戸めぐみ

ハンガーの針金光る鴉の巣

天陽ゆう

ハンガーも鉄筋なりき烏の巣

夜明鳥

ハンガーは大黒柱鴉の巣

文女

ハンガーのかたち含みて鴉の巣

ちかひか

ハンガーを盗り積み上げてカラスの巣

ちえ

夏井いつき先生より
「ハンガー」と取り合わせた句が沢山ありました。並選、人選などに入っている「ハンガー」と「鴉の巣」の句は、どこが違うのか。考えてみましょう。
“ポイント”

針金ハンガーも使いカラスの巣

チリンドロン

針金のハンガーの成す烏の巣

笹弓

針金のハンガーつんと鴉の巣

木ぼこやしき

夏井いつき先生より
これらを比較してみましょう。中七の最後が「使い」「成す」「つんと」、これだけの違いです。が、「使い」は説明の言葉、「つんと」は描写の言葉になっています。この違い、分かりますか。
“良き”

朧炊く当番なので帰ります

七瀬ゆきこ

夏井いつき先生より
「炊く」だから「当番なので帰ります」と、軽い口語になっているのだと思います。が、ひょっとして、「香を焚く」等の「焚く」の入力ミスかも、と思ったり。いやいや、それならば中七下五は文語になりそうな気もするし。惹かれているのですが、評価迷いました。
“参った”

剪枝をば集めて烏我が子待つ

風呂猫

夏井いつき先生より
「季語辞典で『へぇぇぇ』と思った季語を使ってみました」と作者のコメント。

「鴉の巣」「子鴉」等を季語として載せている歳時記は多いですが、「烏我が子待つ」は、微妙なラインだなあ。ん?「剪枝」を季語としてる?? 歳時記は、編者の意図によっていろんなものがあるので、複数の歳時記を確認することをお勧めします。
ちなみに、私が愛用しているのは、『カラー版 新日本大歳時記』(講談社)& 旧版の『カラー図説 日本大歳時記』(講談社)です。大判でちょっと高いのですが、中古でも出回ってます。写真や絵も載っていて楽しめます。内容もしっかりしてます。
“ポイント”

面憎い烏も卵抱いて寝る

風呂猫

夏井いつき先生より
「少しはイイトコロもあるんじゃないの? というのと『卵』が春の季語だと今日知って、早速使ってみたくなりました」と作者のコメント。

本ホームページ関連のツイッターに、一部不正確な記事が載っていたと聞いています。「抱卵期」という季語はありますが、「卵」は、春の季語ではありません。
“激励”

春雲や泥田に二羽の鴉かな

藤田ゆきまち

夏井いつき先生より
「~や~かな」と、切れ字が二つ重なりました。この場合は、上五の「や」を活かしたほうが季語が生きますね。最後の2音の使い方は、①2音の動詞を探す。②下五を「鴉二羽」として、余った音数を中七にて使う。
「春の雲」という季語が生きるような映像を描きましょう。
“ポイント”

めろめろと高みへ桐の花あをむ

佐藤儒艮

夏井いつき先生より
「兼題写真の花は桐かな? と思いましたので一句。会津地方には桐の木が多いのですが、遠目からでも分かる間延びした感じの幹で、『めろめろ(秋田方言)』生えてるな? と思ってました」と作者のコメント。

方言としては読み取りにくいです。むしろ、オノマトペかなと。「桐の花」に対する各々の感じ方によって、評価は分かれそうです。私は「桐の花」って独特の存在感があって、格調も高く受け止めているので「めろめろ」はやや違和感がありました。
“難しい”

死肉喰ふ鴉の群れに白驟雨

ハルノ花柊

夏井いつき先生より
「鴉が不吉だと思われるのは雑食のせい。そんな不吉だと思われる場面を詠んでみました。『死肉喰ふ鴉の山の白驟雨』の推敲です。山ではなく、きちんと『群れ』と描写すべきだと思いました。助詞は場所だから『に』にしましたが迷いました」と作者のコメント。

作者の表現したい内容に、言葉を寄せている推敲ですね。最後の迷いの部分について解説します。助詞「に」の場合の映像は、「鴉の群れ」が映っていてそこに「驟雨」=夕立がいきなり降り出す、という感じです。もう一つの選択肢は「へ」です。こちらは、「鴉の群れ」から広い映像になり、「驟雨」が「鴉の群れ」の方向へ向かって夕立が動いていく、という感じです。
この選択は、どちらが良いという問題ではなく、作者自身が描きたかったのは、どちらの映像かを、作者自身が選び取るべきことです。
“激励”

梅探る何処にあるや鴉鳴く

信壽

夏井いつき先生より
「まだ早い梅を求めて歩いていると、何処ともなく鴉の鳴き声がしました」と作者のコメント。

「梅探る何処にあるや」は、季語「探梅」の一語で表せます。上五中七の内容は、季語の中に入っているのです。上五を「探梅や」として、推敲してみましょう。
“良き”

芳しや病床包む見えぬ梅

信壽

夏井いつき先生より
「入院していた時、少し空いた病室の窓から梅の香りがしました。外を眺めましたが、梅は見当たりません。梅の香に病身が癒されました」と作者のコメント。

中七から下五にかけての「包む見えぬ」が説明です。作者ご本人のコメントのほうに良い言葉がありますよ。

添削例
病室の窓よ梅の香芳しき
“ポイント”