写真de俳句の結果発表

【第6回 写真de俳句】《ハシ坊と学ぼう!③》

第6回のお題「カラスの巣」

評価について

本選句欄は、以下のような評価をとっています。

「天」「地」「人」…将来、句集に載せる一句としてキープ。
「並選」…推敲することで「人」以上になる可能性がある句。
「ハシ坊」…ハシ坊くんと一緒に学ぶ。

特に「ハシ坊」の欄では、一句一句にアドバイスを付けております。それらのアドバイスは、初心者から中級者以上まで様々なレベルにわたります。自分の句の評価のみに一喜一憂せず、「ハシ坊」に取り上げられた他者の句の中にこそ、様々な学びがあることを心に留めてください。ここを丁寧に読むことで、学びが十倍になります。

「並選」については、ご自身の力で最後の推敲をしてください。どこかに「人」にランクアップできない理由があります。それを自分の力で見つけ出し、どうすればよいかを考えるそれが最も重要な学びです。

安易に添削を求めるだけでは、地力は身につきません己の頭で考える習慣をつけること。そのためにも「ハシ坊」に掲載される句を我が事として、真摯に読んでいただければと願います。

 

【おウチde俳句くらぶ事務局よりお詫びと追加掲載のご案内】(2021年4月27日付記)

 

いつもおウチde俳句くらぶをご利用いただきまして、心より御礼申し上げます。

第6回「写真de俳句」結果発表の際に、システム障害により、一部の会員様におかれまして、一句も俳句が掲載されていない、という事象が発生いたしました。
夏井先生の選を楽しみにされていらっしゃいました会員の皆様には、ご落胆とご心配をおかけしましたことお詫び申し上げます。

調査の結果、第6回の投句データを入手する上で、システムの不具合により、一部の投句データが反映されず、抜けてしまっていたことが原因だと判明いたしました。

未掲載の会員様の第6回「写真de俳句」の結果につきましては、データが復旧次第、夏井先生に見ていただきまして、追加掲載をさせていただきますので、今しばらくお待ちいただきますようお願い申し上げます。

ご迷惑をお掛けしました会員様には、個別に順次ご連絡をさせていただいておりますが、改めてお詫び申し上げます。

「一人につき最低一句は評価する」という、おウチde俳句くらぶで、会員の皆様が俳句のある生活を楽しんで頂けますよう、システム改修の上、再発防止に努めてまいりますので、引き続きよろしくお願い申し上げます。

また当サイトおよび公式Twitter(https://twitter.com/ouchidehaiku)にて、最新の情報を掲載してまいります。
ご質問やお問い合わせも、随時こちら(https://ouchidehaiku.com/pages/contact)より受け付けておりますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

おウチde俳句くらぶ事務局

 

熱気球離るる大地赤き春

巴里乃嬬

夏井いつき先生より
「写真にある木々の枝を熱気球を大地に繋ぐ紐へ発想を飛ばし、トルコのカッパドキアの熱気球を詠みました。冬は雪に覆われ、雪どけで赤土の大地が現れる感じを詠みたかったのですが」と作者のコメント。

「赤き春」が、トルコのカッパドキアの赤土だと思うと、なるほど! と納得します。「トルコのカッパドキアにて」と前書きをつけると作品として成立します。
“良き”

ページ繰る手のよう桐の花はまだ

かねつき走流

夏井いつき先生より
「~よう」は「桐の花」の比喩かな?「~はまだ」とあるので、桐の花は咲いてないの? 桐の花が咲いていく様子がページを繰るかのようだ、という意味? そのあたりが少し分かりにくいかな。
“参った”

大試験課題「巣鴉」建築科

比良山

夏井いつき先生より
「季語『鴉の巣』一辺倒から脱却したかったのですが、季重なりは回避できているでしょうか?」と作者のコメント。

季語は、あきらかに「大試験」ですね。ただ、こちらに知識がないので、「建築科」と「巣鴉」の関係がつかみきれませんでした。
“難しい”

空つぽの家に小手毬灯りけり

はなあかり

小手毬やつけ忘れたる門柱灯

はなあかり

夏井いつき先生より
【一句目】「誰も居ない家に帰る時、玄関の手前の小手毬が、灯りの様に出迎えてくれた、子供の頃の光景を詠みました」
【二句目】「一句目の推敲です。擬人化が気になり上五に切れ字で表現してみました。この語順で暗がりに白く光る小手毬が表現出来ているのか、ご指導宜しくお願い致します」と作者のコメント。

一句目と二句目は別物です。一句目は、「小手毬」が灯るかのように、という句。二句目は「小手毬」の花と、灯してない「門柱灯」を取り合わせた光景ですね。
“ポイント”

春時雨巣に佇めり烏かな

千風もふ

夏井いつき先生より
「静かに降る雨の中、烏が一羽、巣に見える。親なのか子なのか。何を考えているのか。静かに時が過ぎる様子を詠みました」と作者のコメント。

「佇めり」は、動詞「佇め」+助動詞「り」終止形なので、ここに切れがあります。そうなると、下五「烏かな」の詠嘆が浮いてしまいます。もっというと、「烏」を詠嘆する意図がよくわからない、ということも言えます。もし、「かな」を活かしたいのであれば、こんなやり方もあります。

添削例
巣に烏たたずむ春の時雨かな
“激励”

花見酒ビニール袋引くカラス

風早 杏

夏井いつき先生より
「花見で盛り上がっていたら、知らない間にカラスが、買ってきたレジ袋をねらっていた」と作者のコメント。

中七下五の描写はよいですね。上五「花見酒」は、まだ動くかもしれません。花見で宴会したり酒のんだりしてるんだろうな、と思わせるように季語をもってくると、作品として更によくなる可能性はあります。
“とてもいい

行く春や何処からともなく雛の声

花弘

夏井いつき先生より
季語「行く春」を表現するために、ひな鳥の声という素材を使う、という考え方ですね。中七が少し緩いか。
“参った”

鴉の巣のすそ獺の祭めいて

⑦パパ

夏井いつき先生より
「比喩なので『獺の祭』は季語として機能せず、季重なりは大丈夫ですよね?」と作者から質問。

季重なりは問題はないですが、「鴉の巣のすそ」という表現で、どこまで映像としてみえるか。そもそも、比喩として「獺の祭」は効果的なのか、色々気になります。
“難しい”

学校サボりて山の長閑かな

白兎

夏井いつき先生より
「サボるという表現が俳句の表現としてどうなのか? 迷いましたが、他にぴったりくる言葉が見当たりませんでした」と作者のコメント。

前半が八音、後半が八音、合わせて十六音ですね。一音足したほうが、調べも長閑になりますよ。内容と調べは、一体なのです。

添削例
学校をサボりて山の長閑かな
“ポイント”

白息のランナー頭上を狙う鳥

松虫姫の村人

冬夕焼け頭を掴みにくる烏

松虫姫の村人

冬夕焼け狙うはランナー烏翔ぶ

松虫姫の村人

夏井いつき先生より
【一、二句目】「以前の職場に隣接している林が、烏の群れのねぐらになってしまいました。朝夕と同僚が頭をつかまれたり、ひどい時にはつつかれたりしました。当時、私も勤務後に職場でランニングをしており、頭をつかまれました。『あ、来る』と思ったらスーッと翔んできて、頭を踏み台にされた感じでした。今思えばいたずらされたのでしょうが、怖かったことを思い出しました」
【三句目】「これは三段切れでしょうか? 自分の頭のなかには映像が浮かぶのですが、読んだ方が同じように思い浮かべてくださるかがわかりません。推敲するのは難しい……」と悩む作者。

苦労しつつつ推敲を重ねています。一句目、二句目はやや材料が多いか。分かりやすいのは二句目です。中七をさらに分かりやすくするのならば「突きにくる」ぐらいかなとは思いましたが、「掴みにくる」という感覚は経験してこそのものなので、尊重すべきかと思います。
“ポイント”

小石手に目と目が合ふた鴉の巣

抹茶子

夏井いつき先生より
「古語の使い方が分かりません。これで合っているでしょうか」と作者のコメント。

迷っているのは、古語の使い方? ではなくて、歴史的仮名遣いについてですね、きっと。動詞「合う」を歴史的仮名遣いで書くと「合ふ」になります。ただこの句「~た」となっているので、口語で書きたかった? のかもしれません。

添削例
小石手に目と目が合うた鴉の巣

口語と文語は、文体。現代仮名遣いと歴史的仮名遣いは、表記。この違いについては、《▶︎YouTube『夏井いつき俳句チャンネル』【文体と表記】シリーズで解説してます。
“ポイント”

青空につぶてふりあぐ梅の木や

秋紫

夏井いつき先生より
「梅の蕾がふくふくと膨らんできたところを見上げています」と作者のコメント。

「つぶて」が梅の蕾であると分かるような工夫が欲しいところです。

添削例
青空やつぶてのごとく梅ふふむ
“参った”

無精卵抱く腹毛もあたたか

中村すじこ

 

あたたかな腹毛に抱かれ無精卵

中村すじこ

夏井いつき先生より
【一句目】「昔、つがいで飼っていたインコのオスが死んだ後も、毎年無精卵を産んで温めていたメスを詠みました。『抱卵』『あたたか』が季重なりですが、無精卵は季語としての意味が薄まるかな? と思いました。また生物の体温も季語になりますか? 『あたたか』推しで作ったつもりです」
【二句目】「上の句の季重なりを解消しようと思って推敲しましたが、これだと無精卵に焦点があたり、孵らないのに抱卵を続ける親鳥の悲しさが表現できていないと思います」と作者のコメント。

体温としての「あたたか」は季語ではありません。まずは、その認識をもって、推敲してみましょう。
“ポイント”

くちなわ鳥の巣よりゆらゆらと垂れ

眠 睡花

夏井いつき先生より
「季重なりですが、くちなわが鳥の巣から出てきた様子を詠みました」と作者のコメント。

語順としては、「鳥の巣」の映像から始めたほうが効果的かと思います。
“良き”

空の巣に思ひ混ざれり春の朝

江藤すをん

夏井いつき先生より
「空の巣に思い混じれり春の朝」を修正しました。『思ひ』+『混ざれり』か『思い』+『混ざって』が正しいペアでしょうか。『混ざる』と『混じる』の違いも悩ましいです」と作者のコメント。

苦労している気持ちはよく分かりますが、中七が自分の感情を説明しているにすぎません。「空の巣」のどんな様子に、その思いが動いたのか。巣を丁寧に描写することによって、中七の思いを読者に推測してもらう。そこが、俳句としての工夫すべき点です。
“激励”

大鳥居囲う足場や春日傘

木染湧水

大鳥居覆う足場へ春夕焼

木染湧水

春夕焼改修中の大鳥居

木染湧水

夏井いつき先生より
【一句目】「兼題写真の巣を見て足場を想像しました。広島・厳島神社の大鳥居は、現在(2021年)、70年ぶりの大規模改修中。きっちりと足場が組まれ、ネットに覆われています。知らずにきた人はびっくりされるようですが、それでも春の訪れは感じられます」と作者のコメント。
【二句目】「厳島神社の大鳥居の状況が、結構印象的なのです。どのようにしたらうまくいくのか試行錯誤。楽しく苦しんでいます」
【三句目】「ああ……。なんだか小さい範囲でぐるぐる回っているだけで、なんの改善にもなっていないような気がします。(少なくとも、鳥居を見ている状況を詠んだつもりの『春ショール』や『春日傘』よりはいいかなあと思います)が、そもそも諦め悪く、この題材を用いることに無理があるのかも、とも思うのです」と作者のコメント。

三句とも、それぞれ光景は描けています。ただ、三句目の中七「改修中の」は説明臭が残ります。
“難しい”