写真de俳句の結果発表

【第6回 写真de俳句】《ハシ坊と学ぼう!⑤》

第6回のお題「カラスの巣」

評価について

本選句欄は、以下のような評価をとっています。

「天」「地」「人」…将来、句集に載せる一句としてキープ。
「並選」…推敲することで「人」以上になる可能性がある句。
「ハシ坊」…ハシ坊くんと一緒に学ぶ。

特に「ハシ坊」の欄では、一句一句にアドバイスを付けております。それらのアドバイスは、初心者から中級者以上まで様々なレベルにわたります。自分の句の評価のみに一喜一憂せず、「ハシ坊」に取り上げられた他者の句の中にこそ、様々な学びがあることを心に留めてください。ここを丁寧に読むことで、学びが十倍になります。

「並選」については、ご自身の力で最後の推敲をしてください。どこかに「人」にランクアップできない理由があります。それを自分の力で見つけ出し、どうすればよいかを考えるそれが最も重要な学びです。

安易に添削を求めるだけでは、地力は身につきません己の頭で考える習慣をつけること。そのためにも「ハシ坊」に掲載される句を我が事として、真摯に読んでいただければと願います。

 

【おウチde俳句くらぶ事務局よりお詫びと追加掲載のご案内】(2021年4月27日付記)

 

いつもおウチde俳句くらぶをご利用いただきまして、心より御礼申し上げます。

第6回「写真de俳句」結果発表の際に、システム障害により、一部の会員様におかれまして、一句も俳句が掲載されていない、という事象が発生いたしました。
夏井先生の選を楽しみにされていらっしゃいました会員の皆様には、ご落胆とご心配をおかけしましたことお詫び申し上げます。

調査の結果、第6回の投句データを入手する上で、システムの不具合により、一部の投句データが反映されず、抜けてしまっていたことが原因だと判明いたしました。

未掲載の会員様の第6回「写真de俳句」の結果につきましては、データが復旧次第、夏井先生に見ていただきまして、追加掲載をさせていただきますので、今しばらくお待ちいただきますようお願い申し上げます。

ご迷惑をお掛けしました会員様には、個別に順次ご連絡をさせていただいておりますが、改めてお詫び申し上げます。

「一人につき最低一句は評価する」という、おウチde俳句くらぶで、会員の皆様が俳句のある生活を楽しんで頂けますよう、システム改修の上、再発防止に努めてまいりますので、引き続きよろしくお願い申し上げます。

また当サイトおよび公式Twitter(https://twitter.com/ouchidehaiku)にて、最新の情報を掲載してまいります。
ご質問やお問い合わせも、随時こちら(https://ouchidehaiku.com/pages/contact)より受け付けておりますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

おウチde俳句くらぶ事務局

 

浪高き悪夢の地にも鴉の巣

森比古

夏井いつき先生より
「3.11から10年、変わらず来る春に、あの悲劇を忘れません」と作者のコメント。

中七が曖昧です。東北の震災であれば、それが分かるように書きましょう。分かりさえすれば「悪夢」だったなという思いを、読者は受け止めてくれます。
“良き”

満塁の九番打者に山笑ふ

ちかひか

夏井いつき先生より
「助詞の『に』が気になるのですが、どうでしょうか。つまらないのか、上手くいっているのか、わかりません」と作者のコメント。

これは、「に」によって散文的になってしまったケースです。さて、どうする?
“難しい”

「起立・礼・着席」あくびチューリップ

大和田美信

夏井いつき先生より
「起立・礼・着席」という号令を詠み込んだ句は、それなりにあります。その上で、どこまでのオリジナリティがあるのか、という判断になります。悩ましいところです。
“参った”

花ミモザ人を知りたりWEB会議

毒林檎

WEB会議ミモザ映りて人を知り

毒林檎

夏井いつき先生より
「人を知り」の部分が説明です。描写にするにはどうしたらいいのか、考えてみましょう。
“激励”

校内放送孔雀の死告げ暮春かな

りょうまる

夏井いつき先生より
「小学校の時、飼育小屋に孔雀がいたのですが、ある時死んでしまいました」と作者のコメント。

「かな」は不要かもしれません。この句の内容でしたら、「~暮春」と名詞止めにするほうが、かえって余韻が深くなりそうです。
“良き”

子は巣立ち不在の満ちるそこかしこ

ちいすけ

夏井いつき先生より
この場合の「巣立ち」を季語とするのは、強引です。子の居なくなった映像を描写するところから、はじめましょう。
“難しい”

巣籠もりでテイクアウトのチラシ溜め

見和子

夏井いつき先生より
「自粛生活も長引くと、つい手抜きをしたくなります」と作者のコメント。

この「巣籠もり」を季語にするのは強引すぎます。「テイクアウトのチラシ溜め」というフレーズに対して、春の季語をしっかりと取り合わせましょう。
“参った”

風光るハンガー製のカラスの巣

ブチ猫

夏井いつき先生より
「都会のカラスは、巣の材料にいろんな物を使うそうです。クリーニングで使われる、針金ハンガーが定番だそうです。カラスって賢いと、つくづく思いました」と作者のコメント。

「風光る」「カラスの巣」どちらも季語です。
“参った”

しゃぼんだま内からみるや鴉の子

河豚ふく子

夏井いつき先生より
「ふと、こんなことを想像してみました!」と作者のコメント。

「しゃぼんだま」を内側からみる、という発想は面白いです。ただ、「鴉の子」も季語なので、そこが困るね……。
“参った”

虚の巣の隙より春月の白し

仁和田 永

虚の巣の隙より淡き春の月

仁和田 永

夏井いつき先生より
「二句目の『き』の繰り返しは、リズムが良いとなるのか煩いとなるのか、ご意見いただければありがたいです」と作者のコメント。

「き」が煩いとは思いません。ただ、この二句の「より」は、どの意味にとればよいのか、ちょっと迷いました。
“難しい”

カラス雛巣から鑑賞木蓮を

麗ら

さえずりの中母を待つカラス雛

麗ら

夏井いつき先生より
【一句目】「紫木蓮から良い発想はないかと考えましたが、浮かびませんでした」
【二句目】「なんとなくありきたりな句になってしまった気がします……」と作者のコメント。

「子鴉」も季語なので、「木蓮」「さえずり」などとの季重なりが気になります。
“良き”

戻る軒都市開発の惑うつばめ

春待ち女

夏井いつき先生より
「戻る」「惑う」、二つの動詞が説明です。特に「惑う」の擬人化は損です。

添削例
燕来る都市開発の○○○○○

こうすれば、原句の情報は入ります。残り五音、都市開発の様子が分かるように映像を書いてみましょう。
“激励”

春がきた今からやるぞ七十五

清二

夏井いつき先生より
「巣作りが始まる三月は自分の誕生月。今年(2021年)、後期高齢者になる自分に活を入れて、詠みました」と作者のコメント。

ご一緒に楽しく学んでまいりましょう♪
“良き”

紅きざす巣組みの枝のつぼみかな

深山紫

紅きざすつぼみ巣組みの折りし枝

深山紫

夏井いつき先生より
【一句目】「カラスが、蕾のついている桜の枝を折っているのを見ました。巣材にするようです。もったいない気がしましたが、カラスの巣となった蕾が、少し色づいたらいいなと思いました。巣を掛けている木の枝ではなく、巣材の枝のことを言いたくて『巣組み』を使いましたが、伝わらないでしょうか? また、『紅きざす』がかかる『つぼみ』が離れてしまっているのも気になります」
【二句目】「一句目を、誤解のないように推敲してみました。リズムとしては一句目のほうがいいように感じますし、どちらがいいのか自分では判断できませんでした」と作者のコメント。

「巣組み」ではなく、今、巣を作っている感じを出したほうがよいかと。「巣を組める」という動作から入ってみましょうか。

添削例
巣を組める枝に蕾の枝まじる
“ポイント”