写真de俳句の結果発表

【第6回 写真de俳句】《人》①

第六回写真de俳句 人

評価について

本選句欄は、以下のような評価をとっています。

「天」「地」「人」…将来、句集に載せる一句としてキープ。
「並選」…推敲することで「人」以上になる可能性がある句。
「ハシ坊」…ハシ坊くんと一緒に学ぶ。

特に「ハシ坊」の欄では、一句一句にアドバイスを付けております。それらのアドバイスは、初心者から中級者以上まで様々なレベルにわたります。自分の句の評価のみに一喜一憂せず、「ハシ坊」に取り上げられた他者の句の中にこそ、様々な学びがあることを心に留めてください。ここを丁寧に読むことで、学びが十倍になります。

「並選」については、ご自身の力で最後の推敲をしてください。どこかに「人」にランクアップできない理由があります。それを自分の力で見つけ出し、どうすればよいかを考えるそれが最も重要な学びです。

安易に添削を求めるだけでは、地力は身につきません己の頭で考える習慣をつけること。そのためにも「ハシ坊」に掲載される句を我が事として、真摯に読んでいただければと願います。

 

※結果発表欄では添削した形で句を掲載する場合がありますが、「マイ句帳」に収録される句は投稿した段階の句がそのまま保存され、投稿以降の修正や削除は不可となっております。予めご注意願います。

 

【おウチde俳句くらぶ事務局よりお詫びと追加掲載のご案内】(2021年4月27日付記)

 

いつもおウチde俳句くらぶをご利用いただきまして、心より御礼申し上げます。

第6回「写真de俳句」結果発表の際に、システム障害により、一部の会員様におかれまして、一句も俳句が掲載されていない、という事象が発生いたしました。
夏井先生の選を楽しみにされていらっしゃいました会員の皆様には、ご落胆とご心配をおかけしましたことお詫び申し上げます。

調査の結果、第6回の投句データを入手する上で、システムの不具合により、一部の投句データが反映されず、抜けてしまっていたことが原因だと判明いたしました。

未掲載の会員様の第6回「写真de俳句」の結果につきましては、データが復旧次第、夏井先生に見ていただきまして、追加掲載をさせていただきますので、今しばらくお待ちいただきますようお願い申し上げます。

ご迷惑をお掛けしました会員様には、個別に順次ご連絡をさせていただいておりますが、改めてお詫び申し上げます。

「一人につき最低一句は評価する」という、おウチde俳句くらぶで、会員の皆様が俳句のある生活を楽しんで頂けますよう、システム改修の上、再発防止に努めてまいりますので、引き続きよろしくお願い申し上げます。

また当サイトおよび公式Twitter(https://twitter.com/ouchidehaiku)にて、最新の情報を掲載してまいります。
ご質問やお問い合わせも、随時こちら(https://ouchidehaiku.com/pages/contact)より受け付けておりますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

おウチde俳句くらぶ事務局

梧桐や隣の巣まで百メートル  ひでやん/桐の花家賃は出世払ひにて  ひでやん/星々は種のしづけさ春の丘  登りびと/白雲のくじらが鳴いて卒業す  登りびと/小鳥来るやさしき樹木葬の朝  きなこもち/駅ビルは完成間近カラスの巣  藤田ゆきまち/三柱の神開く国霜柱  斎乃雪/やはらかな雨の一日や鴉の巣  佐藤儒艮/桐の花はるかはるかを子守唄  黒子/寂しさはかそけき匂ひ桐の花  黒子/ここからは鴉の産屋桐の花  黒子/春闘にカラス収集車のコール  遊呟/陽炎を遊ぶ鴉の増ゆる影  遊呟/刑務所の番号響む鴉の巣  遊呟/下町にタワーマンション燕の巣  多喰身・デラックス/建て替わる生家の団地つばくらめ  多喰身・デラックス/送料の割には小さき苗木植う  石井一草/LDKも無くて鴉の巣が広い  石井一草/独り身の春の間取りを決めかねる  石井一草/いぬふぐり良い物件の名がダサい  石井一草/

病棟を歩くリハビリ柳の芽  ゆすらご/リハビリと言ひて歩かん花菜風  ゆすらご/雉鳴くや赤土晒す国有林  杜まお実/初蝶や乗合ふ朝の仙石線  杜まお実/シニヨンのリボンは何処鴉の巣  梵庸子/環境部月次報告鴉の巣  梵庸子/給湯室今朝の話題は鴉の巣  梵庸子/鴉の巣ありて仕事の出来ぬまま  亀田かつおぶし/月山の空青々や鴉の巣  亀田かつおぶし/鴉の巣空飛ぶレッドツェッペリン  亀田かつおぶし/陽炎や道に烏の死骸あり  真/子鴉の白き羽毛のぷるるぷる  那須のお漬物/ハシブトの子は逆毛です春の風  つづきののんき/蛇籠編む夜を十年後の余震  背番号7/鉄塔へ高所作業車鴉の巣  一生のふさく/遠目にも針金ハンガー鴉の巣  一生のふさく/啓蟄の土手やものみなよく笑う  小池令香/ものの芽や空いつぱいに干すおむつ  小池令香/午後五時の防災無線暮れ遅し  玉井令子/子育てはいつも手探り桃の花  玉井令子/

黄砂ふる鴉の巣にも我が家にも  玉井令子/音楽はワルツ烏の子は巣立ち  松本だりあ/さびしいと二回つぶやくさくらさくら  松本だりあ/母待つや春夕焼を回送バス  播磨陽子/鳥の巣のいちばん底の海の石  直/声明や大原はいま花万朶  直/春色の一つや山の巣の鴉  海羽美食/点景の鴉や雨の山笑ふ  海羽美食/人形の家のたんぽぽタルトかな  青に桃々/買置きの腐葉土の下草萌ゆる  巴里乃嬬/蔵壁の湿り円やか菜の花忌  巴里乃嬬/豆の花立方体のマイホーム  巴里乃嬬/初蝶の影ゆく池や鳳凰堂  巴里乃嬬/惜別の友よフェリーよ春夕焼  かねつき走流/春の星納屋に眠れるダットサン  かねつき走流/鳥曇おくすり手帳また忘れ  かねつき走流/遅き日のかた焼きそばをほぐしおり  かねつき走流/竜天に登り前屈あとすこし  陽光/薹立ちの白菜プランター狭い  陽光/蝶の来てたちまち遠き山となり  陽光/

補助輪のしんがりの子や揚雲雀  陽光/自転車のベルすみわたり鳥の恋  陽光/預けたる蹄つやめく春の馬  陽光/留守番の部屋は箱舟春の闇  はなあかり/山荘に残るパレット春の塵  しみずこころ/春暁やまた置き直す旅鞄  佐々木のはら/道徳の授業はキライ鴉の巣  城ヶ崎由岐子/生まるれば晴天よ花桐の香よ  城ヶ崎由岐子/春兆すツリーハウスは騒がしき  あすか風/医者のゐる町よ車窓の末黒野よ  高橋寅次/別荘の家賃はいくらカラスの巣  風早 杏/子鴉をこぼさぬやうに桐高く  ウィヤイ 未樹/鴉の巣叩き落してビルの森  沙那夏/手押しポンプ今は静かに鴉の巣  沙那夏/作りたいのか壊したいのか鴉の巣  沙那夏/鴉の巣誰のものでもない御苑  沙那夏/燕の巣経理社員に五人の子  かむろ坂喜奈子/年輪の心配そうな巣箱かな  凪太/三月のたまご見るからに半熟  凪太/巣鴉や売り物件の多き町  灯り丸/

囀りや南京錠の屋敷より  古瀬まさあき/乞ふやうに垂るる鴉の巣のワイヤー  古瀬まさあき/巣鴉のまろぶ百年目の鉄塔  古瀬まさあき/不本意といふかほ花冷の犬は  古瀬まさあき/桃の花バス停にゐて人と会ふ  古瀬まさあき/まづ巣よりととのふ末黒野の朝  古瀬まさあき/山笑ふ藪より出づるとりけもの  古瀬まさあき/死者の名を書き留め木の芽雨冷た  古瀬まさあき/ガム噛んで見上げる先の鴉の巣  卯年のふみ/一日の始まる銀座寒鴉  そうり/その町の暮らしの形鴉の巣  そうり/大晦日の雪野へ百の烏かな  ぷるうと/星ひかる霜夜の耳のつむぐ歌  ぷるうと/揖斐川の堤防ひくし春の色  ぷるうと/不等辺三角形なる鴨の恋  ぷるうと/春光や弁当の蓋ぱかりぽこり  ぷるうと/繁縷のあふれかたぶくプランター  ぷるうと/烏の巣三度たずねて会えぬ人  ぷるうと/鴉の巣隠居の母は地獄耳  ペトロア/遠足の列見張りいる鴉かな  西村小市/

嫁入りをひとつ見届け揚雲雀  江藤すをん/十日目の巣箱の底に柔き羽根  江藤すをん/囀の全方位より降り来たる  江藤すをん/団子屋の横の桜という定め  木染湧水/同じものできない仕組み小鳥の巣  木染湧水/知恵の輪のごと小鳥の巣組み上がる  木染湧水/鴉の巣現場合わせの設計図  山川腎茶/カラス語の研究始む日永かな  山川腎茶/青空へいま仕上りぬ鴉の巣  のど飴/恐竜のやうな大木鴉の巣  のど飴/バリゾウゴンヒボウチュウショウ鴉の巣  びんごおもて/子鴉やなぎさホテルの時計台  小倉あんこ/かの子忌や二子神社の碑に鴉  小倉あんこ/選挙告示からすの声の長閑なり  けーい〇/うららかな山を目指して旗のもと  けーい〇/山笑う物陰に猫死んでいる  けーい〇/ハンガーの先の錆びつく烏の巣  けーい〇/津波より逃れし神社烏の巣  けーい〇/狂暴なカラス春日を刺す一声  けーい〇/ひこばえや探検隊の地図開く  天陽ゆう/

鴉果て体液滲みゆく春夜  ありあり/あの雲にいちばん近い鴉の巣  ありあり/囀やゆふべ惨事のあつた駅  ありあり/カヨウビハ燃エルゴミノヒ鴉の巣  もぐ/室外機の下にぎゅうぎゅう雀の巣  みー/山頂や紙コップ飛ぶ花嵐  衷子/鴉の巣街路樹更新の空ろ  はれまふよう/町会の一号議案鴉の巣  はれまふよう/クロッカス開くや明日は予定あり  うからうから/鴉の巣美し子宮がん検診日  うからうから/廃鉱の谷烏の巣賑やかに  星埜黴円/うすべにを混ぜやはらかきからすの巣  星埜黴円/烏の巣ひなの眼のはや猛る  星埜黴円/笑う山かすめ着陸する軍機  星埜黴円/拳より小さき巣箱の出入口  ふるてい/囀りの廊下理科室までひとり  ふるてい/花守は日がな初級の詰将棋  ふるてい/下手くそと言われた巣箱にも一羽  ふるてい/軍港のKEEP  OUTに燕の巣  ふるてい/くちばしの端は桃色烏の子  蒼求/

鳥の巣ありけり校庭の記念樹  Q&A/余熱ある産みたて卵桜東風  小鞠/凌霄や鴉の落としたる何か  小鞠/雑音の入るラジオや烏の巣  る・こんと/脚立では事の足りない鴉の巣  河合郁/契約更新三度目となる鴉の巣  河合郁/ほらあそこあの上のとこ鴉の巣  みづちみわ/巡回のゆく先々に春の鳥  みづちみわ/赤錆の非常階段カラスの巣  みづちみわ/春暁や道の真ん中には鴉  みづちみわ/初蝶の逃がれてよりの迷いかな  小野睦/鷺の巣を仰ぎ二度目の帰郷かな  小野睦/山鳥の卵は夜を震わせる  小野睦/酒蔵の水は甘いぞ燕の巣  小野睦/豊かさは少しくのなか鴉の巣  七瀬ゆきこ/烏さん貸します春の私の木  蓼科 嘉/春雨や積荷を写すリアミラー  キッカワテツヤ/匿名に紛れるな東京の春  キッカワテツヤ/空つぽの1Kの窓春の雨  キッカワテツヤ/金盞花筑波嶺見ゆる観覧車  亀山酔田/

垂直に降る威嚇声春鴉  亀山酔田/親鳥の留まれば傾ぐ鴉の巣  竹田むべ/駐在のよもやま話からすの巣  竹田むべ/撤去され土に置かるる鴉の巣  竹田むべ/涅槃図の染みのやうなる鴉かな  彩汀/日に渇く巣箱に残る産毛かな  彩汀/産毛残る空の巣箱の日に濡れて  彩汀/オスプレイ接近親鳥の威嚇  藤 雪陽//春天をほむらやバードストライク  藤 雪陽/雛鳥を拾ふヤンキー山笑ふ  藤 雪陽/闘鶏の血しぶき日暮れ遅くなり  藤 雪陽/園庭は使用休止や鴉の巣  こもれび/煽られて危うき枝や烏の巣  朝月沙都子/通学路一時変更烏の巣  朝月沙都子/囀や鎮痛剤はまだ効かず  朝月沙都子/烏の巣明日区役所が来るさうな  朝月沙都子/立ち読みに倦みし右手や烏の巣  朝月沙都子/転勤の辞令や庭の巣箱にも  ちかひか/囀を町営バスの巡りゆく  ちかひか/一斉に芽吹くよピッコロが合図  ちかひか/

火葬場の人をおそれぬカラスの子  花屋英利/鴉の巣火焔みどりの黒不動  花屋英利/シャリショリと雪を啄む鴉かな  ナニイロ/春夕べいつもの烏聞き分ける  ナニイロ/本殿を見下ろしてをり鴉の巣  瀬尾白果/雪柳抜ければ地図にない我家  大和田美信/太陽の人よ落花の無原則  大和田美信/銀テープへりに絡めて鴉の巣  玉響雷子/朝焼けのセンターライン踏む鴉  玉響雷子/鳥の巣よりスプリンクラーめく光  ギル/鴉の巣いくつか米軍基地のもの  ギル/鳥の巣の公式きれいかもしれない  ギル/不味い茶と鳥の巣だけの伯母さんち  ギル/鳥交る記念樹鼓笛隊へ風  ギル/花の雨実験ラットの心拍  ギル/掃除機にグラスの破片吸はす春  ギル/丸き眼はプルシャンブルー鴉の子  板柿せっか/予定日の空張りつめて桐の花  板柿せっか/抱卵を匿ふごとく桐咲きぬ  板柿せっか/抱卵のからすの尾羽春の雨  板柿せっか/

小鴉のどさりと落ちて新報社  板柿せっか/預かりし子は泣き止まず合歓の花  板柿せっか/卵持つちから春暖割るちから  板柿せっか/プレハブのここにも隙間すずめの巣  板柿せっか/まだ空の透けるほどなる烏の巣  板柿せっか/啄やこつんこつんと春惜しむ  板柿せっか/一人暮らしにぴったりな春の雲  さとけん/巣作りのようにコードを巻いて春  さとけん/新婚の家賃六万いぬふぐり  小笹いのり/練習機の高く低くや鴉の巣  小笹いのり/ベランダのハンガー消える春日かな  小笹いのり/契約を断る理由つばめの巣  小笹いのり/春の夕美声の烏来て珈琲  山羊座の千賀子/囀るを遮らぬよう磨く靴  りょうまる/花あふち入江に波のゆつたりと  径/拾ひ仔の美犬となりぬれんげ草  径/お供への水ぴちやぴちやと猫の夏  径/烏の巣落ちて合格発表日  磐田小/嘴に春夕焼入りのビー玉  磐田小/足音は止まず落ちたる烏の子  磐田小/