写真de俳句の結果発表

【第6回 写真de俳句】《人》②

第六回写真de俳句 人

評価について

本選句欄は、以下のような評価をとっています。

「天」「地」「人」…将来、句集に載せる一句としてキープ。
「並選」…推敲することで「人」以上になる可能性がある句。
「ハシ坊」…ハシ坊くんと一緒に学ぶ。

特に「ハシ坊」の欄では、一句一句にアドバイスを付けております。それらのアドバイスは、初心者から中級者以上まで様々なレベルにわたります。自分の句の評価のみに一喜一憂せず、「ハシ坊」に取り上げられた他者の句の中にこそ、様々な学びがあることを心に留めてください。ここを丁寧に読むことで、学びが十倍になります。

「並選」については、ご自身の力で最後の推敲をしてください。どこかに「人」にランクアップできない理由があります。それを自分の力で見つけ出し、どうすればよいかを考えるそれが最も重要な学びです。

安易に添削を求めるだけでは、地力は身につきません己の頭で考える習慣をつけること。そのためにも「ハシ坊」に掲載される句を我が事として、真摯に読んでいただければと願います。

 

※結果発表欄では添削した形で句を掲載する場合がありますが、「マイ句帳」に収録される句は投稿した段階の句がそのまま保存され、投稿以降の修正や削除は不可となっております。予めご注意願います。

 

【おウチde俳句くらぶ事務局よりお詫びと追加掲載のご案内】(2021年4月27日付記)

 

いつもおウチde俳句くらぶをご利用いただきまして、心より御礼申し上げます。

第6回「写真de俳句」結果発表の際に、システム障害により、一部の会員様におかれまして、一句も俳句が掲載されていない、という事象が発生いたしました。
夏井先生の選を楽しみにされていらっしゃいました会員の皆様には、ご落胆とご心配をおかけしましたことお詫び申し上げます。

調査の結果、第6回の投句データを入手する上で、システムの不具合により、一部の投句データが反映されず、抜けてしまっていたことが原因だと判明いたしました。

未掲載の会員様の第6回「写真de俳句」の結果につきましては、データが復旧次第、夏井先生に見ていただきまして、追加掲載をさせていただきますので、今しばらくお待ちいただきますようお願い申し上げます。

ご迷惑をお掛けしました会員様には、個別に順次ご連絡をさせていただいておりますが、改めてお詫び申し上げます。

「一人につき最低一句は評価する」という、おウチde俳句くらぶで、会員の皆様が俳句のある生活を楽しんで頂けますよう、システム改修の上、再発防止に努めてまいりますので、引き続きよろしくお願い申し上げます。

また当サイトおよび公式Twitter(https://twitter.com/ouchidehaiku)にて、最新の情報を掲載してまいります。
ご質問やお問い合わせも、随時こちら(https://ouchidehaiku.com/pages/contact)より受け付けておりますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

おウチde俳句くらぶ事務局

伐採を識らすテープの赤二月  池之端モルト/風光る母は空の巣症候群  姫川ひすい/カッコーの真似しドレミファ山笑う  姫川ひすい/最上階お城見えます鴉の巣  清白真冬/石鹸をさらふ鴉や春の風  村木年子/祖母の解く計算ドリルみどりの日  北川颯/材料はプリッツの箱春の空  北川颯/県庁の停電こがらすのひるげ  梓弓/新車来るナンバーの『さ』は桜の『さ』  梓弓/鳥曇ひと巻きだけのオルゴール  百瀬はな/花鳥の生まるる心地耳心地  百瀬はな/春だから着替えひとつで参ります  草露/さよならとあと何度いう土手の春  草露/議事堂は影絵のごとし春嵐  草露/巣づくりのまづ一本の落ちにけり  ツカビッチ/鴉未だ黒し東京大空襲忌  ツカビッチ/#拡散 #たんぽの絮ぽぽぽ  ツカビッチ/桐の花寮の二階の台所  遠藤 滄千/長々と大きな余震鴉の巣  宙海(そおら)/仲良しの烏や母をたのむ春  蒼來応來/

烏には烏の暮らしあり遅日  蒼來応來/風の目のほぐれ鴉の巣の柔し  仁和田 永/にんげんは耕すけものからす鳴く  仁和田 永/朧夜を鴉らは火を運びゆく  仁和田 永/桐聳ゆめまひのかたちして春は  いかちゃん/鳥の巣は留守ばあちやんの箪笥の香  いかちゃん/春陰や巣なりしものの掃かれたる  いかちゃん/鳥交るこゑ皺みゆく桐の肌  いかちゃん/鳥の巣や暮れきつてから閉める窓  深山紫/花曇鳩も鴉も土の上  たまつり糸雨/卒業の机から出るパンの耳  たまつり糸雨/鴉らの荒き輪唱春疾風  たまつり糸雨/鴉の巣勤務日ばかり青い空  里山子/永遠はひとつもなくて烏の巣  明神おぼろ月/汚染土の乾びてゐたる鴉の巣  ぐ/鴉の巣明るし和製スカラ座へ  ぐ/並びゐて無糖の月と鴉の巣  ぐ/千手より天の生まるる桜かな  ぐ/鴉の巣ボールの飛びたがる空の  ぐ/かぞふれば陽の漏れ出づる鴉の巣  ぐ/

鴉の巣なんだかんだで都会が良い  三浦にゃじろう/出棺を瞬きもせず鳥雲に  三浦にゃじろう/百千鳥パレードのごと遠ざかる  三浦にゃじろう/唐突にひとりがさみし鴉の巣  三浦にゃじろう/春の日を主役みたいに立っている  三浦にゃじろう/タワマンの匂い鴉の巣の匂い  三浦にゃじろう/巣鴉や密告しあう声はヒト  三浦にゃじろう/借景はさへづり焦点は鴉  池内ときこ/エリーゼのために鴉は巣を工む  池内ときこ/春の膝抱ふ卵を抱くやうに  池内ときこ/嬰のうす目と花びらのひとひらと  池内ときこ/巣鴉に面割れてゐるかもしれぬ  池内ときこ/回覧の人に燕の巣の黙る  碧西里/若芝へ空っぽの巣を外しけり  碧西里/初めての花初めての雨こがらす  佐藤香珠/かうやつて啼くのかと知る鴉の子  佐藤香珠/鞦韆やランドセルには家の鍵  岩本夏柿/空つぽの巣は空のまま春夕焼  岩本夏柿/放課後やプールは青を増やしつつ  まんぷく/一条の青に始まる田植うた  まんぷく/

バイパスや鳥の高さの春広し  まんぷく/桐の花シの音続くハンドベル  西川由野/捨てられぬ母の針糸桜東風  西川由野/囀や大家さんより受け取る鍵  オレンジペコ/龍天に登り新居の鍵ちりりん  オレンジペコ/生温き水生臭き鴉の巣  平本魚水/鴉の巣処々(しょしょ)絡みたる獣の毛  平本魚水/最寄り駅はづれて買ひぬ花の家  み門里/崖の上わが家の春の炊煙や  宇野翔月/四階のオブジェとなりし鴉の巣  ひなた/鴉の巣今年は風の通り道  ひなた/鴉の巣メタセコイアのとんがりに  岩井月光/抱卵の尾の直立や大鴉  岩井月光/鴉の巣入居の挨拶はしない派  鶴つる小なみ/街灯に糞爆ず鴉の巣高し  鶴つる小なみ/がに股の漁師仲間や山笑う	  末永真唯/龍天に昇りて爆ぜし片頭痛  末永真唯/明後日の空を見ている巣鳥かな  片野瑞木/モナリザのごと漆黒や巣の鴉  片野瑞木/音楽室倉庫窓を放てば鴉の巣  丹波らる/

ヘルメットは「京都市衛生局」鴉の巣  丹波らる/失敗の麦藁帽のごと鴉の巣  丹波らる/スペシウム光線四方より浴び鴉の巣  丹波らる/カラスの巣の下を通りて検針す  丹波らる/鴉の巣残置の知らせ貼る電柱  テツコ/鴉の巣原子炉建屋のみ白く  テツコ/学校へ行きたくない日鴉の巣  朗善千津/鴉の巣より嘴と尾のくろぐろと  朗善千津/鴉の子けふ飛べさうな花の枝  朗善千津/からすの巣かあさんはみなおっかない  今野淳風/五枚目の銀のエンゼル鴉の巣  今野淳風/巣鴉にやつて惜しくもない指輪  今野淳風/里山の余白鴉の巣の余白  今野淳風/点滴の窓辺より花桐の見ゆ  浄寿改め寿美/烏の巣あいさつだけはする関係  花南天/殿様の橋は屋根付き鴉の巣  花南天/大家さんの古い欅の烏の巣  渡辺鬼/ばたばたと取材ヘリゆく烏の巣  渡辺鬼/後輩に言い負かされて烏の巣  渡辺鬼/青空やひしゃげる巣鳥だたもの  ツナ好/

さへづりとゐるためだけのパイプ椅子  ツナ好/囀つておくれしじまに喰はれさう  ツナ好/ヘツドフオン外す囀てふうつつ  ツナ好/親鴉月の皮膜に滲む唄  シュリ/子鴉の骸囲みし子らの顔  シュリ/花桐のまだ咲きはじめ鴉の子  沢拓庵/鴉の子どこまでどこまでお日さま沈む  沢拓庵/特養は満室木には鴉の巣  川越羽流/抱卵の背にはやさしく降れよ雨  川越羽流/休校の校庭しんと抱卵期  川越羽流/開発のクレーンの下鴉の巣  川越羽流/巣鴉や名前を知らぬ木の梢  立田鯊夢/鴉にも人のうへにも花の雨  渋谷晶/啄める鴉の羽へ飛花落花  渋谷晶/鴉の巣六千ボルトの線の下  色無き風女/