写真de俳句の結果発表

【第6回 写真de俳句】《天》

評価について

本選句欄は、以下のような評価をとっています。

「天」「地」「人」…将来、句集に載せる一句としてキープ。
「並選」…推敲することで「人」以上になる可能性がある句。
「ハシ坊」…ハシ坊くんと一緒に学ぶ。

特に「ハシ坊」の欄では、一句一句にアドバイスを付けております。それらのアドバイスは、初心者から中級者以上まで様々なレベルにわたります。自分の句の評価のみに一喜一憂せず、「ハシ坊」に取り上げられた他者の句の中にこそ、様々な学びがあることを心に留めてください。ここを丁寧に読むことで、学びが十倍になります。

「並選」については、ご自身の力で最後の推敲をしてください。どこかに「人」にランクアップできない理由があります。それを自分の力で見つけ出し、どうすればよいかを考えるそれが最も重要な学びです。

安易に添削を求めるだけでは、地力は身につきません己の頭で考える習慣をつけること。そのためにも「ハシ坊」に掲載される句を我が事として、真摯に読んでいただければと願います。

 

【おウチde俳句くらぶ事務局よりお詫びと追加掲載のご案内】(2021年4月27日付記)

 

いつもおウチde俳句くらぶをご利用いただきまして、心より御礼申し上げます。

第6回「写真de俳句」結果発表の際に、システム障害により、一部の会員様におかれまして、一句も俳句が掲載されていない、という事象が発生いたしました。
夏井先生の選を楽しみにされていらっしゃいました会員の皆様には、ご落胆とご心配をおかけしましたことお詫び申し上げます。

調査の結果、第6回の投句データを入手する上で、システムの不具合により、一部の投句データが反映されず、抜けてしまっていたことが原因だと判明いたしました。

未掲載の会員様の第6回「写真de俳句」の結果につきましては、データが復旧次第、夏井先生に見ていただきまして、追加掲載をさせていただきますので、今しばらくお待ちいただきますようお願い申し上げます。

ご迷惑をお掛けしました会員様には、個別に順次ご連絡をさせていただいておりますが、改めてお詫び申し上げます。

「一人につき最低一句は評価する」という、おウチde俳句くらぶで、会員の皆様が俳句のある生活を楽しんで頂けますよう、システム改修の上、再発防止に努めてまいりますので、引き続きよろしくお願い申し上げます。

また当サイトおよび公式Twitter(https://twitter.com/ouchidehaiku)にて、最新の情報を掲載してまいります。
ご質問やお問い合わせも、随時こちら(https://ouchidehaiku.com/pages/contact)より受け付けておりますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

おウチde俳句くらぶ事務局

 

第6回写真de俳句 天
桐咲くや鳥の言語は二進数 熊の谷のまさる

桐の木は育つのが早いのが特徴。成長すると15メートルぐらいになります。花は淡い紫。独特の存在感のある花ですが、なんせ丈の高い木ですから、花そのものを間近で見るのはなかなか難しいのです。

上五「桐咲くや」は、見上げる視線。高い梢に、おおー桐の花が咲いたよ、と詠嘆します。そこから切り返して中七下五のフレーズ。「二進数」とは、0と1しかない数え方。0、1、の次は2ではなく、10になるのです。鳥たちの言葉はきっと二進数なんだね、とは実に楽しい発想です。

例えば、一羽の鳥が鳴く時は、まさに1なんだけど、もう一羽きて一緒に囀り始めると、10になったみたい。私はそのように解釈しました。「言語」「二進数」という、文系と理系みたいな言葉のチョイスも面白い取り合わせです。

「桐の花」は初夏の季語ですから、この句の鳥たちは、春に恋を語り、卵を産み、まさに子育ての最中かもしれません。雛たちが孵ると、ますます賑やかな「二進数」の囀りになっていくのでしょう。

“夏井いつき”