写真de俳句の結果発表

【第6回 写真de俳句】《人》③ ※5月1日追加掲載

第六回写真de俳句 人

評価について

本選句欄は、以下のような評価をとっています。

「天」「地」「人」…将来、句集に載せる一句としてキープ。
「並選」…推敲することで「人」以上になる可能性がある句。
「ハシ坊」…ハシ坊くんと一緒に学ぶ。

特に「ハシ坊」の欄では、一句一句にアドバイスを付けております。それらのアドバイスは、初心者から中級者以上まで様々なレベルにわたります。自分の句の評価のみに一喜一憂せず、「ハシ坊」に取り上げられた他者の句の中にこそ、様々な学びがあることを心に留めてください。ここを丁寧に読むことで、学びが十倍になります。

「並選」については、ご自身の力で最後の推敲をしてください。どこかに「人」にランクアップできない理由があります。それを自分の力で見つけ出し、どうすればよいかを考えるそれが最も重要な学びです。

安易に添削を求めるだけでは、地力は身につきません己の頭で考える習慣をつけること。そのためにも「ハシ坊」に掲載される句を我が事として、真摯に読んでいただければと願います。

 

【おウチde俳句くらぶ事務局よりお詫びと追加掲載のご案内】

 

いつもおウチde俳句くらぶをご利用いただきまして、心より御礼申し上げます。

第6回「写真de俳句」結果発表の際に、システム障害により、一部の会員様におかれまして、一句も俳句が掲載されていないという事象が発生いたしました。夏井先生の選を楽しみにされていらっしゃいました会員の皆様には、ご落胆とご心配をおかけしましたことお詫び申し上げます。

調査の結果、第6回の投句データを入手する上で、システムの不具合により、一部の投句データが抽出できていなかったことが原因だと判明いたしました。

その後、データが復旧し、夏井先生に見ていただいていなかった句を全て、夏井先生に見ていただきました。その結果を、《第6回 写真de俳句 ハシ坊と学ぼう!⑩》《第6回 写真de俳句 並⑤》《第6回 写真de俳句 人③》として、追加掲載させていただきます。

なお、マイ句帳への評価の反映は、5月10日以降順次行ってまいります。

ご迷惑をお掛けしました会員様には、改めてお詫び申し上げます。

「一人につき最低一句は評価する」という、おウチde俳句くらぶで、会員の皆様が俳句のある生活を楽しんで頂けますよう、システム改修の上、再発防止に努めてまいりますので、引き続きよろしくお願い申し上げます。

また当サイトおよび公式Twitter(https://twitter.com/ouchidehaiku)にて、最新の情報を掲載してまいります。
ご質問やお問い合わせも、随時こちら(https://ouchidehaiku.com/pages/contact)より受け付けておりますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

おウチde俳句くらぶ事務局

鳥の巣の底のにほひの森なりき  野良古/鳥交るトラックの荷卸しの朝  きなこもち/春暁や当番表の「ごみ」に○  洒落神戸/春暁や荒ゴミ重き金曜日  洒落神戸/素因数分解のやう鴉の巣  くま鶉/ママチャリの連隊散らす冬鴉  くま鶉/太陽光パネルもきれい山笑う  斎乃雪/月色のハンガー敷きて鴉の巣  世良日守/電柱を旧町名や鴉の巣  世良日守/仏花提げ坂の交番鴉の巣  梵庸子/花冷の暗渠や仏花提げてゆく  梵庸子/辛夷咲く地震の記憶の残る町  信茶/牛乳瓶より雛鳥の軽きこと  綱長井ハツオ/抱卵期わが腑のひとつひとつに名  綱長井ハツオ/しんぴんの古巣に雨が引つかかる  夜行/鴉の尾かすかにゆれる抱卵期  谷山みつこ/金星へ触れたり桐の花盛る  古瀬まさあき/立ち退きは明日鴉の巣の隣家  あみま/たんぽぽのわたげをはつた詩をあげる  お天気娘/青柳や露店にタイの耳飾  お天気娘/

東京の黒き路線図春暑し  お天気娘/花桐や谷戸田よこぎる人の影  飯村祐知子/人影の立ち上がりたる春田かな  飯村祐知子/天板の裏の緑の夜長かな  飯村祐知子/巣鴉や坂路調教ながめをり  飯村祐知子/面白いほど友達いない春休  七瀬ゆきこ/教頭出動鴉の巣の撤去  にゃん/剪定を二羽の鴉に威嚇さる  にゃん/神苑の桐の古木や鴉の巣  にゃん/桐伐らる件の古巣かかるまま  にゃん/朝寝して屋根を鴉の弾み行く  黄色いくじら/火葬場の人つれづれに鴉の巣  花屋英利/こんな花咲く木と知らず鴉の巣  花屋英利/進駐軍の残せし松や鴉の巣  泉楽人/ひどく鳴く鴉近くに巣のあらむ  泉楽人/一本杉より巣立つ鴉の名は銀星  越智空子/明け初むる空其処此処に鴉の巣  めぐみの樹/主なき墳丘しづか鴉の巣  めぐみの樹/極道の捨てたバッジや鴉の巣  瀬尾白果/囀りや庭にサラダを摘む朝  瀬尾白果/

囀りや祖母の琴爪やはらかし  安/かなりあは逃がしてしまひ星おぼろ  ちゃうりん/内側はジョンとミケの毛カラスの巣  丸山隆子/鴉の巣仕上げはタクト置くやうに  田中木江/散文と言われ鴉の巣は落ちる  シュリ/