写真de俳句の結果発表

【第7回 写真de俳句】《並》①

第七回写真de俳句 並

評価について

本選句欄は、以下のような評価をとっています。

「天」「地」「人」…将来、句集に載せる一句としてキープ。
「並選」…推敲することで「人」以上になる可能性がある句。
「ハシ坊」…ハシ坊くんと一緒に学ぶ。

特に「ハシ坊」の欄では、一句一句にアドバイスを付けております。それらのアドバイスは、初心者から中級者以上まで様々なレベルにわたります。自分の句の評価のみに一喜一憂せず、「ハシ坊」に取り上げられた他者の句の中にこそ、様々な学びがあることを心に留めてください。ここを丁寧に読むことで、学びが十倍になります。

「並選」については、ご自身の力で最後の推敲をしてください。どこかに「人」にランクアップできない理由があります。それを自分の力で見つけ出し、どうすればよいかを考えるそれが最も重要な学びです。

安易に添削を求めるだけでは、地力は身につきません己の頭で考える習慣をつけること。そのためにも「ハシ坊」に掲載される句を我が事として、真摯に読んでいただければと願います。

 

※結果発表欄では添削した形で句を掲載する場合がありますが、「マイ句帳」に収録される句は投稿した段階の句がそのまま保存され、投稿以降の修正や削除は不可となっております。予めご注意願います。

夏の風紫の波富良野の地  風呂猫/撮られたき子に撮る子あり夏休  野良古/五郎さんの低き一喝春うれひ  きなこもち/蝦夷富士や鐘鳴る丘のラベンダー  きなこもち/卵焼き甘し遠足の弁当	きなこもち/雲ひとつありて富良野のラベンダー  よしざね弓/白樺の隙間から風薫る裾  よしざね弓/春暁やコピックとなるバイト代  洒落神戸/万緑や親子で違ふVサイン  洒落神戸/翼竜の叉骨に彩ふラベンダー  くま鶉/薬湯の色甘やかにラベンダー  くま鶉/どちらからともなくごめんラベンダー  藤田ゆきまち/ラベンダー我の心に無きオール	藤田ゆきまち/不時着の帽子は二つラベンダー  藤田ゆきまち/お守りへ千切る紫ラベンダー  斎乃雪/畦道に細き一輪花菜風  斎乃雪/朝風呂の熱さにはしゃぐ母の夏  ハルノ花柊/卒業旅行セイコーの時計を腕に  ハルノ花柊/子を撮るを夫の撮りたり夏の雲  黒子/窓下げてラベンダーの香夏近し  世良日守

焼き立てのカヌレありますラベンダー  世良日守/ラベンダー簡易トイレに紙が無い  世良日守/突き指の腫れを引かせてラベンダー  世良日守/空白の一枚ラベンダーの香よ  遊呟/薔薇の香を巡り湯殿へ氷水  遊呟/ラベンダー香る五月のカウンセラー  遊呟/求人に働蜂の止める翅  遊呟/夏来る給水カップ奪ひ去る  遊呟/でんでんむしや単線ダイヤ一息す  遊呟/ハンモック揺らす象使ひの夕べ  遊呟/K点を超えて白馬は梅雨の明  遊呟/万緑や砂利に補助輪空回り  遊呟/馬乳酒の底に届かぬ晩夏光  遊呟/夏痩の指吸ふ産土の乳酸  遊呟/湧別の首を切られた鬱金香  信壽/ラベンダーの丘富良野ワインの赤  信壽/薄暑なりジンギスカン鍋黒光る  多喰身・デラックス/土に還るまでが遠足かもしれぬ  多喰身・デラックス/エンゼルケアの手のひらの香よラベンダー  石井一草/遠足の会計係の菓子の量  石井一草

のどけしや産毛のやはし石蕗を引く  ゆすらご/みどり児の背の毛ふはり初桜  ゆすらご/星満ちてラベンダの丘旅立たん  東京堕天使/玄関をラベンダーから入りけり  葉山さくら/再会のマイムマイムかもんしろ蝶  原 水仙/七月の空どこまでも北海道  梵庸子/明るくて吊り雛のさびしかりけり  梵庸子/ラベンダーの斜面小さき背中駆け  梵庸子/開拓の大地にラベンダーをかぐ  梵庸子/雲流れ名画のごときラベンダー  亀田かつおぶし/ラベンダー風切り走るバイク旅  亀田かつおぶし/月に良し太陽に良しラベンダー  亀田かつおぶし/ラベンダー太陽吸いて甘くなり  真/ここからは立ち入り禁止ラベンダー  真/巡回やラベンダーには異常なし  真/さびしくてさびしくてさびしくてさびしくてラベンダー  真/ラベンダー富良野の丘を我がものに  清雅/ラベンダー果てて二組のツアーバス  いなだはまち/ラベンダーや六十歳のラブレター  いなだはまち/片恋の修学旅行ラベダー  信茶

かけっこの一等は僕風薫る  信茶/進まぬページ挟まれしラベンダー  京あられたけむら/信じたき事から迷うラベンダー  京あられたけむら/ラベンダー恋覚えし子の鼻歌  京あられたけむら/大蕗や風呂より碧き大雪山  やまだ童子/ラベンダー廃物だけの北の家  やまだ童子/ラベンダーの風にオーガスタの歓喜  那須のお漬物/舞い込むクマンバチたわむラベンダー  那須のお漬物/ラベンダー金平糖の花が咲く  那須のお漬物/挽きたてのキリマンジャロとラベンダー  那須のお漬物/薫る風赤毛のアンになりきって  森中ことり/小さき冒険紫の夏帽子  森中ことり/七月の風は紫富良野かな  森中ことり/対岸へたんぽぽのわたトーキック  背番号7/春光やパンダの鈍き鉄の肌  背番号7/気に入りの駐車スペース夏木陰  夏埜さゆり女/逆さまのビールケースや夏畑  夏埜さゆり女/眼裏の消ゆることなきラベンダー  一生のふさく/ラベンダーの丘閉じ込むる小さき瓶  一生のふさく/ラベンダーのネイル白の春ショール  風蘭

旅の夜のアロマや我が家も春の月  風蘭/隣家より初夏の歌声ハ長調  小池令香/初夏や産着を並べ干す朝  小池令香/若葉風ベンチの母とシルバーカー  小池令香/蚕豆や空の匂いの青を食む  小池令香/風光る自転車旅のヘルメット  玉井令子/パナマ帽紫色の海往けり  玉井令子/薫風や山に向かひて深呼吸  玉井令子/夏空に抱かれ風は虹色に  松本だりあ/夏野に寝ころば雲の鳥となる  松本だりあ/ラベンダー穫る腐草螢となる前に  播磨陽子/ラベンダー燻せばシェイクスピアの毒  播磨陽子/吹きわたる富良野盆地の初夏の風  直/ラベンダー畑に紫の呼吸  海羽美食/花の色は明け初む空よラベンダー  海羽美食/ピースする小さき両の手ラベンダー  野山遊/富良野はるか山へとつづくラベンダー  あすなろ子/薬園のそこだけ明るきラベンダー  あすなろ子/リラの花見合い写真の叔母の笑む  青に桃々/やはらかき案内の声リラの花  青に桃々

リラの花市場へは一人でゆくな  青に桃々/ラベンダー色のネイルや卒業歌  海峯企鵝/ラベンダーの香や小刻みとなる歩幅  海峯企鵝/泥流の眠る大地やラベンダー  大橋あずき/噴煙を仰ぐ裾野やラベンダー  大橋あずき/紫の花絨毯や夏の丘  大橋あずき/地平線なお濃しラベンダー青し  綱長井ハツオ/風薫るドライアイスに似て重く  綱長井ハツオ/鐘を打つ若き尼僧へ西日の矢  巴里乃嬬/緑陰のベンチになじむ昼下がり  かねつき走流/チャリ通の友と歩くや夕の虹  かねつき走流/二輪車は荷物満載ラベンダー  陽光/おはじきにお名前シール春の宵  陽光/桜蘂降るくじ引きで会長に  陽光/若葉萌ゆ百砂壇には青海波  巴里の猫/生きてればいいことあるね朝桜  はなあかり/風光るパン屋の横のドツグラン  はなあかり/花冷やドーナツ店の長き列  はなあかり/フオルダーの美しき遺影よ花は葉に  はなあかり/夏の空父の愛車はサニーかな  藤井天晴

湿布三枚ラベンダーはいっぱい  藤井天晴/拾つたこの犬両側をラベンダー  熊縫まゆベア/春の野を弾む大きなランドセル  しみずこころ/葉桜の囁きに雲生返事  しみずこころ/むらさきの世界に落ちる昼寝覚め  むゆき/地平線なぞって笑ふラベンダー  むゆき/仲なおりするならラベンダーの中  むゆき/絵日記をはみだしてゐる雲の峰  佐々木のはら/昆虫採集セット秘密の使用法  佐々木のはら/夏立ちてボーダーシャツの三四人  城ヶ崎由岐子/レイ編みし指にラベンダーの香  城ヶ崎由岐子/ラベンダーな風すってすって吐いて  あすか風/行く春や母にさしたる髪飾り  あすか風/ラベンダーの風が流れて三回忌  あすか風/独身は一人となりぬラベンダー  おぐら徳/ラベンダーのリースが香る児童館  おぐら徳/またひとつ通院増えるラベンダー  おぐら徳/吹き抜けるラベンダーの香汗光る  千風もふ/富良野路の繋ぐ香りやラベンダー  千風もふ/十本ほどの束で下さいラベンダー  こぶこ

ラベンダー夫のお八つにパンケーキ  こぶこ/ハーブの香蒜山を越え夏の雲  ツユマメ/ラベンダー色褪せるまで続く丘  ツユマメ/子のピース天突き抜けて夏が来ぬ  ツユマメ/吹く風は北の国からラベンダー  吉村よし生/ラベンダー畑に生まれ変はる風  円堂 実花/一時間歩いて遠いラベンダー  風早 杏/大丈夫つぶやく夜のラベンダー  風早 杏/渋滞の先に広がるラベンダー  風早 杏/ラベンダー目眩の耳の御しがたし  風早 杏/ラベンダー戴帽式に並ぶ吾子  風早杏/つづくよつづくラベンダーラベンダー  花弘/山里のハイウェイかなラベンダー  花弘/ラベンダー抱きて母は父のもの  ウィヤイ 未樹/ラベンダー頭蓋の中のやはきもの  ウィヤイ 未樹/ラベンダーけふは新聞休刊日  夢見昼顔/ラベンダー抱へ気分は「森ガール」 夢見昼顔/風光る列やご当地ハンバーガー  谷山みつこ/パラソルの君にあわせる歩幅かな  谷山みつこ/ヘルニアも少し楽なりラベンダー  ⑦パパ

むらさきの北の大地や夏に入る  ピアニシモ/ラベンダー連なるさまは湖のごと  ピアニシモ/ラベンダー甘美の風は母のやう  新開ちえ/ラベンダー受け止めきれぬ母の死去  新開ちえ/着々とおばちゃんになりラベンダー  新開ちえ/乳鉢の底に残り香ラベンダー  灯り丸/夏空の果てに戻らぬ娘あり  灯り丸/ラッタッタラベンダーの中手を取りて  春陽/ノラとなり手を取り合ひて青き踏む  春陽/今少し頑張りましょうラベンダー  春陽/絵日記の富良野の空やソーダ水  白兎/夏に入る真白な部屋の調香師  白兎/六月の色はゴッホかラベンダー  白兎/空色に溶ける芳香とラベンダー  松虫姫の村人/萬寿笠車夫麗かの旅の空  抹茶子/舳先となりラベンダーの波きり進む  卯年のふみ/近づけばまばらラベンダー一面  武井かま猫/ラベンダーねむる夕月を待たずに  ぷるうと/ラベンダー畑をバルタン星人のちょき  ぷるうと/ラベンダーソフト舐めては舌見せて  秋紫

ふるさとが恋しくなるほどラベンダー  大本千恵子/ラベンダー教会の鐘遠く聞く  稲垣加代子/蝦夷富士は他人のそら似夏来たる  稲垣加代子/真白なる診察室にラベンダー  西田月旦/富良野路や日傘閉じたり開いたり  中村すじこ/ラベンダー光の粒の薫る朝  中村すじこ/眠る子の頬に触るる五月の風  眠 睡花/ラベンダーの拡がる原を航行す  西村小市/駅舎なき臨時の駅やラベンダー  西村小市/ラベンダーの波迫りたる富岳かな  西村小市/風薫る呼気に吸気に同じ青  江藤すをん/さんざめく千の蕾や聖五月  江藤すをん/サンドイッチは売り切れラベンダー畑  木染湧水/ラベンダー買う憧れに憧れて  木染湧水/ラベンダー花壇に突き当たって右  木染湧水/ラベンダー畑や青い空気吸ふ  木染湧水/母さんと見たかつたんだラベンダー  山川腎茶/北の丘夕陽に香るラベンダー  山川腎茶/落ちひばり土手の草花巣を隠し  歩一/富良野へと道はまっすぐ風薫る  のど飴

うねりある丘一面はラベンダー  のど飴/レンタカーセダンシルバーラベンダー  びんごおもて/終活の旅行も富良野ラベンダー  びんごおもて/「肺が三つ欲しいな」ラベンダー畑  小倉あんこ/君調合のアロマオイルや薄暑光  小倉あんこ/飛べ!パラグライダー初夏の風に乗れ  小倉あんこ/右手にはラベンダー左手には知らない子  けーい〇/スカートは押さえて飛んでゆく夏帽子  けーい〇/好きな色は紫だからラベンダー  秋野商人/葉桜や新メンバーに慣れる頃  秋野商人/波打つラベンダー明日は雨  美翠/ラベンダー運ぶ夜風に目をつむる  美翠/清風や赤毛のアンの夏帽子  満る/ママという称号を抱く春帽子  日記/万歳の掌に風草青む  日記/アカシアの花や羽音をまとわせて  まあぶる/連翹の風に抗う受け流す  まあぶる/鳥の影過ぎて揚羽の消えにけり  まあぶる/ラベンダー風は香りの波となりゆく  紙風船/遠霞む小さき街並みラベンダー  紙風船