写真de俳句の結果発表

【第7回 写真de俳句】《並》②

第七回写真de俳句 並

評価について

本選句欄は、以下のような評価をとっています。

「天」「地」「人」…将来、句集に載せる一句としてキープ。
「並選」…推敲することで「人」以上になる可能性がある句。
「ハシ坊」…ハシ坊くんと一緒に学ぶ。

特に「ハシ坊」の欄では、一句一句にアドバイスを付けております。それらのアドバイスは、初心者から中級者以上まで様々なレベルにわたります。自分の句の評価のみに一喜一憂せず、「ハシ坊」に取り上げられた他者の句の中にこそ、様々な学びがあることを心に留めてください。ここを丁寧に読むことで、学びが十倍になります。

「並選」については、ご自身の力で最後の推敲をしてください。どこかに「人」にランクアップできない理由があります。それを自分の力で見つけ出し、どうすればよいかを考えるそれが最も重要な学びです。

安易に添削を求めるだけでは、地力は身につきません己の頭で考える習慣をつけること。そのためにも「ハシ坊」に掲載される句を我が事として、真摯に読んでいただければと願います。

 

※結果発表欄では添削した形で句を掲載する場合がありますが、「マイ句帳」に収録される句は投稿した段階の句がそのまま保存され、投稿以降の修正や削除は不可となっております。予めご注意願います。

楡の葉の濃き緑なす北の原  紙風船/居眠りのつま春園に捨てゆかん  ありあり/よろよろとペダル富良野を漕いで夏  ありあり/かぶりつく爆弾むすびサングラス  ありあり/咲き満ちる丘はなだらかラベンダー  小川都/ラベンダー香る気流の丘にゐる  小川都/ラベンダーほぐす指紋の渦かをる  小川都/大雪の麓流るるラベンダー	佐藤花伎/蜜蜂に切り残しおくラベンダー  もぐ/幽体離脱しそうラベンダー香る  もぐ/ラベンダー咲く待合は歯医者さん  みー/ラベンダー手紙に添えたその後は  みー/すれ違うラベンダーの香春コート  八かい/便りつけ風船放つハーブ園  八かい/君の胸弾けてしまへラベンダー  夜明鳥/十勝岳移す匂いやラベンダー  夜明鳥/紫の野を駆く子らよ風薫る  遙香/君が香や嗚呼ラベンダーの野よ風よ  遙香/雲のゆく果てへのびゆくラベンダー  衷子/先ほどの釣り札にほふラベンダー  夢めも

会釈して譲る小径やサングラス  はれまふよう/放課後の卯の花腐し理科室は  はれまふよう/ラベンダー摘みて夫ゐること忘る  本橋葉月/ベニシアに祖国の風やラベンダー  本橋葉月/ラベンダー風強き刻聞くタンゴ  本橋葉月/香水の瓶のいろいろ魔女の部屋  本橋葉月/やるだけやったし今夜はラベンダー  小福 花/会いたくて薄紫の春セーター  小福 花/ラベンダー馬鈴薯の花裾に引き  啓子/ラベンダー屯田兵の鍬に咲く  啓子/ピースの子景色となりてラベンダー  お銀/駆け抜けるジェットの影やラベンダー  お銀/ラベンダー少女瞼を伏せしまま  文女/黙秘権行使できますラベンダー  文女/ウェディングベル鳴るラベンダー畑  文女/清明や不妊治療の奇跡なる  あすかきょうか/香り立つサロン帰りのラベンダー  あすかきょうか/「いかがされますか?」「ラベンダーで…カットも!」  あすかきょうか/苗みっつ富良野気分のラベンダー  あすかきょうか/ラベンダーただ眺め居る一家族  春来 燕

山裾に延びる畑のラベンダー  春来 燕/七月の富良野を五歳児の走る  あみま/推理を間違えた探偵ラベンダーのにおい  颯萬/密室の冤罪予感はラベンダー  颯萬/ラベンダー捜査の止まるガラス片  颯萬/バターサンド食んでラベンダー畑  俊/ラベンダーねえママ写真また撮るの  古都 鈴/全身を浄める風よラベンダー  古都 鈴/ラベンダー畑の朝焼けゴッホ病む  坂野ひでこ/ラベンダー園風船売りは驢馬引いて  坂野ひでこ/下校の子らを待つ孔雀草の三時  うからうから/ラベンダーはブルー歌うシンデレラ  胡麻栞/青水無月円き原野よ道東は  星埜黴円/青嵐顕微鏡下の燕麦腫  星埜黴円/黒南風や入江に臨む病理室  星埜黴円/うす暗き臓器保管庫春の雷  星埜黴円/整然たる腫瘍細胞麦の秋  星埜黴円/夏蜜柑あすには母となるからだ  ふるてい/ポニーの背みたいなハンカチの手触り  ふるてい/子の汗に重たし予備のシャツ着  ふるてい

ラベンダーの香や四阿に屋根のへそ  大西どもは/山笑う「こういうことになりました」  大西どもは/星降りて色濃くなりぬラベンダー  素人(そじん)/プロヴァンス天刺しかねるラベンダー  新多ハルタ/バスシートの色擦れるラベンダー  新多ハルタ/ラベンダーはじめてママと呼ばれた日  うに子/そらにほひたつラベンダーはるか  みずきの/ラベンダー色のラベンダーいちめん  みずきの/ラベンダーの香に修羅さえ眠りおり  広泉/むらさきは日向に淡しラベンダー  砂楽梨/囀りや石の教会華燭の日  砂楽梨/一面のラベンダーゆがむ時空間  橋本千浪/平和やなほんま平和やラベンダー  橋本千浪/夏霞紫に染む富良野かな  井納蒼求/カレンダーの「富良野」大文字夏休み  井納蒼求/夕焼も紫なれり富良野行  井納蒼求/雨上がりことに色濃きラベンダー  井納蒼求/ラベンダー咽ぶばかりに咲きにけり   井納蒼求/紫の野を点々と夏帽子  井納蒼求/ラベンダーソフトクリーム先ず眺む  井納蒼求

プロヴァンスの風に香らむラベンダー  井納蒼求/泣き顔の幼児洗礼ラベンダー  門司区ビリケン/ミサ終えた聖書の上のラベンダー  門司区ビリケン/ラベンダーアイヌ刺繍の名刺入れ  門司区ビリケン/顔じゆうで泣く嬰児やラベンダー  お天気娘/スクロール止めていつかの春の富士  Q&A/脳内に威風堂々春の苑  Q&A/はつ蝶の残像はつ恋の記憶  小鞠/ラベンダーの丘や恋を得てスキップ  小鞠/ラベンダー少女のポニーテール揺れ  小鞠/揺るるラベンダー立ち尽くすわたくし  小鞠/五線譜の音符ララランラベンダー  小鞠/夏シャツを掛くるポプラの風の中  る・こんと/葉桜や都会のことば持ち帰る  る・こんと/ラベンダー苦労は他人に見えぬもの  河合郁/妊活を始める決意ラベンダー  河合郁/夏の雲猫とタンデムツーリング  みづちみわ/ツーリング北海道の夏の空  みづちみわ/ラベンダー足元悪きバスツアー  早乙女龍千代/ラベンダーたまには父と出かけぬか  早乙女龍千代

ラベンダーかほりにゆるむ頭の芯  迫久鯨/ラベンダー回答はこの色のなか  迫久鯨/朝涼のうねる紫プロヴァンス  笑姫天臼/ひと束の祖母への手紙ラベンダー  笑姫天臼/マスク取りしばし目を閉じラベンダー  雅茶/膨らんだ鼻で写るやラベンダー  雅茶/ラベンダーの香に恋する大雪の風  広島 しずか80歳/ラベンダーカノン流れるバージンロード  広島 しずか80歳/母と来てラベンダーの香の風を聴く  柊まち/夏草やなにも起こらぬ日は奇跡  柊まち/夏灯揺れるこころを映す影  柊まち/青空に想いを溶かすソーダ水  柊まち/久々の旅夏服の白まぶし  柊まち/しんとした砂場の藤にふわり風  柊まち/ラベンダーソフトの髭や風の丘  千波佳山/お決まりのポーズ目深の夏帽子  千波佳山/信号は赤緑陰へベビーカー  千波佳山/新緑を額縁として記念写真  千波佳山/五湖にそれぞれのあをさや皐月富士  千波佳山/東京やリュック抱えて新社員  千波佳山

その角をはやる自転車ラベンダー  飯村祐知子/ペダル踏み込みてラベンダーの丘へ  飯村祐知子/カリヨンの鐘が丘こえ風薫る  飯村祐知子/ラベンダーの畑より遠く千曲川  みずな/な忘れそ荒地にそよぐラベンダー  みずな/鴨の子や10㎞までの証明書  叶はなみ/プロバンス香も遠のきて夏近し  叶はなみ/晴れたまま雹のゲンコツくらった日  叶はなみ/新社員マリーゴールド光りをり  十月/鮮やかなシャッター音や風薫る  十月/紫の風から始む春の星  十月/うごけうごけラベンダーに触れる指  小野睦/葉桜やはじめは下手で清らかで  小野睦/トーストにバター半分ラベンダー  シュロバッタ/産ぶ声やラベンダーの香の肺胞へ  七瀬ゆきこ/ラベンダーの香やラマーズ法に吾子生まる  七瀬ゆきこ/七月の女王ラヴエンダーまだ外来種  七瀬ゆきこ/ラベンダー香る掏り替えられた遺書  七瀬ゆきこ/羅やグランシャレーの画家の妻  七瀬ゆきこ/夜のラベンダー星の記憶に泣いている  七瀬ゆきこ

マリアの手ラベンダーを摘みたくて  七瀬ゆきこ/ラベンダーに時の戻りて母の咲む  パンの木/刻止めてラベンダー刈る夢や青  パンの木/空の香を合はせ富良野のラベンダー  蓼科 嘉/遠山の風届きけり花ミモザ  猫柳/大瑠璃や声透く丘を碧き風  笑笑うさぎ/瑠璃鳥やラピスラズリの羽根唄ふ  笑笑うさぎ/ラベンダー香らせ朝の更衣室  笑笑うさぎ/香油蒸留機の一滴の夢木の根明く  黄色いくじら/蜜蜂の羽音鼻声のハミング  黄色いくじら/ひたすらに故郷を紡ぐ歌や春  黄色いくじら/ロキソニン効いてラベンダーは○に  鷹栖句会まつこ/レンタカーの路まっすぐ夏香る  鷹栖句会まつこ/ラベンダー帽子のリボン揺れる風  代志惠華/ラベンダーでは癒されぬ憂鬱も  代志惠華/胸晴るるラベンダー群渡る風  代志惠華/「そこ右折」ラベンダー園山の上  代志惠華/東京を脱いで富良野へ夏帽子  キッカワテツヤ/父と子と夏の光のなかにおり  亀山酔田/ラベンダー眩し過ぎると空の青  亀山酔田

殊更に母は声上げラベンダー  亀山酔田/ラベンダー咲きホルン吹き上機嫌  亀山酔田/朝まだき原広々とラベンダー  亀山酔田/掠め盗る天上青しラベンダー  鈴木由里子/夏隣る旅のノートの1ページ  鈴木由里子/夏隣る村一軒の映画館  鈴木由里子/七月を小さき花弁に閉ぢ込めて  竹田むべ/紫の君の褥やラベンダー  とわずがたり/空の淵瑠璃にたなびくラベンダー  晴耕/手を繋ぐ飛び石越えて白い蝶  神保一二三/鐘の鳴る丘独り占めラベンダー  利根の春/富士山の裾野より染むラベンダー  利根の春/アスパラガス沃土の匂ひごと届く  彩汀/クラーク像の指先震えたる毛虫  藤 雪陽/風薫るテーマパークをはぐれ猿  藤 雪陽/ラベンダー畑を避けたる鳥の影  藤 雪陽/車椅子の少女立ちたるラベンダー  藤 雪陽/馬鈴薯の花どこまでも空の下  森比古/初夏ふたり美瑛を歩き今は母  森比古/「罪と罰」君の栞はラベンダー  こもれび

薄荷茶に硝子のカップ夏きざす  赤味噌代/ラベンダー弾力戻る起立筋  大月犬ラルフ/ラベンダー時速5キロのランデブー  大月犬ラルフ/葉に触れし指かをり立つラベンダー  かいぐりかいぐり/蒼天の雲掴みゆくラベンダー  かいぐりかいぐり/あかねさす君とラベンダーの秘密  新井ハニワ/ラベンダーずる休みする訳はノー!  新井ハニワ/をとめらの昭和の眩暈ラベンダー  谷口詠美/片恋の少女の眩暈ラベンダー  谷口詠美/ラベンダーに噎び龍さへ降つてきた  谷口詠美/ラベンダー風呂溶かしたいのは涙です  谷口詠美/眼前は眩し白南風喚んだから  熊の谷のまさる/木下闇もののけ三匹おったげな  朝月沙都子/にこやかに尿して春の犬どもは  朝月沙都子/両の手に氷菓慌てず急ぐべし  朝月沙都子/ラベンダーは群れ集まって色となる  まつぽっくり/夏の川河童の国はこの辺ろか  ごまお/夏山や光芒を背に修験者ゆく  ごまお/夏山の五社詣でたり十割蕎麦  ごまお/香水や母の秘密の小引出し  遊子

ラベンダー香る記念日の旅の夜  遊子/野遊やズボンの染みのふかみどり  ちかひか/遊歩道うねりてどこまでも薄暑  ちかひか/あらせいとうたわわに叔母は厚化粧  ちかひか/香のささやきは揺れるラベンダー  萩 直女/写メ何枚もラベンダーの紫  萩 直女/たんばらの夏山リフト吾子笑ふ  小山美珠/プロバンス地方の夕陽ラベンダー  小山美珠/瑠璃色の空は鏡のラベンダー  小山美珠/ラベンダー月の雫を注ぎけり  小山美珠/ラベンダー月の涙を零しけり  小山美珠/ラベンダー星々が咲く宵の波   小山美珠/揚羽蝶ラベンダー色した涙  小山美珠/天空へまつすぐのびるラベンダー  小山美珠/少年の飲み干すグラスソーダ水  小山美珠/セロ囲み瑞々しきはラベンダー	トウ甘藻/セロ弾きのビブラート追ふラベンダー  トウ甘藻/セロ仰ぎビブラート吸ふラベンダー  トウ甘藻/ラベンダー揺らす風のごとく生きる  堀尾みほ/ラベンダー水車を回す水に揺れ  堀尾みほ