写真de俳句の結果発表

【第7回 写真de俳句】《並》④

第七回写真de俳句 並

評価について

本選句欄は、以下のような評価をとっています。

「天」「地」「人」…将来、句集に載せる一句としてキープ。
「並選」…推敲することで「人」以上になる可能性がある句。
「ハシ坊」…ハシ坊くんと一緒に学ぶ。

特に「ハシ坊」の欄では、一句一句にアドバイスを付けております。それらのアドバイスは、初心者から中級者以上まで様々なレベルにわたります。自分の句の評価のみに一喜一憂せず、「ハシ坊」に取り上げられた他者の句の中にこそ、様々な学びがあることを心に留めてください。ここを丁寧に読むことで、学びが十倍になります。

「並選」については、ご自身の力で最後の推敲をしてください。どこかに「人」にランクアップできない理由があります。それを自分の力で見つけ出し、どうすればよいかを考えるそれが最も重要な学びです。

安易に添削を求めるだけでは、地力は身につきません己の頭で考える習慣をつけること。そのためにも「ハシ坊」に掲載される句を我が事として、真摯に読んでいただければと願います。

 

※結果発表欄では添削した形で句を掲載する場合がありますが、「マイ句帳」に収録される句は投稿した段階の句がそのまま保存され、投稿以降の修正や削除は不可となっております。予めご注意願います。

雪形に押されて春の土興す  孫茶/チビリュック菜の花に消ゆ迷路かな  孫茶/山笑ふ小腹を満たす畑の隅  孫茶/東屋に「ご自由に」とのラベンダー  桃子ママ/ラベンダー東屋までは二百ヤード  桃子ママ/昼寝いくたび十勝平野をバス走る  もんてん茶の花/ラベンダー大型バスに十二人  もんてん茶の花/夏寒し旅にきざせる神経痛  もんてん茶の花/合格を無沙汰の祖母に春帽子  一鮎/ラベンダー吸い寄せられし旅の人  清二/この色は日に色あせてラベンダー  清二/ラベンダーのびてちぎれてやがて雲  鷹之朋輩/通販の一筆箋へラベンダー  鷹之朋輩/ラベンダー畑の中で溺れたし  伊藤 蝦女/ラベンダーそへて手紙の届きけり  伊藤 蝦女/ラベンダーソフトよ味知る地面よ  はる奈/追悼の「北の国から」ラベンダー  はる奈/ラベンダーひそかグレコの初盤聴く  白縫ユキ/欠員のアルト補ふラベンダー  白縫ユキ/荷解きて部屋に微かにラベンダー  季雄のむすめ

午後練の腹筋ばかり夏の雲  たまつり糸雨/駅員の白き夏シャツ指差呼称  たまつり糸雨/渋滞を超ゆる紋白蝶二頭  たまつり糸雨/待つ人の無く日盛りの鄙の駅  たまつり糸雨/ラベンダー吾のこころあるべきところ  里山子/キャンペーンガールうとうとラベンダー  里山子/まっすぐな青き意見やラベンダー  明神おぼろ月/ささめごと聞こえているはずラベンダー  あまぐり/暁にラベンダー濃く吾うすく  あまぐり/七千歩ゴールはラベンダー畑  あまぐり/北の大地の色かへるごとラベンダー  喜多輝女/ラベンダー揺れて青空へと薫る  喜多輝女/麦秋や大地を守る人の息  潮/雲捌くる空は水色ラベンダー  石井茶爺/遠山を白き雲ゆくラベンダー  石井茶爺/手を振るや野は一面のラベンダー  石井茶爺/ラベンダー空と地の間のホ長調  木ぼこやしき/ラベンダー褪せ南仏すでに遠し  木ぼこやしき/ラベンダー飛び交う蝶の薄き翅  まゆ/「ラベンダーだったね」あの頃の二人  佐藤  啓蟄

べらぼうに増ゆベランダのラベンダー  まこ/火星まであとどれくらいラベンダー  まこ/ラベンダーマティスならどう描きしや  まこ/汕頭の古きハンカチ薫衣草  もりたきみ/木陰の夏蝶追う子の手に図鑑  もりたきみ/ラベンダー消失点にある朝陽  雪音/ラベンダー金のかんむり載せ夕陽  雪音/ラベンダー羽音せわしき鼻の先  雪音/鐘の音や空あわあわとラベンダー  麦星/万歳の二キロ後ろの春霞  池内ときこ/ラベンダー畑へ降りて来よ気球  池内ときこ/ラベンダー畑に影の吸われけり  山本先生/村上春樹入れたまんまで四月果つ  藤岡美波/沈黙に貝母の葉先伸ばすなど  藤岡美波/ひかがみの静止一秒青葉風  碧西里/まなうらのお花畑や小屋の夜  碧西里/ラベンダー記憶の中へのびる道  ちゃうりん/空濃くて少し斜めに夏帽子  ちゃうりん/ラベンダー異人五人と郷の湯に  乙華散/シルバーカーに座って会話ラベンダー  おケイちゃん

雨降りて色を濃くせしラベンダー  おケイちゃん/ラベンダー母の匂いを知らなくて  宙のふう/プロバンスの丘晴れやかや夏帽子  宙のふう/ラベンダー園中へ中へと人沈み  宙のふう/幸せのふりして香るラベンダー  やま猪口/車椅子ラベンダー群をゆるゆると  香亜沙/向日葵の巨大迷路の小さき人  香亜沙/ラベンダーさやぎて空の蒼洗ふ  佐藤香珠/ラベンダー畑にぽつり白き椅子  岩本夏柿/煌めきて星の匂ひのラベンダー  岩本夏柿/ラベンダーマスク通しの香は淡く  山口ながれ/惑いなく空向き並ぶラベンダー  山口ながれ/春の月名優偲び富良野にて  山口ながれ/新緑の遠慮がちなる富良野かな  茶木美奈子/百色の香る富良野の夏野かな  茶木美奈子/ちっぽけな事だと気付くお花畑  まい妓/ラベンダー五郎の石の家に献花  まい妓/初花や過疎の十年二十年  まんぷく/旅のかほ皐月のうみにみられをり  まんぷく/シアンまた買ひ足す初夏の絵日記よ  西川由野

風吹いてわたしに香るラベンダー  浜 けい/水無月は紫色の花の月  浜 けい/水無月は紫の花満ちており  浜 けい/リハビリはこのラベンダー見るための  西原みどり/ラベンダー膨れっ面を箱に入れ  若生淡霧/ラベンダー王妃ひとりの道行きに  若生淡霧/地に足をつけて歩けとラベンダー  あさぎいろ/幸せはラジオより聴くラベンダー  あさぎいろ/風に子の小鼻ひろがるラベンダー  豊年茶/ラベンダー妻を少女に変える風  豊年茶/緑風や胸も地球も深呼吸  はまお/ラベンダー青空に手が届いた日  はまお/紫紺旗や相模の海に風光る  安楽人/紫のマットと弾むシャボン玉  安楽人/好きな花まだ決められず夏の庭  あなぐまはる/雨粒に夜を詰め込むラベンダー  あなぐまはる/知らんぷり鈴は紫猫の恋  桃里/夏遍路寄り道したき「モネの庭」  桃里/花筏名残りの月と海へゆき  桃里/氷菓の雫いわさきちひろの如く  柑 橘香

ラベンダー畑を星の通りゆく  露草うづら/丘にラベンダー空にムラサキ  ゆうりん/春風や丘いちめんのラベンダー  ゆうりん/ラベンダー自転車の旅始まりぬ  向原かは/ラベンダーむくり五十路の旅心  向原かは/ラベンダー散歩と言うて丸三日  向原かは/銃を撃つ夢を見ましたラベンダー  平本魚水/少年の鼻腔濡れゆくラベンダー  平本魚水/冥界はきつとここからラベンダー  平本魚水/ラベンダー花冠にして笑窪  猫谷なぎ/プロヴァンスの窓粧ひしラベンダー  猫谷なぎ/ラベンダー高層ビルの傍らで  猫谷なぎ/春の風遠き少女の「紫竹調」  宇野翔月/紫微星はそのまま春の紫禁城  宇野翔月/ラベンダー映え絵葉書は富良野発  楽花生/吾子走る空と大地の夏持って  楽花生/富良野路の紫の道風薫る  横じいじ/見上げれば遠く紫雲のラベンダー  横じいじ/ラベンダー一年分の息を吸う  ひなた/ラベンダー畑うす紅の空  ひなた

美瑛の丘をトラクターバス夏の雲  オリゼ/写真撮る親子に虻のつきまとう  美美子/星涼し名無き丘にて吾とバイク  灯路奈/ラベンダー滑空をするエゾモモンガ  染野まさこ/ラベンダー香りに心凪いでゆく  染野まさこ/雨上がり香りたちたるラベンダー  竈猫/ラベンダー霧立ち込める夜明け前  文寂/風薫るシャッター音にピースする  文寂/公園を守るスタッフアロハシャツ  文寂/群青の空の色染むラベンダー  しー子/ラベンダーガイドが歌う恋の唄  しー子/熟年の繋ぐ手太しラベンダー  れんこん/ラベンダー香り支える茎太し  れんこん/刈りとらる前の華やぎラベンダー  碧水/ラベンダー富良野の風になりし君  碧水/起き抜けに嗅ぐラベンダー五号鉢  岩井月光/転校の子の鉢へ水ラベンダー  岩井月光/薄色の富良野の丘や夏に入る  すずさん/白シャツの囁き富良野の夕暮  すずさん/葉桜や光る蛇口と赤き飴  すずさん

写真撮る妻子待つ間の氷菓かな  央泉/吾の後を追ふ夏蝶よ旅の果て  央泉/ラベンダー白きドレスのふたりきり  斉藤立夏/火を乞ふがごと青ざむるラベンダー  斉藤立夏/玻璃越しに美瑛の丘や遅桜  すみ/残雪や美瑛の丘を渡る風  すみ/ラベンダーの穂の青白くさなぎめく  鶴つる小なみ/ラベンダーよ薄れをる左の手相  鶴つる小なみ/指の間にラベンダーの香ざらつく夜  鶴つる小なみ/吾子隠れんぼ一面のラベンダー  だがし菓子/一面の始まり一歩ラベンダー  すぴか/ラベンダー大地と空に契りおり  すぴか/ラベンダの編み靴で行く空を行く  丸山隆子/たまにある元気のない日ラベンダー  丸山隆子/ラベンダーの丘より風力発電機  南冥/ラベンダーの丘よりはるか光る海  南冥/いっせいにさ揺らぐ青きラベンダー  南冥/雨読する吾の後ろの薫衣草  ぴーとぺー/ハンケチに染むラベンダー深む雨  ぴーとぺー/丘陵や岩肌を擦るラベンダー  ぴーとぺー

ジェラート取り合うパッチワークの丘  隆祥/搾りたて牛乳瓶ごしラベンダー  隆祥/駆け降りるラベンダー前こども馬車  隆祥/香の失せしポプリAnneになりたかった夏  かのこゆり/風遊ぶ北の緑陰淡き影  かのこゆり/緑陰や北の木立に風遊ぶ  かのこゆり/ひとひらの紅きを浮かべ水澄めり  むげつ空/青空は噴井の唄を吸い込めり  むげつ空/陸橋を点になりゆくリラの人  末永真唯/フラココに三半規管やられけり  末永真唯/駅前のプランターラベンダーへと  かすみそう/白きパラソル傾ける君の罪  かすみそう/画面はラベンダー誕生日近し  かすみそう/天空のゆらゆら蒼む蝶の昼  ほのほ/ソフトクリーム半分こした北の旅  ゆづぷー/ラベンダー子との再訪叶えてよ  ゆづぷー/春灯や本読む部屋はラベンダー  風の母/ポプラ十本間に間に夏の花々  秋桜/名にし負はば時をかけなむラベンダー  猫おっと/紫の匂い烟るや春時雨  猫おっと

白靴で分け入る紫の点描  珪化木/ラベンダーは遠くに在りて愛でるもの  ウキナガ/ラベンダーの地平線まで君と行く  ウキナガ/ラベンダー香りし今日は三回忌  桔梗 郁子/ラベンダーをもらう行列ハーブ園  桔梗 郁子/春コート富良野ポスター並ぶ駅  日向あさね/ラベンダー目指す果てなき一本道  日向あさね/山笑うかばんを寝かすベビーカー  日向あさね/むらさきに富良野盆地は霞つつ  はなみずき/ラベンダー切れ目なく咲く旅の窓  はなみずき/青空と奥羽とラベンダー畑  笹弓/ラベンダー束ねていないいないばあ  笹弓/翻る裾や芳しラベンダー  灰猫ニボシ/振り返る裾の芳しラベンダー  灰猫ニボシ/ふりかえる裾にかぐわしラベンダー  灰猫ニボシ/ラベンダーや弧を描きたる地平線  丹波らる/登山家の左手に濃きラベンダー  丹波らる/ラベンダー畑3号車着午後三時  丹波らる/ラベンダーや鍵の鈴が落ちてゐる  丹波らる/初恋の夜明けの海はラベンダー  うっとりめいちゃん

7月のフラノブルーの風想う  うっとりめいちゃん/7月の夜明けの海はラベンダー  うっとりめいちゃん/黒土ふかふか丘陵のラベンダー  清由紀/七月や光のオブジェ置くテラス  清由紀/むらさきのまほらを往くやオオムラサキ  奥田亜希子/朝まだきラベンダー伐る影ふたつ  奥田亜希子/初夏のオホーツクの海想ひけり  奥田亜希子/ラベンダーや湖畔のさきは蒼き富士  奥田亜希子/ムラサキのけむり咲く丘夏帽子  西澤美智/風光る絵筆彩なすモネの庭  風友/ラベンダー波打つ丘を二人乗り  風友/牧草のロール登るや夏休み  山女/ラベンダー小洒落た店は丘の上  山女/ラベンダーはじける泡のやうな恋  テツコ//字あまりのやうな大空ラベンダー  テツコ/ラベンダー摘む成就せぬ星の恋  テツコ/ホップの香またり日永の麦酒かな  大/Tシャツに洗剤の香よラベンダー  大/春北風爛漫駆け抜く雲の影  深紅王/花筵の傍聞きモトカレの風聞  深紅王