写真de俳句の結果発表

【第11回 写真de俳句】《並》③

第十一回写真de俳句 並

評価について

本選句欄は、以下のような評価をとっています。

「天」「地」「人」…将来、句集に載せる一句としてキープ。
「並選」…推敲することで「人」以上になる可能性がある句。
「ハシ坊」…ハシ坊くんと一緒に学ぶ。

特に「ハシ坊」の欄では、一句一句にアドバイスを付けております。それらのアドバイスは、初心者から中級者以上まで様々なレベルにわたります。自分の句の評価のみに一喜一憂せず、「ハシ坊」に取り上げられた他者の句の中にこそ、様々な学びがあることを心に留めてください。ここを丁寧に読むことで、学びが十倍になります。

「並選」については、ご自身の力で最後の推敲をしてください。どこかに「人」にランクアップできない理由があります。それを自分の力で見つけ出し、どうすればよいかを考えるそれが最も重要な学びです。

安易に添削を求めるだけでは、地力は身につきません己の頭で考える習慣をつけること。そのためにも「ハシ坊」に掲載される句を我が事として、真摯に読んでいただければと願います。

 

※結果発表欄では添削した形で句を掲載する場合がありますが、「マイ句帳」に収録される句は投稿した段階の句がそのまま保存され、投稿以降の修正や削除は不可となっております。予めご注意願います。

夕焼けてキッチンカーの匂ひ立つ  のど飴/隣よりピザの匂ひや夕焼雲  のど飴/さざ波のかたちや街の夕焼雲  のど飴/白靴や人生やり直せますね  びんごおもて/西瓜割ルール七条あるそうな  びんごおもて/夏の雲負けは勝ちの始まりです  びんごおもて/夕焼や赤の門灯駐在所  びんごおもて/少年の立ちこぎ眩しかぶとむし  びんごおもて/日焼け止ビーチバレーの砂熱し  小倉あんこ/かき氷にピャーピャー騒ぐリポーター  小倉あんこ/ビーチバレーのスパイク音や日焼浜  小倉あんこ/湘南にチューブ・サザンを聴く炎昼  小倉あんこ/開門の銅鑼は西日を揺らしけり  けーい〇/ハンモック揺れて夕日に許し請う  けーい〇/故郷や夕焼け映す日本海	秋野商人/眼差しは前方夕凪とどまる  美翠/車輪の影彼方へ届く夕焼なり  美翠/自転車のペダル軽し夕焼悠々  美翠/南京錠野間灯台の晩夏光  満る/孤高の鴎懐へ吸ふ大夕焼  満る

沖のぞみ浜昼顔と波を待つ  天陽ゆう/スニーカー汚すありったけの夏へ  天陽ゆう/木の棒で君の顔かく夏の浜  天陽ゆう/はまなすの風生む丘に立ちにけり  天陽ゆう/ポスターに海の駅あり雲の峰  天陽ゆう/青き夜掬ふ手のひら夜光虫  天陽ゆう/失恋を歌うあいみょんレモン水  天陽ゆう/西日射す部屋貝殻と置手紙  天陽ゆう/夕焼やアンクレットは海の色  天陽ゆう/お揃いのミサンガお揃いの日焼  天陽ゆう/砂浜に手旗信号まねて夏  天陽ゆう/夕凪やタイムカプセルに恋文  日記/告白をためらふ海やオーデコロン  日記/大橋より秋入日まで金の波  まあぶる/秋夕焼バイトへグンと漕ぐペダル  まあぶる/秋入日海は遠すぎて綺麗  まあぶる/立たされてすぐ許されて夕焼け空  紙風船/スニーカーに夕焼けの色とどめ置く  紙風船/吾子歩きさう夕焼の重たさう  ありあり/西日落つサーファーの海穿つかに  ありあり

風死する水面切り裂くジェットスキー  ありあり/吾もまた影の一つと秋夕焼  ありあり/かのひとのたましひのいろ夕焼雲  ありあり/秋の夕焼そらはいちまいにはあらず  ありあり/潮風の工業地区へ赤蜻蛉  ありあり/夕月のひたひた波音のまばら  ありあり/秋夕の波はつむじの匂ひかな  ありあり/遊ばうと言へず夕焼雲きれい  ありあり/自転車の歪む輪の影大西日  小川都/夕焼けの海へライダーあと二キロ  小川都/異国風の海岸通り西日さす  小川都/夕焼や我が双眸に天動説  佐藤花伎/足下に平和のヒント秋の浜  佐藤花伎/潮風や君のメロンの甘からん  佐藤花伎/夕暮れを待てぬ花火はあとふたつ  もぐ/夜遊びのはて蜩に責めらるる  もぐ/夕凪に錆は自転車侵食す  もぐ/潮風が重たい上京やめた夏  もぐ/秋夕焼兄ちゃん追って影踏んで  みー/老犬の瞳に沖の秋夕焼	八かい

夕焼けや友のギターと波の音  八かい/黄昏て日はなほ燃えて夏の海  遙香/星涼しカフェロワイヤルの蒼炎  衷子/海岸線並走の友夏惜しむ  なみ夢めも/自転車の倒るる意志と吾子の夏  はれまふよう/徘徊の父の横顔西日濃し  はれまふよう/スケボーに吸い付く夏のスニーカー  はれまふよう/夕焼けや腹式呼吸波と合い  小福 花/サーフィンを追う立ち漕ぎの自転車よ  小福 花/チリチリと海面を這う西日かな  妃可/入江沿い漕ぐ自転車は西日へと  妃可/日盛りの参道バイクReadyGo!  あすかきょうか/モノレール越しの夕焼けマンハッタン  あすかきょうか/夕焼けやゴジラみたいな雲の影  あすかきょうか/蝉の鳴く林背に待つ日暮れかな  春来 燕/夕立の後の日暮れを待つ二人  春来 燕/お揃ひの白靴にお揃ひの傷  あみま/夕凪や父母ヶ浜に千千の影  あみま/秋夕焼茶色くなったスニーカー  颯萬/練習の帰りの車秋夕焼  颯萬

夕焼を斜め後ろにペダル漕ぐ  颯萬/ランニング休憩夕焼は山の登り口  颯萬/厚塗りのシェービングジェル夏終る  俊/ママチャリでトライアスロン秋高し  古都 鈴/夕凪やお盆休みのない仕事  古都 鈴/とんぼ飛ぶトライアスロン特訓中  古都 鈴/庭先で脱ぐ練習着夏の夕  坂野ひでこ/秋出水車道横切るハイヒール  坂野ひでこ/帰省子や煮しめたようなスニーカー  坂野ひでこ/根元に百の空蝉樹上に万の声  坂野ひでこ/幸せは五時の晩飯夏休  坂野ひでこ/海上の花火大会君の声  坂野ひでこ/中指の曲がる遺伝子ソーダ水  うからうから/横顔を追い越してゆく夏の雲  うからうから/「会社辞めました」夏氷はミルク  うからうから/前かごにショートケーキと春帽子  うからうから/夕焼やはじめて紐を結べた子  胡麻栞/夏惜しむドヴォルザークの家路かな  胡麻栞/内見へいざお揃いの白靴で  ふるてい/突き立てる割り箸墓標なる熱砂  ふるてい

海亀の道中の木々どかしやる  ふるてい/出走のくつひも結ぶ初嵐  大西どもは/ツイートの流れ消えゆき秋夕焼  大西どもは/潮の香を惜しむシャワーよ秋夕焼  大西どもは/夕暮れをいそぐ自転車帰省の子  素人(そじん)/夕焼けを見にはらからの集ひけり  素人(そじん)/猫じゃらし無灯火叱る散髪屋  うに子/乗り捨てる青いママチャリ秋の海  うに子/はじまりはコンビニチキン夏の恋  青木りんどう/夕凪やひと言多い母の癖  青木りんどう/怒気ふり払うようにペダルを西日へと  青木りんどう/連なりてペダルの脚の日焼けかな  青木りんどう/サーフィンの帰りはカフェで19時で  みずきの/ゴーヤ買い今日の一句はメモ裏に  みずきの/五千人超え告ぐ画面酷暑なり  みずきの/網小屋にのそり老い猫秋の雨  広泉/トンネルの先の夏は君にあげる  広泉/波立ちて光の花や十三夜  広泉/膝立ちに空の傾くテントかな  砂楽梨/夕焼けや着信残しペダル踏む  砂楽梨

稜線の大きなる孤や秋近し  砂楽梨/ささくれる畳の縁や夏休み  砂楽梨/土用凪借用証書の古びけり  砂楽梨/灼熱の喧騒沈む秋夕焼  橋本千浪/天の川夜行列車の遠き窓  橋本千浪/手から手へ壊れさうなる桜貝  井納蒼求/海豚跳ね途切れ途切れの水平線  井納蒼求/白服や失敗でなく通過点  お天気娘/白靴に決断の波きたりけり  お天気娘/夏夕の海辺に座りつつ葉巻  Q&A/ウイスキー空ける薄暮のバルコニー  Q&A/秋夕焼海が見えると芙美子の碑  小鞠/夕焼やずっと続くと信じてた  小鞠/夕焼けをリュックに詰めて旅に出む  小鞠/君は沖吾は足もとを見る夕焼  小鞠/カーブミラー秋夕焼を閉じ込めて  小鞠/夕焼やなぜ離れねばならぬのか  小鞠/空色の氷菓を割りて兄妹  る・こんと/夏の果誰も拾わぬフリスビー  る・こんと/君の長き影走り抜け夕焼  る・こんと

晩夏光きみを敬語で送りけり  る・こんと/ビザ切れたるままに夜すがら泳ぎけり  る・こんと/ゆふやけを背にスケボーの音しづか  加賀くちこ/石蹴りの石持ち帰る夏の夕  加賀くちこ/ゆふやけは地球のホッとするところ  加賀くちこ/銀河なで夜間飛行のただ一機  河合郁/ムスリムの夫の行方や流れ星  河合郁/潮の香やそこを曲がれば秋の海  みづちみわ/麦とろの店まで競いあうペダル  みづちみわ/自転車のチェーン直せば螽斯  みづちみわ/自転車の抜いて抜かれて秋学期  みづちみわ/新涼や今日はアイアンマンレース  みづちみわ/トライアスロンの警備や秋の朝  みづちみわ/落車して骨盤骨折の秋夜  みづちみわ/自転車のグリップ上に鵙の贄  みづちみわ/乱丁のミステリそのままの秋思  みづちみわ/銀漢や使わぬ星座早見盤  みづちみわ/内股の足に躓く秋の暮  早乙女龍千代/石垣の中の伏兵蟹あまた  早乙女龍千代/夏の果バンド機材とハイエース  早乙女龍千代

大西日靴から小石こぼれけり  早乙女龍千代/すり傷のいもうと負ぶる夏休  早乙女龍千代/念じても海は割れない秋の声  迫久鯨/練り跳ねて海に帰りし佞武多かな  迫久鯨/海還る佞武多は何を連れて行く  迫久鯨/スニーカー脱ぎて砂出す秋の浜  雅茶/江ノ島へ一〇㎞歩き大夕焼  雅茶/波やさし海亀産卵予定日  広島 しずか80歳/爽やかや厚底ナイキのスニーカー  広島 しずか80歳/洗えども洗えども砂子の水着  柊まち/沈黙のふたりにソーダ水の泡  柊まち/砂浜の足跡消えて秋近し  柊まち/涼風や海と夕日としらすピザ  柊まち/コロッケを鳶にさらわれ夏終る  柊まち/炎天や放り出したい荷はいくつ  柊まち/油照忘れることのむずかしさ  柊まち/遠花火君の住んでる海のほう  柊まち/草笛や自転車の影のびてをり  千波佳山/日盛や靴紐の蝶ほころびぬ  千波佳山/夏期講座抜けて波音のたそがれ  千波佳山

ゆふぐれのみぎはに夏をひろいけり  飯村祐知子/潮騒やサマードレスの肩の熱  飯村祐知子/月涼し夫のうそつく仕草かな  飯村祐知子/靴紐のほどけておりぬ手に氷菓  飯村祐知子/シーグラス拾へばつめた夏の月  飯村祐知子/花カンナ海へ降りゆく坂の道  みずな/いつまでが少女白靴汚しつつ  みずな/川向かふの街の夕暮れ銀杏散る  みずな/晩夏やノートルダムのロケ弁当  叶はなみ/黄昏へ泳いで行こかノルマンディー  叶はなみ/ダーウィンの恋の話や蚯蚓鳴く  十月/無花果やアルバムに笑む知らぬ人  十月/白靴や奪ふ盗むの違ひ知る  十月/端居そう格好良くは生きられぬ  七瀬ゆきこ/夕焼へおじぎして子の二足歩行  七瀬ゆきこ/兄さんにコンプレツクス秋夕焼  七瀬ゆきこ/八月や人間かげを践みたがる  七瀬ゆきこ/帰省子とわかるスニーカーの白さ  七瀬ゆきこ/海そこに近くて遠き原爆忌  七瀬ゆきこ/夕焼け消ゆ反射ガラスのビルに消ゆ  パンの木

下灘にきのこ雲見し母の夏  パンの木/潮騒までは蝉時雨あびながら  にゃん/夏の日のおそろひの白スニーカー  にゃん/やはらかき波よ素足をくすぐれよ  にゃん/波引いて寄せてふたりで涼しいね  にゃん/唇を奪へばきよらなる白雨  にゃん/夕焼の褪せるはさびし肩を抱く  にゃん/汗臭きをとこ愛しき青年期  にゃん/汐風や砂の余熱を揚花火  にゃん/君にあふオーデコロンをあげませう  にゃん/熱戦のほてり沈むる大夕焼  蓼科 嘉/夕焼けへ走る自転車今日を無に  蓼科 嘉/砂の城夕焼まかせ就く家路  笑笑うさぎ/泣くことを許されている夕焼空  笑笑うさぎ/敗戦の痛み灼かるる道歪む  笑笑うさぎ/ゴジラ岩炎暑吐き出す島燃ゆる  笑笑うさぎ/傷深きサーフボードを晩夏光  笑笑うさぎ/滑らかに夕焼け弾く砂の城  黄色いくじら/夕焼雲TUBE流るる夢の跡  加納ざくろ/「さよならイエスタディ」で始まる夏  加納ざくろ/夏の海握り返された手は嘘  加納ざくろ