写真de俳句の結果発表

【第12回 写真de俳句】《人》

第十二回写真de俳句 人

評価について

本選句欄は、以下のような評価をとっています。

「天」「地」「人」…将来、句集に載せる一句としてキープ。
「並選」…推敲することで「人」以上になる可能性がある句。
「ハシ坊」…ハシ坊くんと一緒に学ぶ。

特に「ハシ坊」の欄では、一句一句にアドバイスを付けております。それらのアドバイスは、初心者から中級者以上まで様々なレベルにわたります。自分の句の評価のみに一喜一憂せず、「ハシ坊」に取り上げられた他者の句の中にこそ、様々な学びがあることを心に留めてください。ここを丁寧に読むことで、学びが十倍になります。

「並選」については、ご自身の力で最後の推敲をしてください。どこかに「人」にランクアップできない理由があります。それを自分の力で見つけ出し、どうすればよいかを考えるそれが最も重要な学びです。

安易に添削を求めるだけでは、地力は身につきません己の頭で考える習慣をつけること。そのためにも「ハシ坊」に掲載される句を我が事として、真摯に読んでいただければと願います。

 

※結果発表欄では添削した形で句を掲載する場合がありますが、「マイ句帳」に収録される句は投稿した段階の句がそのまま保存され、投稿以降の修正や削除は不可となっております。予めご注意願います。

秋空や腰折山はいや遠し  ひでやん/白衣掛く月光のまだ気怠くも  登りびと/ピノキオの鼻の疲れて小鳥来る  登りびと/台風を蹴るイタリアは長靴で  登りびと/蜻蛉の色なきところだけで飛ぶ  野良古/盆東風や吾子のつむじの香の清し  藤田ゆきまち/馬大頭おそれずけつたあおぞらを  藤田ゆきまち/空は青退屈なほど青秋思  斎乃雪/蜻蛉のうち並びたる朝の塀  佐藤儒艮/とんぼうや消化試合の大ファール  多喰身・デラックス/七番アイアン色無き風を捉へけり  石井一草/九円のもやしの原価てふ秋思  石井一草/土葬墓の臭ひのなかを蜻蛉翔ぶ  内藤羊皐/水澄んで湖底を騒ぐ木霊かな  内藤羊皐/問一の(一)は「さわやか」秋に入る  梵庸子/青空の逆数として赤蜻蛉  梵庸子/狐の尾膨らむ二十三夜月  亀田かつおぶし/淋しさに蜻蛉を包む空青し  那須のお漬物/金木犀歩いて五分君の家  那須のお漬物/いとど飛ぶ山荘の風呂窓伝い  那須のお漬物/

どうせ催促の電話だ赤とんぼ  背番号7/彼女いる佐藤の捕邪飛いわし雲  背番号7/コンビニの塩むすび買う秋の吾  背番号7/鹿やその草うまいのかくさいのか  背番号7/長き夜をジージジ卒塔婆プリンター  背番号7/紅葉かつ散り絶交のタイミング  背番号7/風知草「私は人間です」に☑︎  背番号7/島唄の石碑へ風の蜻蛉かな  小池令香/貝塚や蜻蛉の腹に十の節  播磨陽子/明るさよとうすみとんぼの水澄みて  直/耳鳴りや山茱萸の実の酸っぱくて  直/からからと待宵草の種哀し  直/蜻蛉みな風のキリトリ線を知る  クラウド坂の上/大差なりライトにやたら赤蜻蛉  陽光/とんぼ打つブルーシートの溜まり水  比良山/コスモスや絶対なんてあるかしら  はなあかり/盆灯籠たぷとぷ闇の温きこと  佐々木のはら/カーブミラー影と蜻蛉が入れ替わる  あすか風/次はどの岬へ影色の愁思  高橋寅次/ヒマラヤに貝の化石や鳥渡る  円堂 実花/

秋の蝉不定愁訴を飼いならす  沙那夏/ワイパーに赤蜻蛉をり少し待つ  ⑦パパ/傷ついて秋の空気を歩く歩く  新開ちえ/どの墓も濡れてあきつの定まらず  古瀬まさあき/水門の向かふ蜻蜒の迸る  古瀬まさあき/蜂蜜の落ちる速さや秋の声  卯年のふみ/転勤の内示は本社鰯雲  そうり/鬼やんまガラスのビルは二十階  そうり/札幌のデパートで選る兜虫  そうり/紫陽花の花は騙りや閉経す  ぷるうと/むかごこもこもひとつつまんでみっつおつ  ぷるうと/ここも荒地か盗人萩の勢力図  ぷるうと/鈍行や泡立草のすすけゆく  ぷるうと/停電の街を見下ろす天の川  中村すじこ/薄荷咲く仔牛のげっぷは清らか  中村すじこ/校庭は蜻蛉の国となる真昼  眠 睡花/秋高し無能の人と気づきけり  西村小市/とんぼ空を見ているやうで見ていない  江藤すをん/騎士像とライオン像と秋茜  木染湧水/秋晴や小石と草の道つづく  けーい〇/

激論の果て秋天が落ちてくる  けーい〇/秋晴を包みて目薬の刺激  けーい〇/呼び捨てにするなおとうと猫じゃらし  天陽ゆう/炭鉱の町は泡立草ばかり  天陽ゆう/赫々とつまくれなゐの人さらひ  天陽ゆう/蜻蛉の折り目正しく吹かれをり  ありあり/弔ひの列よ蜻蛉の空遠く  ありあり/この階の終点は秋麗の空  ありあり/蜻蛉の長いお腹の柔らかき  佐藤花伎/放課後のゆっくりなこと赤蜻蛉  佐藤花伎/秋暑し第五趾骨折なほ熱し  あすかきょうか/蜻蛉や全部明日やることにする  あみま/針金の絡まるフェンス銀蜻蜻蜓  颯萬/朝礼台朽ちて何かの虫の卵  俊/秋霖やプレハブに凭れるトンボ  俊/機械科は溶接作業アブラゼミ  坂野ひでこ/禁漁の谷を歩けば赤蜻蛉  坂野ひでこ/掃除機が吸い込む千の子蟷螂  坂野ひでこ/初風に透明となる薬指  うからうから/とんぼうのとんがらかつて青い空  胡麻栞/

しつとりと線量放つ秋野かな  星埜黴円/病院のはめ殺し窓赤蜻蛉  星埜黴円/遺失物提げて秋風警察署  ふるてい/秋の蝉剥がし得点板0へ  ふるてい/もみじマーク貼る秋分の日のダンプ  ふるてい/鯖雲の時刻タコグラフに余白  ふるてい/青空につめたき交尾糸蜻蛉  うに子/鶏頭よ太く女々しく生き抜いた  みずきの/赤福のヘラにまとわる残暑かな  砂楽梨/天青し尾根の墓標の鬼やんま  橋本千浪/放課後の石けんネット赤蜻蛉  お天気娘/耳打ちは投票のこと銀やんま  河合郁/文庫読む市電の窓や夕蜻蛉  みづちみわ/半券の二枚かの日の銀やんま  みづちみわ/半額のケバブサンドや赤とんぼ  みづちみわ/淋しさに紐付けられた糸蜻蛉  七瀬ゆきこ/立ち漕ぎの肺胞あおし島の秋  七瀬ゆきこ/秋の平行まじはらぬとは美しき  七瀬ゆきこ/すすむとさがるは似ている秋の風  七瀬ゆきこ/秋祭アニソンばかり鳴るスーパー  七瀬ゆきこ/

吾の指へ移る蜻蛉に試さるる  七瀬ゆきこ/一人用西瓜ノックして返事がない  七瀬ゆきこ/湖の眩しサングラスの昏し  にゃん/浸したる指さき痛し夏の川  にゃん/岩肌をけづれる滝の重さかな  にゃん/寄りくるはたぶんさびしい蜻蛉たち  にゃん/噛まれたる指先あまし鬼やんま  にゃん/鬼やんま壁あるごとくもどりけり  にゃん/赤蜻蛉ならしおはらぬグラウンド  にゃん/玉入れの籠は空っぽ赤蜻蛉  笑笑うさぎ/建設の延期看板立ち蜻蛉  笑笑うさぎ/本堂の高天井へ鬼やんま  キッカワテツヤ/マンホールの蓋に影置く銀やんま  彩汀/ほこりくさき鉄道草の真昼かな  彩汀/秋燕の影見失ふ空まさを  彩汀/解体現場ばばばば赤蜻蛉ぼぼぼぼ  藤 雪陽/東京のみづ甘くなり墨とんぼ  藤 雪陽/色褪せし牛の耳標を赤とんぼ  藤 雪陽/流木とおはぐろとんぼすれ違ふ  藤 雪陽/とんぼうや信濃の風を掴めずに  藤 雪陽/

透かしたる翅に歪みし秋思の陽  熊の谷のまさる/水引震ふまだ風と呼べぬ風  朝月沙都子/吾といふひと塊を初嵐  朝月沙都子/ふくらはぎまで埋づもれて行く花野  ちかひか/軽トラの去りゆく幌や夏木立  ちかひか/秋高し休日にすることが無い  ちかひか/六センチ/二グラムとんぼうは空へ  ちかひか/ビオトープの秋澄む水となりにけり  ちかひか/蜻蛉の水の記憶は羽にあり  花屋英利/秋川よ烏の骸ぴろぴろぴー  夏雲ブン太/園庭の雲まで漕ぐよ秋高し  夏雲ブン太/夕風に臭ふ火口や鬼やんま  泉楽人/とろとろと日の老いてゆく糸とんぼ  泉楽人/吾にとまれとまれとまらぬ赤蜻蛉  めぐみの樹/口開けてプリン待つ母秋深し  不二自然/蜻蛉生る水艸の払いの辺り  はぐれ杤餅/首のまだ曲がる骸の鬼蜻蜻蜓  玉響雷子/死にたての眼はみずみずし鬼蜻蜻蜓  玉響雷子/また休業か黄昏の蜻蛉朔日  ノアノア/投薬をやめて手ぶらの十月へ  ギル/

目薬の出口を睨む鵙日和  ギル/側溝の昏さを増ゆる川蜻蛉  板柿せっか/蜻蛉生るもつともうすき鋼かな  さとけん/空の青からいからいと蜻蛉の子  さとけん/四十年予定地のまま赤とんぼ  小笹いのり/犬はまだうんちしなくて月見草  ひつじ/夏雲につぐむ心はしんしんと  月萩つなぎ/定休日の赤きチョークの文字さやか  安/草の花一生懸命は楽しい  安/フルートのシの♭の澄める空  安/とんぼうは路面電車の速度らし  池之端モルト/進まぬ蜻蛉なら愛せるかもしれない  陶瑶/秋の川どれも他人のやうな石  葵新吾/良夜なり摩天楼よりヘリの影  葵新吾/十六夜の明鏡国語辞典かな  葵新吾/秋灯を汲む毒瓶の翅の脈  仁和田 永/ブラウン管の首相へ鬼ヤンマの頭突き  いかちゃん/父を焼く永さ青空冷まじき  いかちゃん/陽のあたるはうへ追ひたり秋の蝶  深山むらさき/抜歯後の病院食や虫の声  たまつり糸雨/

蜻蛉の万を朽ちゆくスキー場  ぐ/空の青飲みて蜻蛉の加速せり  木ぼこやしき/鬼太郎の目玉ぱつちり涼新た  池内ときこ/雲を掃き終へ背高泡立草  池内ときこ/涼舟湖面の星の増えゆくを  碧西里/蜻蛉の中や伸びゆく骨の音  碧西里/秋蝶のふらふら何も書かない日  ちゃうりん/二日月猫はただしく爪をとぐ  ちゃうりん/虫籠やみづから暮れる伊吹山  まんぷく/古硝子に色なき風の波紋かな  西川由野/とんぼうの性器ほむらを灯すかに  西川由野/秋天の欠片に蟀谷が痛い  平本魚水/静もれる虎舎の水辺秋あかね  岩井月光/羅に雨の香のする僧が来て  南冥/盆の日の些事に追はるる雨の音  南冥/敬老日えんぴつグー持ちの手紙  かのこゆり/声援の高さを飛べり赤蜻蛉  上田美茄冬/かるがると巣に運ばれる蜻蛉かな  丹波らる/赤とんぼ祖母とは十一年話さず  ツナ好/模型の蝶の鑢にこぼれゆく秋思  ツナ好/

蜻蛉の目竜の印の翡翠色  立田鯊夢/秋あかね母にもろうて泣き黒子  紅緒/とんぼうにまぎれて逢ひに行かうかな  渋谷晶/空に罅入れて蜻蛉の気儘なる  あずお玲子/洗濯物干すや交尾のトンボ来る  きみどり/鳩あつめ透析医院前の秋	  きみどり/タリバンの記事汚したる黒葡萄  きみどり/ピザ屋からドローンの群れ秋晴へ  広瀬 康/秋高し揺れる給食配送車  広瀬 康/ビル群の空はジグザグ天高し  三月兎/墓石の蜻蛉と話す空は青  木綿子/収骨の箸たどたどし秋の雨  成実/外へ行く用事が三つ秋日和  角田 球/水音の明るき厨銀やんま  あんみつ/秋茜草に水口探しおり  長谷川ひろし/とんぼう来そらの補色となりてより  青海也緒/あおあおと歌うやま組とんぼ来る  青海也緒/工場の街は静謐盆の花  加藤ゆめこ/牛スジの灰汁の澄みゆく夜長かな  常猫の遊/歩荷行く100キロの荷にアキアカネ  日吉とみ菜/

濁流に震う蜻蛉や空は青  アツヒコ/げんまんは固くて痛い赤とんぼ  山内彩月/5ノットの風パラディソへ銀やんま  山内彩月/重力は空へ蜻蛉は禾の先  山内彩月/秋晴を吸ってトランペットからファ  後藤麻衣子/蜻蛉やふと旧姓で書いている  後藤麻衣子/秋の水に放つガラスペンの碧  後藤麻衣子/羽黒蜻蛉ひかりささやきあふ川面  松山のとまと/作業所の朝の歌なかまの秋気  松山のとまと/秋晴やサイの乳飲む音しずか  松山のとまと/コンビニの跡に仏具屋あかとんぼ  草野ふうこ/