写真de俳句の結果発表

第20回「散歩中の紫陽花」《ハシ坊と学ぼう!③》

ハシ坊

第20回のお題「散歩中の紫陽花」

評価について

本選句欄は、以下のような評価をとっています。

「天」「地」「人」…将来、句集に載せる一句としてキープ。
「並選」…推敲することで「人」以上になる可能性がある句。
「ハシ坊」…ハシ坊くんと一緒に学ぶ。

特に「ハシ坊」の欄では、一句一句にアドバイスを付けております。それらのアドバイスは、初心者から中級者以上まで様々なレベルにわたります。自分の句の評価のみに一喜一憂せず、「ハシ坊」に取り上げられた他者の句の中にこそ、様々な学びがあることを心に留めてください。ここを丁寧に読むことで、学びが十倍になります。

「並選」については、ご自身の力で最後の推敲をしてください。どこかに「人」にランクアップできない理由があります。それを自分の力で見つけ出し、どうすればよいかを考えるそれが最も重要な学びです。

安易に添削を求めるだけでは、地力は身につきません己の頭で考える習慣をつけること。そのためにも「ハシ坊」に掲載される句を我が事として、真摯に読んでいただければと願います。

リュックより紫陽花のぞく翁おり

夢々

夏井いつき先生より
「リュックより紫陽花」と書けば、「のぞく」のは分かります。下五「翁」は、少々古臭いか(苦笑)。
良き

惡の華紫陽花を見て想い出し

中平保志

夏井いつき先生より
「惡の華」と「紫陽花」を取り合わせるのは、果敢な挑戦。後半「~を見て想い出し」は書かなくてよいフレーズです。
関係ないものをぶつけて、詩の火花を飛び散らせるのが、「取り合わせ」という技法の本質。色々試してみましょう。
“ポイント”

暁闇の空映しける紫陽花や

島田雪灯

夏井いつき先生より
「暁闇の空や」と詠嘆して、残りの音数で「紫陽花」を描写しましょう。
良き

紫陽花や華やぎ競ふ道の花

しせき

夏井いつき先生より
「華やぎ競ふ」は、ありがちな擬人化。上五「紫陽花や」と置いて、中七下五には「季語とは関係のない十二音」を取り合わせる、基本の練習から始めましょう。
『夏井いつきの世界一わかりやすい俳句の授業』(PHP研究所)、参考にして下さい。
“ポイント”

紫陽花や葉覆ひて色こんもりと

朱葉

夏井いつき先生より
観察しようとする姿勢はよいのです。ただ、紫陽花の特徴をぼんやりと書いてみた……にとどまっています。さらに細部を観察してみましょう。
“ポイント”

亡き友の書と紫陽花や凛として

沢山葵

夏井いつき先生より
「凜として」は、案外凡人ワード。よく使われます。この言葉に甘えないで、どんな映像が「凜として」と感じさせたのか。その映像を描写する練習から始めましょう。
“参った”

赤門の内にがくある青蛙

瑞陽庵

夏井いつき先生より
「赤門→東大、がく→東大の学と紫陽花の萼、赤門と青蛙・紫陽花の色を掛けてみました。欲張りです(汗)」と作者のコメント。

「がくある」が分かりにくいです。色々と、意味を掛けたんだと思いますが、まずはどんな「青蛙」なのかを、描写する練習から。
“ポイント”

紫陽花の咲く道知らぬ町

明甫

夏井いつき先生より
「紫陽花の咲いているところはないかなと思い、近所を歩いて見ました。なかなか巡り会えず、ちょっと遠出になってしまいました」と作者のコメント。

表現したい内容と、書かれた字面のあいだに、少々隙間があります。書きたかったことは何だったか、整理しなおしてみましょう。
良き

紫のわけあひ土ふむ七変化

やまうらけいこ

夏井いつき先生より
「七変化」は紫陽花の傍題。上五中七の意味が、取りにくいのが問題点。「わけあひ」「ふむ」のは、誰? 何? かを、自問自答してみましょう。
“ポイント”

紫陽花や長靴の音弾みける

水川 海豊

夏井いつき先生より
後半を素直に「長靴の音弾む」と整え、余った音数で「紫陽花」を少しでも描写してみましょう。
「紫陽花は揺れ」「紫陽花は青」「紫陽花に雨」など、言葉のパズルのつもりで、いろいろな言葉を当てはめる練習をしてみましょう。
良き

紫陽花やキラキラ光る路地の雨

康女

夏井いつき先生より
「キラキラ」と「光る」は、情報が重複しています。
良き

命日や四葩鎧で門の脇

深生

夏井いつき先生より
「親の命日に空き家になった実家に足を運ぶと、門の脇に紫陽花が見事に咲いていました。鮮やかだけど固い萼が、鎧を着て家を守っているように見えました」と作者のコメント。

「鎧」が比喩なのか否か、この書き方では分かりにくいですね。
“難しい”

雨楽し紫陽花の葉が手招きす

畑の百日草

夏井いつき先生より
「手招きす」という擬人化に甘えず、その動きを描写する練習をしてみましょう。俳句は筋トレ。俳筋力を鍛える練習です。
良き

紫陽花や祠を染めし水の色

紅絹(もみ)

夏井いつき先生より
「染めし」も、かなりの凡人ワード。この言葉に甘えないで、他の表現がないか、考えてみましょう。
“参った”

待ち遠しいな押し木した紫陽花

虹いろ

夏井いつき先生より
「押木二年目で花芽をつけてくれた紫陽花が愛おしく、どんな色・種類なのか心待ちにしています」と作者のコメント。

「待ち遠しいな」と、自分の思いをそのまま書くのではなく、今の状況を書けばよいのです。
「挿木二年目」は、具体的でよい表現ですよ。(「押し木」ではなく「挿し木」の間違いですね、きっと。春の季語としては「挿木」の表記が一般的です)
“ポイント”

田植では子守りの主役かぶとえび

うしがえる

夏井いつき先生より
「紫陽花は田植どき。田に水が入ると大量のカブトエビが湧いて、子供の興味を惹きつけます」と作者のコメント。

「では」は散文的。コメントにある言葉「田植どき」のほうがよいですね。
良き

パンダ待つ騒めきを聞き七変化

奏美和

夏井いつき先生より
「七変化」よりも、パンダのほうが主役っぽい。もう少し、紫陽花を描写して欲しいところです。「パンダ待つ騒めき」でカットを切り替えて、「~を聞き」を節約し、その三音で「紫陽花」を描写しましょう。
傍題「七変化」よりも、「紫陽花」のほうが映像がくっきりしますよ。
“ポイント”

傘越しの目が合うた途端紫陽花よ

谷川炭酸水

夏井いつき先生より
「傘越しに目の合う」でワンフレーズにして、カットを切り替えて「紫陽花」の映像を作る。「切れ」は有効な技法です。トライしてみて下さい。
“ポイント”

雨上がり真一文字の夏燕

西山永行人

夏井いつき先生より
燕らしいといえば、燕らしいのですが、中七はありがちな表現。もう一工夫ほしいところです。
良き

ででむしの歩みのゴルフ空を見る

しげ尾

夏井いつき先生より
「ででむしの歩みのゴルフ」ですから、ゴルフの上達をカタツムリに喩えているのだと思われます。季語を比喩に使うと、季語としての鮮度は落ちます。再考してみましょう。
“ポイント”