写真de俳句の結果発表

第20回「散歩中の紫陽花」《ハシ坊と学ぼう!⑥》

ハシ坊

第20回のお題「散歩中の紫陽花」

評価について

本選句欄は、以下のような評価をとっています。

「天」「地」「人」…将来、句集に載せる一句としてキープ。
「並選」…推敲することで「人」以上になる可能性がある句。
「ハシ坊」…ハシ坊くんと一緒に学ぶ。

特に「ハシ坊」の欄では、一句一句にアドバイスを付けております。それらのアドバイスは、初心者から中級者以上まで様々なレベルにわたります。自分の句の評価のみに一喜一憂せず、「ハシ坊」に取り上げられた他者の句の中にこそ、様々な学びがあることを心に留めてください。ここを丁寧に読むことで、学びが十倍になります。

「並選」については、ご自身の力で最後の推敲をしてください。どこかに「人」にランクアップできない理由があります。それを自分の力で見つけ出し、どうすればよいかを考えるそれが最も重要な学びです。

安易に添削を求めるだけでは、地力は身につきません己の頭で考える習慣をつけること。そのためにも「ハシ坊」に掲載される句を我が事として、真摯に読んでいただければと願います。

紫陽花の木陰にしゃがみかくれんぼ

あつこ

夏井いつき先生より
「紫陽花」に対して「木陰」という表現に違和感があります。
“良き”

往路だけ目が合う紫陽花ムウとよぶ

沖田護子

夏井いつき先生より
「ムウ」は何だろう? 紫陽花に名前をつけたの? ちょっとそのあたりが分かりにくいなあ。
“難しい”

紫陽花や花弁に宿る赤の女王

哲太豚九

夏井いつき先生より
「全力で走っていないと同じ場所にいられないという、『鏡の国のアリス』に登場する『赤の女王』。アジサイの花弁の色は移りゆくが、中ではそれぞれの色を保とうと全力なのかもしれません」と作者のコメント。

「赤の女王」について知識がないのですが……いずれにしても、中七「宿る」の擬人化が損をしているのではないかと。
“良き”

紫陽花や着物地染めて野点かな

夏井いつき先生より
「や」「かな」と、切れ字が二つあります。感動の焦点がブレるという意味で、嫌われます。
“難しい”

此処彼処ひかる紫陽花お向かいの

閑子

夏井いつき先生より
語順に問題があります。「お向かいの紫陽花~」という語順で整えてみましょう。
“ポイント”

長谷寺を包み込むよな紫陽花が

そうわ

夏井いつき先生より
語順に問題があります。上五を「紫陽花や」として、残りを整えてみましょう。
“良き”

かたつむり大きな葉っぱでかくれんぼ

久楽

夏井いつき先生より
季語「かたつむり」としては、テッパンの類句です。まずは、誰でも考える句を想定して、そこから「どう離れていくか」を考えるのも有効な手立てですよ。
“良き”

移りゆく紫陽花の花山陰に

なおこ

夏井いつき先生より
「紫陽花」と書けば、季語としては、花が咲いていることが前提です。敢えて「咲く」「~の花」と書く場合もありますが、この句の場合は不要ですね。
“ポイント”

ナイターは中止に土砂降りへ走る

ヒマラヤで平謝り

夏井いつき先生より
「へ」でしょうか? その一点のみ、再考願います。
“ポイント”

梅雨空に水の香纏い寄り添いて

大谷 くえ

夏井いつき先生より
何と何が「寄り添いて」いるのか。そこがイマイチ、読み取れません。
“参った”

紫陽花や恋多きよふに思はれて

流依

夏井いつき先生より
「~ように」を歴史的仮名遣いで書くと、「~やうに」となります。語順を一考してみましょう。
“ポイント”

紫陽花を持ち寄る子らの多し日よ

四季

夏井いつき先生より
「多し」は終止形になります。この場合は「多き」と連体形にするべきでしょう。
“良き”

紫陽花や藍をつくして咲きにけり

喜多丘一路

夏井いつき先生より
「や」「けり」と、切れ字が二つあると感動の焦点がブレるということで、嫌われます。どちらか一つに、推敲してみましょう。
“ポイント”

久々の実家にポットの濃紫陽花

内林めぐみ

夏井いつき先生より
「に」を一つ外すだけで、カットが軽く切れますよ。
“ポイント”

あじさい菓懐紙の上に一つ取り

数哩

夏井いつき先生より
お菓子の「あじさい」は、季語としての力が弱くなります。
“参った”

ぼーぼーと朽ちたる家に咲く紫陽花

池田淳子

夏井いつき先生より
「紫陽花」とあれば、基本的に「咲く」は不要です。
“良き”

紫陽花を一輪蒼の蟹星雲

ただ地蔵

夏井いつき先生より
「紫陽花」に対する「一輪」に違和感があります。
“難しい”

水筒の紫陽花揺れて八千歩

笠井あさり

夏井いつき先生より
「一万歩の散歩に出かけた父が、八千歩で帰ってきました。途中で頂いた紫陽花を飲みかけの水筒にいれて」と作者のコメント。

一読「紫陽花や水筒ゆれて八千歩」では? と思ったのですが、水筒に紫陽花を入れて……うーむ、これを十七音にするのは少し難しいかなあ。
“参った”

主なき庭の鈴蘭に雨静か

きのこオムレツ

夏井いつき先生より
「主なき庭」は、よくあるフレーズです。ということは、ここの部分に改善の余地があるよ、ということです。
“ポイント”

紫陽花や在宅ワークの眼を休め

せんのめぐみ

夏井いつき先生より
下五「眼を休め」が説明です。「在宅ワーク」と「紫陽花」を取り合わせるだけで、下五は想像ができるのです。
“良き”