写真de俳句の結果発表

第22回「朝露がビーズのように」《天》

評価について

本選句欄は、以下のような評価をとっています。

「天」「地」「人」…将来、句集に載せる一句としてキープ。
「並選」…推敲することで「人」以上になる可能性がある句。
「ハシ坊」…ハシ坊くんと一緒に学ぶ。

特に「ハシ坊」の欄では、一句一句にアドバイスを付けております。それらのアドバイスは、初心者から中級者以上まで様々なレベルにわたります。自分の句の評価のみに一喜一憂せず、「ハシ坊」に取り上げられた他者の句の中にこそ、様々な学びがあることを心に留めてください。ここを丁寧に読むことで、学びが十倍になります。

「並選」については、ご自身の力で最後の推敲をしてください。どこかに「人」にランクアップできない理由があります。それを自分の力で見つけ出し、どうすればよいかを考えるそれが最も重要な学びです。

安易に添削を求めるだけでは、地力は身につきません己の頭で考える習慣をつけること。そのためにも「ハシ坊」に掲載される句を我が事として、真摯に読んでいただければと願います。

第22回のお題「朝露がビーズのように」

22

 

バス停の蜘蛛が大きい帰省かな

いかちゃん

 

兼題写真の立派な蜘蛛の巣が、一体どこにあるのかと考え始めたのですね。そういえば「バス停」で見たことがあるな、あれは「帰省」した時のことだなと、自身の体験の中から生まれた句だと仮定してみましょう。

「蜘蛛」もいたし「帰省」の時だったしと、事実を書けば季重なりになってしまう。そこで、俳句にすることを躊躇する人もいるはずです。が、季語の強弱をはっきりとつければ、何の問題もないこと。体験は体験として、率直に書いてよいのです。

バス停に大きな蜘蛛がいるのです。巣を張ろうとしているのかもしれません。蜘蛛に興味のある人は、しげしげと眺めるでしょう。俳人であれば、さっそく句帳を取り出すに違いありません。

蜘蛛がキライな人は、田舎に帰るのはいいんだけど生き物は苦手……なんて呟いているかもしれません。

「バス停の蜘蛛」との出会いは「帰省」の実感。「蜘蛛」に対する好悪の想像によって、「帰省」に対する心情にも揺れ幅がありますね。そこがこの作品の奥行きにもなってきます。

つまり、この句の主役となるべき季語は「帰省」だということです。「蜘蛛が」の助詞「が」も、そのニュアンスをきちんと伝えるための的確な選択であるといえます。

前回、今回と、季重なりの句を「天」に推しましたが、それを強く勧めているわけではありません。本サイトでも「敢えて季重なりにしました」という投句を時折目にしますが、そのほとんどは技術不足。もう少し俳筋力を身につけましょうと言わざるを得ません。コツコツと、本物の力をつけていきましょう。

“夏井いつき”