写真de俳句の結果発表

第27回のお題「凍てつく大河」《ハシ坊と学ぼう!⑦》

ハシ坊

第27回のお題「凍てつく大河」

評価について

本選句欄は、以下のような評価をとっています。

「天」「地」「人」…将来、句集に載せる一句としてキープ。
「並選」…推敲することで「人」以上になる可能性がある句。
「ハシ坊」…ハシ坊くんと一緒に学ぶ。

特に「ハシ坊」の欄では、一句一句にアドバイスを付けております。それらのアドバイスは、初心者から中級者以上まで様々なレベルにわたります。自分の句の評価のみに一喜一憂せず、「ハシ坊」に取り上げられた他者の句の中にこそ、様々な学びがあることを心に留めてください。ここを丁寧に読むことで、学びが十倍になります。

「並選」については、ご自身の力で最後の推敲をしてください。どこかに「人」にランクアップできない理由があります。それを自分の力で見つけ出し、どうすればよいかを考えるそれが最も重要な学びです。

安易に添削を求めるだけでは、地力は身につきません己の頭で考える習慣をつけること。そのためにも「ハシ坊」に掲載される句を我が事として、真摯に読んでいただければと願います。

凍る河長き影と渡りをり

あなうさぎ

大河凍つ波は波の形して

あなうさぎ

夏井いつき先生より
二句ともに素材はよいのです。
中七が、中六になっている点のみ、推敲しましょう。すぐに人選にいけますよ。
“とてもいい

シベリアに立っている四十路阪神忌

きたくま

校庭の雪像や順に子吐き出す

きたくま

夏井いつき先生より
二句ともに、中七の韻律がもたついています。
ここをあと一工夫。
“ポイント”

懐手指輪は外すつもりです

咲山ちなつ

鐘凍つる予後は不良と告げる役

咲山ちなつ

夏井いつき先生より
どちらも、中七下五のフレーズはよいです。
さらに佳き季語との出会いがあれば、どちらもすぐに「人」選に生まれ変わります。つまり、季語が動くというケースです。
“とてもいい

凍む山を背に配線の命綱

雪女

何得んと凍む川に立つ影法師

雪女

夏井いつき先生より
「凍む」は「凍みる」の文語。マ行上二段活用です。
「山」「川」に接続するには、「凍むる山」「凍むる川」となります。
“参った”

雪の河吹き上げる風赤い鼻

瞳杏(どうあん)

凍る河押し寄せる雲耳塞ぐ

瞳杏(どうあん)

夏井いつき先生より
(一句目)上五中七下五が、ブチブチと切れています。語順を変えて〈鼻赤し風吹き上ぐる雪の河〉とすると、調べがよくなります。さらに、上五を色々工夫すると、ワンランクアップですね。
(二句目)こちらも、語順を変えて、調べを工夫してみましょう。
“ポイント”

上下無し白一面に霧氷舞う

葉月緑正

氷河に立つ上下求めて仁王立ち

葉月緑正

夏井いつき先生より
二句ともにですが、「上下無し」「上下求めて」が表現として分かりにくいかと。さて、どうする?
“ポイント”

凍つ川は魚眠らせて動かざる

葉山さくら

凍つ河の凍てつく空を仰ぎけり

葉山さくら

夏井いつき先生より
二句ともに、「凍つ川」「凍つ河」は、「凍つる」と連体形になります。
別の手で、「凍て川」「凍て河」という書き方も、あるにはあります。
良き