写真de俳句の結果発表

第39回「松山の路面電車」《並》②

第39回のお題「松山の路面電車」

評価について

本選句欄は、以下のような評価をとっています。

「天」「地」「人」…将来、句集に載せる一句としてキープ。
「並選」…推敲することで「人」以上になる可能性がある句。
「ハシ坊」…ハシ坊くんと一緒に学ぶ。

特に「ハシ坊」の欄では、一句一句にアドバイスを付けております。それらのアドバイスは、初心者から中級者以上まで様々なレベルにわたります。自分の句の評価のみに一喜一憂せず、「ハシ坊」に取り上げられた他者の句の中にこそ、様々な学びがあることを心に留めてください。ここを丁寧に読むことで、学びが十倍になります。

「並選」については、ご自身の力で最後の推敲をしてください。どこかに「人」にランクアップできない理由があります。それを自分の力で見つけ出し、どうすればよいかを考えるそれが最も重要な学びです。

安易に添削を求めるだけでは、地力は身につきません己の頭で考える習慣をつけること。そのためにも「ハシ坊」に掲載される句を我が事として、真摯に読んでいただければと願います。

 

※結果発表欄では添削した形で句を掲載する場合がありますが、「マイ句帳」に収録される句は投稿した段階の句がそのまま保存され、投稿以降の修正や削除は不可となっております。予めご注意願います。

【第39回 写真de俳句】《並②》

  • 福袋明かし笑顔で待つ市電
    花南天あん
  • うららかや市電の揺れの初デート
    菩華
  • 秋うらら笑顔の市電運転手
    菩華
  • 息白きジョギング路面電車過ぐ
    渡辺鬼
  • 春近し路電で覚ゆ英単語
    摩耶
  • 初出勤や運賃改定小銭足す
    よし乃
  • 遠足の体験乗車は二駅
    よし乃
  • 花の頃路面電車で生家探し
    旅路
  • 園児らの「トラム、バイバイ」黄葉晴れ
    中村 海
  • 銀杏落葉チンチン電車が来た
    龍の珠
  • 母と乗りし玉電伯母へのお歳暮
    龍の珠
  • 電停の段差比叡颪はまだ
    かおりんご
  • のどけしや渋滞のなか電車ゆく
    ハマの通翁
  • 小春日の名所めぐりや「チンチン」と
    ハマの通翁
  • 着膨れて耐ふるラッシュの車内黙
    前田冬水
  • 息白し市電待つ朝鐘の音
    ハイビスカス
  • がたんごとん通学の春懐かし
    ごとう真樹
  • 街に出る席を譲らる喜寿の春
    ごとう真樹
  • 燕の子道後の駅の桁みどり
    立田鯊夢
  • 待ち人を探してをりぬ冬の蝶
    紅緒
  • 小春日や口とがらせて一限目
    紅緒
  • ローカル線ドア開ける手に冬林檎
    ひろ笑い
  • 錆多き車両異国へ冬の月
    ひろ笑い
  • 電車待つ年末ジャンボの前で待つ
    エフ
  • 手袋や都電と併走ベルをチリン
    伊藤節子
  • 坊つちやんの運休チラシ漱石忌
    澄海まさと
  • 連れられて鍋が目当ての墓参り
    澄海まさと
  • 霜の声曇る車窓の隅にLOVE
    無何有
  • 八百万百鬼夜行や冬の辻
    みや
  • 冬うらら人のぬくもり路面電車
    みや
  • 朝刊を持ちて松過の電停
    沖原イヲ
  • 秋桜母と市電で天満屋へ
    宇佐
  • 『古事記』手に路面電車で初詣
    宇佐
  • 糊強の運転席に淑気満つ
    みのん
  • 次こそはみかん電車と初写真
    みのん
  • 降車ベル次は秋の子規館です
    ぴん童子
  • 伊予とんぼ路面電車を引率す
    ぴん童子
  • お土産はICカード冬麗
    野井みこ
  • 厚着の子でんしゃきたきたタツクテーン
    とり
  • 初時雨一両だけの電車来る
    とり
  • 白雨来よかの球児らのハレの日に
    ま猿
  • 伊予鉄や親も見てゐるはずの月
    ま猿
  • 冬晴や固く乾きし市電来る
    釜眞手打ち蕎麦
  • 電停に高低並ぶマスクかな
    釜眞手打ち蕎麦
  • 宝くじ売り場の影が春隣
    若宮 鈴音
  • 婆ちゃんと伊予のさざ波冬茜
    若宮 鈴音
  • モハ2202巡り巡りて岐阜の秋
    蒲公英
  • 美濃へ移設路電の余生山粧ふ
    蒲公英
  • 乗車客酔って訛って寒雀
    とぜん
  • 路面電車怒りの警笛冬の暮
    とぜん
  • 薔薇紅し路面電車のマリアッチ
    九月だんご
  • 空高し目指すは金門橋の赤
    九月だんご
  • 短日のビルの屋上稲荷宮
    かりん
  • 電停うら吹きだまりの雪にマスク
    謙久
  • 街中に電車の描く冬模様
    扇百合子
  • 去年今年廃線の道新たなり
    扇百合子
  • 口ばっかりと拗ねる睫毛に伊予の雪
    中山白蘭
  • 年の瀬や坊っちゃん列車の泣く赤子
    中山白蘭
  • 夕立晴路面電車はなだらかに
    神木美砂
  • 朝焼の干物屋の脇路面電車
    神木美砂
  • 小春日の坊っちゃん電車でタイムリープ
    津野田コウ
  • 伊予鉄で子規巡る初冬かな
    津野田コウ
  • まひるまのひかりの枯野子ら点に
    豆くじら
  • 一人乗りごとりと発車夕時雨
    未来子
  • 年惜しむ唱和万分の一は我
    秋結
  • ぼろ市へワクワク便の世田谷線
    渡辺 あつし
  • 冬うらら一日券の都電旅
    渡辺 あつし
  • 冬の虹路面電車に乗り損ね
    咲弥あさ奏
  • 道後湯も入選も未だ冬日和
    しまちゃん
  • ロープウェイ切符売場で霧ですよ
    清波
  • 「こなぁゆき」と唄う初雪の車窓
    ひょんすけ
  • 冬うらら城のガイドは八十歳
    典典
  • もののけも電車で一句と歳の空
    とも
  • 懐炉片手に路面電車のふたり
    とも
  • 銀婚を道後に祝う十二月
    すず
  • 坊ちゃんのカラクリを待つ冬日かな
    すず
  • 鈴の鳴る玉川通り冬うらら
    三崎扁舟
  • 玉電前面窓ねんねこのゆび
    三崎扁舟
  • 伊予言葉の流るる市電インバネス
    矢口知
  • 乗初の市電線路のまた光る
    矢口知
  • 寒稽古待ち合わせ場所は電停
    よだ きん坊
  • 寒雀早く飛べ飛べ電停へ
    よだ きん坊
  • 人溢るチンチン電車初社
    沙魚 とと
  • 旅の秋自販機の顔子規の顔
    沙魚 とと
  • 遠足や楽しみを乗せチンチンチン
    柿野宮
  • 路面電車追いかけて漕ぐ小春の日
    ほうちゃん
  • 路面電車知らぬ街ゆく冬薔薇
    ほうちゃん
  • 飛び乗った彼の白息触れる肩
    無花果邪無
  • 小春日を背に乗る電車みかん色
    仲間英与
  • チンチン電車の父の春日遅々
    かねすえ
  • うきわ枕にチンチン電車の揺れ
    かねすえ
  • 短日を路面電車のみかん色
    実相院爽花
  • 冬晴や路面電車に笠みっつ
    実相院爽花
  • 小春空熊電線路沿い芝生
    前世ニャン子
  • 路面電車は黄街路樹銀杏散る
    前世ニャン子
  • 吊革の手の血筋濃し憂国忌
    帝菜
  • 湯冷めせぬため大街道行き乗車
    甘蕉
  • ハイカラ號の切符のやりとり小六月
    ちょきさん
  • 寒月やササラ電車の朝仕事
    ちょきさん
  • 小春日や電車見下ろす松山城
    鈴花
  • 家中を手繋ぎ電車冬うらら
    鈴花
  • 笑み溢る路面電車や冬の旅
    閑か
  • 極月の路面電車の運ぶ夢
    閑か
  • 石手寺へお砂撫でをし冬ぬくし
    縦縞の烏瓜
  • ラッピング電車の通る初時雨
    縦縞の烏瓜
  • うそ寒や富士見えぬ日の新幹線
    超凡
  • 貸し切りのおでん電車や冬夕焼け
    揣摩文文
  • 下りゆく車窓の旅や山粧ふ
    揣摩文文
  • くるりんの回るIYO鉄秋麗を
    としなり
  • 銀杏枯る電柱間を五、六本
    道小春
  • 路面電車肩に綿虫乗せた客
    藍創千悠子
  • 合格を乗せる電車か春の空
    酒井彩香
  • 酔い止めを求め嵐の小豆島
    詠華
  • 流れる灯バスの窓には冬の暮
    玄彩
  • 朝ドラと桶ストラの朝寝かな
    osa
  • 冬帝にささら電車の白煙
    嬉々
  • 市電から溢れ出る赤日本シリーズ
    藤原朱夏
  • 路電乗り十三日の初詣
    藤原朱夏
  • 慈愛満つ聖母の紅き露地蜜柑
    源五郎
  • 伊予の街一駅歩く湯ざめかな
    青い雀
  • 八月の高校生の俳都かな
    一石渓流
  • 冬の蚊のちんちん電車にしがみつき
    じゅあ
  • 寒燈やレール無限を錯覚す
    カムヤ イワヒコ
  • 秋の夜の無人電車の室内灯
    風子
  • 木枯らしや住田の温泉ハングル語
    風子
  • 冬の朝自転車滑る市電レール
    芳野まさこ
  • 伊予の名の紙・染・万歳・蝋・みかん
    ポメラニアン
  • 温泉を出れば町にあふれる伊予みかん
    ポメラニアン
  • 「デンシャ」てふ小箱さすらふ冬田かな
    山河穂香
  • ぼろ市へ賑わい運ぶトラムかな
    山河穂香
  • 冬晴れの京都市電は松山に
    ひがみ ひなた
  • 手袋のまま坊っちゃん団子食う
    えとうま448
  • オリオンや道後温泉行く親子
    えとうま448
  • 改札の中のカフエの十二月
    里すみか
  • 運転手不足のバスや牡蠣剥く女
    西村ゑな女
  • 流感へ流す茶碗蒸し静か
    鶴子
  • 冬間近路面の線路一歩で跨ぐ
    鶴子
  • 冬晴れや家に来るかと箸置きに
    桜上比呂
  • 異国語の行き交う電車原爆忌
    しゅな
  • 出不精の白髪頭のクリスマス
    べびぽん
  • 居眠りにジュリー登場冬の虹
    べびぽん
  • 桜咲く車内は新品スーツの香
    平松久美子
  • 初バイト初乗り春の目蒲線
    平松久美子
  • ラストラン消灯の電車オリオンへ
    星 秋名子
  • 着ぶくれのぎゅうぎゅう電車風は這う
    星 秋名子
  • 並走の路面電車と冬の虹
    里春
  • ピッピ鳴る靴の乗り来る春の駅
    里春
  • 小春日や「にゃー」と隣家に地域猫
    森子
  • 天狗電車今日は紅葉目指しけり
    うらん
  • 紅葉をめがけがたごと天狗電車
    うらん
  • 木彫の狼据える冷たさよ
    飛燕
  • 襟巻きを外し駆け込む山手線
    鈴聖湖
  • 海沿いの車窓は雪に霞みをり
    鈴聖湖
  • 教え子の句集水仙開く風
    すみっこ忘牛
  • 蒸し饅頭根津より飛んで来る佛
    すみっこ忘牛
  • クリスマス坊っちゃん列車色の服
    木守柿とど
  • 芋虫めく市電電飾の聖夜
    琳青
  • 桑港の戸の無き市電風薫る
    琳青
  • 赤々と松山電車暖炉にも
    ピタ子
  • 転回する坊っちゃん列車懐手
    丸山歩
  • 三寒やPiTaPa使えぬ路面電車
    丸山歩
  • 始発待つ神が粉雪振りかけた
    青翠
  • 「久しぶり」路面電車に揺れる春
    三尺 玉子
  • 冬晴れの駅へ貴女に会う決意
    三尺 玉子
  • 人生初メトロ九段下は爽籟
    西城 典子
  • 旅先の路面電車や冬ぬくし
    西城 典子
  • 渋滞にとける市電のあいすくりん
    紙威楓
  • 行け電車牡丹鍋まで十五分
    海神瑠珂
  • 冬帝も密かに乗りし電車かな
    海神瑠珂
  • 坊ちゃん列車おめかししての初写真
    山水仙
  • 定宿の鍋にじやこ天きりたんぽ
    あさのとびら
  • 春を待つライトレールを君と待つ
    夕佳莉
  • 終電のライト空には冬北斗
    あゆママ
  • 冬の虹くぐりて路面電車かな
    白祐
  • 君が乗るぼっちゃん列車がかくす月
    白祐
  • 冬至の湯母と娘の伊予の旅
    メグ
  • 冬雲雀終点駅は坊ちゃん湯
    メグ
  • 過疎の町一両列車冬麗ら
    牡丹
  • 五七五と路面電車に柿持って
    さかたちえこ
  • 寒鯉のやうなる廃路面電車
    君君
  • 宝くじ削る子どもに和む盆
    音羽ナイル
  • 錦秋やインクラインのブライダル
    音羽ナイル
  • 電車好き不登校児に降る紅葉
    せいか
  • 新月やガタンゴトンの恋心
    せいか
  • 飛び乗るは紳士か乙女か春の軌道
    姉萌子
  • 子供の日ちんちん電車を読み聞かせ
    姉萌子
  • 冬晴れや上りホームの友の笑み
    はなもも
  • 冬うらら路面電車の三姉妹
    鷹見沢 幸
  • 春愁や車窓の君を遠くから
    スマイリィ
  • 冬夕焼通りの電車影つれて
    トコトコ
  • 小春日やシートの揺らぎ目の重く
    トコトコ
  • パンジーや母の掌をひき美容院
    ビオラ
  • 譲られし電車の座席冬温し
    くぅ
  • 遍路道逸れて尋ねる一草庵
    人生の空から
  • 秋うらら坊っちゃん列車は道後へと
    人生の空から
  • 秋の暮れ君住む街を彷徨い来
    かよいみち
  • 揺れる電車よオレンジの秋夕焼け
    かよいみち
  • アンミカの連射砲やササラ電車
    水蜜桃
  • 火山灰巻き上げ市電は春陽へ
    水蜜桃