写真de俳句の結果発表

第39回「松山の路面電車」《並》③

第39回のお題「松山の路面電車」

評価について

本選句欄は、以下のような評価をとっています。

「天」「地」「人」…将来、句集に載せる一句としてキープ。
「並選」…推敲することで「人」以上になる可能性がある句。
「ハシ坊」…ハシ坊くんと一緒に学ぶ。

特に「ハシ坊」の欄では、一句一句にアドバイスを付けております。それらのアドバイスは、初心者から中級者以上まで様々なレベルにわたります。自分の句の評価のみに一喜一憂せず、「ハシ坊」に取り上げられた他者の句の中にこそ、様々な学びがあることを心に留めてください。ここを丁寧に読むことで、学びが十倍になります。

「並選」については、ご自身の力で最後の推敲をしてください。どこかに「人」にランクアップできない理由があります。それを自分の力で見つけ出し、どうすればよいかを考えるそれが最も重要な学びです。

安易に添削を求めるだけでは、地力は身につきません己の頭で考える習慣をつけること。そのためにも「ハシ坊」に掲載される句を我が事として、真摯に読んでいただければと願います。

 

※結果発表欄では添削した形で句を掲載する場合がありますが、「マイ句帳」に収録される句は投稿した段階の句がそのまま保存され、投稿以降の修正や削除は不可となっております。予めご注意願います。

【第39回 写真de俳句】《並③》

  • 四月や漱石もてなす松山鮓
    山陽道芸樹
  • 吊り革は蜜柑の飾り冬うらら
    山陽道芸樹
  • 坊っちゃんの電車復活知る小春
    瀬戸一歩
  • 子を残し病院前のバス停寒し
    成実
  • 路面電車のレール跨ぐや冬の雨
    ひこ老人
  • 声々の軽き市電や春近し
    ひこ老人
  • 足湯にも蜜柑の浮かぶ道後かな
    天音
  • 路面電車追ふ祖父の軽トラ畳替
    素々 なゆな
  • 黄金の字は「帝国車両」冬夕焼
    素々 なゆな
  • 北風や「おでん」車行く交差点
    希子
  • 来し方をかえり見ぬ背虎落笛
    ゆきまま
  • 冬麗かたたんたんの音ばかり
    ゆきまま
  • ぼろ市や降車の人を吸い取りて
    実日子
  • 治癒の夜路面電車の軌道冴ゆ
    実日子
  • 冬の日へカーブ吊革シンクロす
    安田伝助
  • 伊予鉄道リフトステッキ初桜
    山姥和
  • 友の遺影おそい遅いと山笑う
    オニチョロ
  • 木枯らしや車両ふた手に裾の波
    オニチョロ
  • 両替機の吐き出す憂え十二月
    苫野とまや
  • オレンジ色松山市電初景色
    滝澤 朱夏
  • 春めきて五番電車のみかん色
    池上 胤臣
  • 桜さき吾子の部屋や電停前
    猫日和
  • 迫る江ノ電サザン掻き消して秋
    春花みよし
  • 吾と汝と其と…車座に風光る風
    春花みよし
  • 山田屋へ急げ伊予鉄冬の旅
    姫椿
  • 時雨るゝや秋山像に祖父重ね
    姫椿
  • 路面電車影ゆうらりと秋の午後
    松雪柳
  • 焼芋の匂ひほつこりチンチン電車
    松雪柳
  • 降り立てばダイヤモンドダストかな
    石澤双
  • のそりそり路面電車も霜焼けか
    駿酔
  • 寒波来る路面電車は空気のみ
    駿酔
  • 柿供え路面電車の投句箱
    輝虎
  • 忘年の集いの電車道後へと
    嘉夫
  • 子規の忌にあんパン五つ五番街
    みのわっこ
  • 師走空チンチンごとり通り過ぐ
    みのわっこ
  • 作務衣の雲水参道のりんどう
    紺太
  • 寒菊やガソリン車追う幼き日
    紺太
  • 今朝の冬庚申塚から地蔵尊
    嫌夏
  • 千登世橋都電とともに冬来たり
    嫌夏
  • 市電たてよこ揺れて師走の人均す
    空はる
  • 塾通い電車道沿い青みかん
    空はる
  • 終電のホームまばらに聖夜かな
    おやすみかづき
  • 寒月や踊り子の目は中吊りに
    全速
  • 冬の蝶列車の鉄の重きごと
    全速
  • 初旅のお使い包み市電待つ
    深幽
  • 小春日に手を翳し見る時刻表
    陣十 大
  • 初旅は松山子規さんへ会いに行く
    さおきち
  • だんだんの蜜柑畑へ青き風
    さおきち
  • キシキシとレールを曲がる伊予の秋
    電脳庵
  • 吊り革にミカン星人伊予の冬
    電脳庵
  • 小春日や市電のカーブまろやかに
    リコピン
  • 市電の窓きれい紅葉さんさんと
    リコピン
  • 道後路にわらべうためき残る虫
    如月頭花
  • ハンドル隣に電停道凍る
    あいいろ小紋
  • 寒の雨路面電車ぬるり黄色
    あいいろ小紋
  • 師走かな市電は街のコンダクター
    卓鐘
  • 故郷の間引かれし空十二月
    卓鐘
  • 石畳のレール光るクリスマス
    米美
  • 聖樹の灯りゆうるりと引く市電
    せんのめぐみ
  • 足早と待ち人と着ぶくれと市電
    せんのめぐみ
  • 秋晴れやチンチン電車きっぷ切り
    きのこオムレツ
  • キンとインバータ音名残の空へ
    すかーてぃっしゅ
  • 冬一番電線のぴゅうと鳴く
    すかーてぃっしゅ
  • 「坊っちゃん」に車窓の光秋深し
    彩明
  • 年暮るるあのデパートが閉店す
    風かをる
  • サンタ来る路面電車に乗つて来る
    風かをる
  • 冬冴えのレールを弾く旅の人
    笠井あさと
  • 列半ば斜めに消ゆる冬夕焼
    笠井あさと
  • 湯祈祷やヨヨイノヨイの野球拳
    どこにでもいる田中
  • 停車場に聖夜のスマホまた灯り
    さら紗
  • 富士見坂くだる車窓は雪の富士
    水間澱凡
  • 冬月の鉄橋高く降る光
    土取
  • 雪夜の市電タイムスリップへ舵
    ただ地蔵
  • 足温む「坊ちゃん列車」待ちつ談
    ただ地蔵
  • 空海の一歩一歩重し瀬戸の海
    池田淳子
  • 松山は歓喜最高青田風
    加賀屋斗的
  • 松山の青田をぬけて楽屋入り
    加賀屋斗的
  • 零れ桜チンドンにも路電にも
    美月 舞桜
  • 霙雪押し出し路電ガタゴトと
    美月 舞桜
  • 涙揺る寒夜の電車ゆるるたび
    野々山ふう
  • 冬ぬくし電停の子ら賑やかよ
    数哩
  • 冬日さしつり革握り眠気かな
    数哩
  • 秋晴れや路面電車に母と乗り
    音舞台
  • 秋空にチンチン電車一人旅
    音舞台
  • 吊り革に二人の手見ゆ聖夜かな
    ゆきのこ
  • 薔薇市へ都電デビューの誕生日
    ゆきのこ
  • チンチン発車オーライ入社式よし
    南風
  • 初富士や電車窓枠覗く顔
    丸山和泉
  • 五月雨や君と一日乗車券
    花星壱和
  • 春風の信号路面電車停まる
    西 山歩
  • 春向かう電車一律運賃で
    西 山歩
  • 薫風や花電車の走る街
    風音
  • 路面電車ぐるり湯冷めの一句かな
    喜多丘一路
  • 冬めくや吊り掛け音の吹き上げて
    喜多丘一路
  • 銀杏黄葉バス待ち人に降り注ぐ
    啓太郎
  • 鍋焼きはバスで二つ目腹が鳴る
    啓太郎
  • 月行きのホームのふたり秋の雪
    村瀬ふみや
  • 冬晴や電車が交差点曲がる
    すいかの種
  • あかあかと満員電車除夜詣
    けら
  • 路面電車に福笹の音重なりて
    橋本こはく
  • 汽笛に園児の歓声空高し
    玲花
  • 夏山へボックス席のセブンブリッジ
    玲花
  • 白髪や今朝のトラムに白き雪
    むい美縁
  • 停留所降りたら北風(ならい)に夕げの香
    出羽泉まっくす
  • 冬空や迫る軒先荒川線
    出羽泉まっくす
  • 始発駅教科書を読む新教師
    なみこまち
  • おでん車は師走の街を悠々と
    ルージュ
  • あの頃はチンチン電車伊勢参り
    四季
  • 年の瀬のチンチン電車懐かしむ
    四季
  • 「ほーよほーよ」の行き交う車内伊予ぬくし
    世子
  • 客二人都電の車窓冬薔薇
    日吉とみ菜
  • 路面電車ゆっくり登る春の月
    桂月
  • 冬の星ササラ電車の初出動
    桂月
  • 冬すみれ面影橋にひそやかに
    にとべ悠月
  • 市電待つ頭上道後の冬茜
    原島ちび助
  • 俳都松山の椿よ伊月庵
    原島ちび助
  • 秋高し坊っちゃん列車で城巡り
    くちなし
  • 大カーブ軋む電車や枯葉飛ぶ
    くちなし
  • 二両目のいつもの席に冬の君
    木村あずま
  • 電車の席譲る子は赤きマフラー
    木村あずま
  • 汽車煙冬SLの試運転
    森野 羊
  • 行先標は道後温泉冬惜しむ
    つるぎ
  • スローライフ路面電車に冬日差
    海泡
  • 若振ってホットラテ持ち乗る市電
    風輝
  • ササラ電車かまた一つ歳とるなぁ
    風輝
  • 懐炉背に地図睨めっこ砥部の里
    団塊のユキコ
  • 花電車父母の手ぎゅっと星月夜
    団塊のユキコ
  • 熊手持ち晴れ着姿で伊予鉄へ
    来冬 邦子
  • 伊予鉄の窓にサンタの落書きす
    来冬 邦子
  • 置き去りの手拭の湯気初電車
    みなし栗
  • うらなりの唐茄子マドンナは悪女
    みなし栗
  • やっと乗れて顔ほどけたり寒夕焼
    永華
  • 蜜柑あげましょ宇宙旅行の路線図と
    ミンコフスキー
  • 古湯古城子規漱石も聖夜かな
    ミンコフスキー
  • ぬいぐるみじゃない!違うよサンタさん
    まりも
  • 春告ぐる道後行き車内放送
    アツヒコ
  • 行く先の答えは出たり除夜の鐘
    おさむし
  • だいだいのチンチン電車や冬日差
    おさむし
  • すれ違う車窓と車窓小夜時雨
    青井晴空
  • 春寒や団子横から齧る男
    牧野冴
  • 冬夕焼はしる走るよツアー客
    はね花
  • 尻温し車体揺られて日向ぼこ
    はね花
  • 冷たしや坊っちゃん列車待つカメラ
    望月美和
  • 手袋の小さき手えいと降車ボタン
    望月美和
  • 乗り物に乗れぬ病よ冬の雲
    林としまる
  • 北風やチンチン電車は隣り駅
    米はぬる
  • 電車待つコロッケ一つ冬温し
    米はぬる
  • 夕焼けに消えゆく路面電車かな
    桜貝
  • 甘えん坊の子が市電乗る落花
    千暁
  • 夕しぐれ通りの名残す停車場
    頓狂
  • スイッチバック黒玉子買ふ紅葉狩り
    和み
  • 年新たトラムの奥のアドバルーン
    光太郎
  • 千歳飴路面電車で舟を漕ぐ
    みよこ
  • 湯けむりに洗ふ軽便漱石忌
    高山佳風
  • 日脚伸ぶ(ひあしのぶ)市電ガタガタ父母遥か
  • 新盆や荒川線で亡き母と
  • ピンポーン降車ボタンの音も冷ゆ
    星瞳花
  • 小春日やぶらり伊予鉄みかん色
    星瞳花
  • 子熊来て母の匂ひを乞ふ線路
    十月小萩
  • 伊予鉄は君のコートの柑子色
    西田武
  • 車窓は冬麗まなこはめまぐるし
    龍酪
  • 待つに季はあらず敷居に去年今年
    龍酪
  • 秋の空坊っちゃん時計のハ長調
    花はな
  • 路面電車直角に曲がりて冬
    花はな
  • 秋晴れの参拝の道遥かかな
    智幸子
  • 懐かしのチンチン電車冬隣
    智幸子
  • 着ぶくれの朝すし詰めの快速
    石川潤子
  • 白息やあの車掌乗る市電待つ
    瀬央ありさ
  • 飛び跳ねて電車待つ子に花吹雪
    久楽
  • 電車道トボトボ歩けば明けの月
    久楽
  • 冬着して松山トラム一周と
    そうわ
  • 城見上ぐ坊っちゃん電車冬の旅
    そうわ
  • 鯛焼の尻尾右手に飛び乗って
    あおい結月
  • 冬虹よ乗るはずのない電車待つ
    あおい結月
  • 乗り過ごし独りのホーム寒昴
    水無月
  • 坊ちゃんのばさつと廻すインバネス
    mayu
  • ハイカラさん乳母日傘の人力車
    mayu
  • 小春日や路面電車のまた停まり
    梅野めい
  • 吊り革に球児の眠り冬うらら
  • 北風や電車待つ背に塾かばん
    しろぴー
  • 秋風や席譲られし五十代
    しろぴー
  • 網棚に措く片恋や三月尽
    唯野音景楽(ゆいのおけら
  • 冬の日のトラム一人になりたいの
    東ゆみの
  • 冬夕焼東は地球影見え
    西 メグル
  • ガタゴトと軌道跨ぎてタクシー暮
    富永三紀
  • 硬券を記念に貰ひ冬林檎
    富永三紀
  • るるるっる路面おでんしゃ年忘れ
    にも
  • 初春や市電のめぐる城下町
    にも
  • 都電は黄十一月の親子の来
    植木彩由
  • 園児らとサンタクロース乗る市電
    中村あつこ
  • 終戦日車窓の家並み様変わり
    中村あつこ
  • 雪時雨ブルーシートに揺れる君
    理孝
  • 伊予鉄の夜君が剥く蜜柑の香
    理孝
  • 緑青の軋む都電や花薔薇
    欅山四十八景
  • 雪虫や市電飛び乗り袖へ息
    蕃茄
  • 凍雪や下る都電と不協和音
    蕃茄
  • コート新し駅のいつもの男も吾も
    理恵にゃん
  • 初旅や駅はあっちと紅い爪
    理恵にゃん
  • 枯葉手に子は待つドラえもん電車
    しいか
  • トーマスの来ない線路に赤まんま
    骨のほーの