写真de俳句の結果発表

第39回「松山の路面電車」《並》④

第39回のお題「松山の路面電車」

評価について

本選句欄は、以下のような評価をとっています。

「天」「地」「人」…将来、句集に載せる一句としてキープ。
「並選」…推敲することで「人」以上になる可能性がある句。
「ハシ坊」…ハシ坊くんと一緒に学ぶ。

特に「ハシ坊」の欄では、一句一句にアドバイスを付けております。それらのアドバイスは、初心者から中級者以上まで様々なレベルにわたります。自分の句の評価のみに一喜一憂せず、「ハシ坊」に取り上げられた他者の句の中にこそ、様々な学びがあることを心に留めてください。ここを丁寧に読むことで、学びが十倍になります。

「並選」については、ご自身の力で最後の推敲をしてください。どこかに「人」にランクアップできない理由があります。それを自分の力で見つけ出し、どうすればよいかを考えるそれが最も重要な学びです。

安易に添削を求めるだけでは、地力は身につきません己の頭で考える習慣をつけること。そのためにも「ハシ坊」に掲載される句を我が事として、真摯に読んでいただければと願います。

 

※結果発表欄では添削した形で句を掲載する場合がありますが、「マイ句帳」に収録される句は投稿した段階の句がそのまま保存され、投稿以降の修正や削除は不可となっております。予めご注意願います。

【第39回 写真de俳句】《並④》

  • 夕闇を切り絵の一両冬近し
    骨のほーの
  • 白神の線路親子熊闊歩なり
    骨の熊猫
  • 駅メロの止まぬ太棹叩く雪
    骨の熊猫
  • 冬うらら次はデパート前電停
    藤本花をり
  • 老いぼれのちんちん電車鐘冴ゆる
    藤本花をり
  • 休日は路面電車で日向ぼこ
    船橋おじじさん
  • 中吊りの破れ着膨れ夜明け前
    白猫あんず
  • 文化の日坊っちゃん列車運休す
    白猫あんず
  • 雪晴や路面電車の出発す
    宮本 モンヌ
  • 年流る路面電車は7時着
    宮本 モンヌ
  • 愛日やダークみきゃんのとことこ来
    ぞんぬ
  • 母の背を流したあの日冬苺
    ちえのわ
  • 母とゆく温泉めぐり冬麗
    ちえのわ
  • 土産だよ蜜柑もたされ電車乗る
    山下筑波
  • 冴え返る坊っちゃん列車板の椅子
    ピンクアメジスト
  • 高坏で出る茶は冬の道後の湯
    ピンクアメジスト
  • 幼子や席は窓際冬の町
    の菊
  • 木枯らしや安全地帯人あふる
    の菊
  • 風呂敷は西瓜の丸さ丸き膝
    清瀬朱磨
  • 湯けむりと電車の音の年の宿
    周子(ちかこ)
  • 路線図は映写機二十代の夏
    まるにの子
  • 校庭に秋暁待てる万国旗
    ひなた和佳
  • 冬麗の俳都の旅に来てみれば
    杉尾芭蕉
  • うららかな城下の町を子規は行く
    小花風美子
  • 鎧着て松山城の天高し
    小花風美子
  • 終着や空席の接ぐ春日影
    さち今宵
  • 吊り革に蜜柑の模型揺れる秋
    いたっくうらら
  • 九十円握るてのひら冬帽子
    いたっくうらら
  • 手を振れば手袋弄る子が応え
  • 出張の朝活ササラ電車撮る
    葉乃帆
  • 初出勤ササラ電車の威を借りて
    葉乃帆
  • トラム側少し陰りて冬の城
    楽奏
  • 葱自由女店主の広島焼き
    楽奏
  • 風渡る電車に俳句の秋来る
    シナモンティー
  • 坂の街のトラムは紀寿や原爆忌
    青居 舞
  • 三寒四温はりまや橋の小ささに
    ヨシキ浜
  • 冬晴や明日は宝くじ日和
    青屋黄緑
  • 寒晴やガキの頃から損ばかり
    青屋黄緑
  • 白秋や人なき駅に降り立ちぬ
    藤津桜子
  • 古酒に酔ひ路面電車を立ち塞ぐ
    藤津桜子
  • 直角に曲がる電車や漱石忌
    赤糸
  • 気嵐の堀を一番電車かな
    赤糸
  • 雪の朝路面に光る黒い条
    竜酔
  • 街中を動く鈍足カブトムシ
    竜酔
  • トンネル出づる路面電車や冬の空
    迷照 りん句
  • 張り残る豆単のカド高三の秋
    弥音
  • 初喧嘩せり背に背の床で聞くササラ電
    弥音
  • 枯尾花風弄び光りけり
    髙井 はなみ
  • 電鈴にナンナンと子や風光る
    きみこ
  • 寒晴や原爆ドームへ光射す
    芳野じゅんこ
  • 叡電で潜るトンネル照紅葉
    芳野じゅんこ
  • 諷詠のレゴリスたたえ松山の月
    花和音
  • 道後の湯坊っちゃんも見た月が綺麗
    花和音
  • ミニスカの居眠り肩に師走かな
    舞童あづき
  • 撮り鉄の鼻先赤き寒日和
    紅三季
  • 雪催ひ過ぎ去る市電次を待つ
    德(のり)
  • 長閑やなガタンゴトンの一人旅
    德(のり)
  • 脳内をべらめえ口調漱石忌
    伊沢華純
  • 初もうで昨日のくじは300円
    海野ちきまる
  • 終点は小春の俳都道後かな
    たかみたかみ
  • 時雨るるや軒下借りる荒川線
    游々子
  • お正月母とおめかし花電車
    山内プーコ
  • 春吟行坊ちゃん電車と子規さんと
    山内プーコ
  • 着席の咳き込む人のコップ酒
    まこく
  • 伊予の冬ロビーをとりどりの訛り
    雨野理多
  • せり上がるからくり時計年流る
    風の木原
  • 出勤は下りの電車初読書
    こちのうめか
  • 吾を待たぬ電車片息白かりけり
    こちのうめか
  • 虎落笛いい子でばかりいられない
    すずきあんず
  • メリクリの着信だけの聖夜過ぐ
    すずきあんず
  • ちん電の軌道堂々ゆく子猫
    日々の茶めし
  • 脱走の約束鉄路に涛の華
    舟端玉
  • 終電に揺られサンタとなる支度
    前田
  • 息白し通勤電車待つホーム
    なおちゃん
  • 引き出物を平らげフォーク冷たし
    くるぽー
  • 土曜日かつつく手帳の文化の日
    咲織
  • 弁慶草呑気な笑顔最期まで
    咲織
  • 行く年やおのおの旗を立てし事
    烈稚詠
  • 伊予鉄道抜きつ抜かれつ四温かな
    ときちゅら
  • 漱石忌兎に角電車は蜜柑色
    ときちゅら
  • メイン通りを二両編成小春
    おかだ卯月
  • 手袋の幼子路面電車過ぐ
    おかだ卯月
  • 冬帝の意地悪負けぬ電車かな
    紅紫あやめ
  • みきゃん抱く乗り鉄ぽとり青蜜柑
    紅紫あやめ
  • 手袋の拭ふ車窓を天守閣
    はなぶさあきら
  • 窓の手形消えゆくストーブ列車
    むねあかどり
  • 自画撮りの木製ベンチ冬うらら
    むねあかどり
  • 軌道敷の濡るるがごとき冬日向
    殻ひな
  • 初冬のひまわり宝くじよ当たれ
    殻ひな
  • 冬温しちんちん電車の初デート
    とも女
  • 坊ちゃん湯子規も息づく冬館
    とも女
  • 駘蕩の座席に日ざし寝入る父
    べにりんご
  • 終電の人みな無口聖夜かな
    さくらもち
  • 旅に貰ふ蜜柑に紐のやうなもの
    髙田祥聖
  • 盆過ぎや市電に揺られ周回す
    千里
  • 細雪ササラ電車の根競べ
    千里
  • 終電の電飾映えるぼたん雪
    みーこ39
  • 冬の夜市電最終子守唄
    みーこ39
  • 梶棒を上げて墨田の天高し
    志無尽おたか
  • 前世の記憶語る少女よ暖房車
    水豚庵
  • 冬灯路面電車はみかん色
    津々うらら
  • 秋麗らガタンゴトンの子守唄
    茶雨
  • 空高し路面電車の渋滞しらず
    茶雨
  • 同年の小銭を握り初まうで
    千歳みち乃
  • 新蕎麦の張り紙予後の夫チラ見
    白秋千
  • 空つ風さりげなく寄るくじ売り場
    白秋千
  • 年の瀬やゆるりの市電を抜く二輪
    灯呂
  • 年の瀬に市電を阻む鳩三羽
    灯呂
  • 食欲も満腹もなく初電車
    杜若友哉
  • カオナシの面はタールか避寒宿
    杜若友哉
  • 冬の夜は動かぬ父は母を待つ
    福島 サキ
  • この路は曾て停車場星走る
    福島 サキ
  • うっすらと市電の屋根に積もる雪
    くるみデニッシュ
  • ガタコトとチンチン電車通る冬
    くるみデニッシュ
  • 朝霜の市電叩いてみたら留守
    宮康平
  • 御講凪や電車の影がビルを這う
    るはちか
  • 綿飴とチンチン電車小春凪
    るはちか
  • 冬紅葉ひらり俳句ポストも乗る電車
    かなかな
  • 冬の朝みかん電車の軋み行く
    あおみどり
  • 当らぬもの予言大根宝くじ
    赤坂みずか
  • デリチャリに抜かれる市電年の暮
    赤坂みずか
  • ささら電車追いかけてゆく雪女郎
    平岡梅
  • 蜻蛉ふわりパンタグラフの鋒へ
    平岡梅
  • 何処へ行く冬蝿の飛び込み乗車
    蘭淳子
  • 浮寝鳥観光列車のフレンチ
    蘭淳子
  • ひだり頬なづる夕日の冬の海
    文月蘭子
  • 偉人の忌日ほどくづるる湯豆腐
    文月蘭子
  • シュレッダー黄ばみを増して冬隣
    旭しゅん
  • 夕ラッシュおでんの家へ直帰する
    旭しゅん
  • 「観覧車!」手袋はめて下車準備
    木香
  • 二度わらし乗せ枯野行く縄電車
    踏轍
  • 乗初や車掌の節を子が真似て
    西木いぐあな
  • 「病院前」停留所の冬うらら
    明後日めぐみ
  • 舎莉紙やつらつら椿宝厳寺
    曾我風蘭
  • 松ヶ枝や砥部の染付冬温し
    曾我風蘭
  • 年の暮ラッシュ知らずの路面電車
  • 冬の朝路面電車を一人待つ
  • 柚子風呂に顔顔顔やただの人
    雪男らぶ
  • 蜜柑剥く子規も好きだと黄色き手
    雪男らぶ
  • 「ごめんやでぇ」小春日和の猫ちょいと
    紫黄
  • デパートの売出しバルーンひつじ雲
    紫黄
  • 終電に駆け込む日々よ冬の月
    猫雪すあま
  • 吾が街にLRT在る師走
    牛乳符鈴
  • 松山と云へば「坊つちやん亅漱石忌
    牛乳符鈴
  • 冬の朝ササラ電車のゆく音か
    福原あさひ
  • べんべんと市電止まれど年の暮
    福原あさひ
  • 乗り過ごしまたそれもよし小春凪
    水琴子
  • 冬道後タルトじゃこカツ先ず出で湯
    楽和音
  • 初詣市電もSuicaで乗れるらし
    もりのもりす
  • 空っ風停車場まで息を止め
    もりのもりす
  • ナフタリンの香初電車の賑わい
    春のぽち
  • 電車待つ御用納めの午後三時
    春のぽち
  • 銀杏黄葉チンチン電車と教へたり
  • チンチンと都電の駅に聖夜かな
  • 年末の賭け百枚の宝くじ
    佐倉英華
  • 欲望の電車終着は冬ざれ
    佐倉英華
  • 嵐電のカント傾げり冬薔薇
    小川野雪兎
  • 廃駅に宝くじ売り冬紅葉
    小川野雪兎
  • 叔母と行く路面電車と冬の街
    美湖
  • 入相の路面電車を駆る木の葉
    島田あんず
  • 宮線を添ふ路面電車のみかん色
    島田あんず
  • 靴脱ぐや吹雪の窓へ市電の子
    充子
  • 冬うらら路面電車で行く総湯
    トヨとミケ
  • ふるさとが嫌ひで好きで帰省かな
    まさし
  • 乗り換へてまた乗り継いで帰省かな
    まさし
  • 冬晴れやまたねと手を振る友二人
    ゆみさく
  • 駅前の懐炉代わりの太鼓焼
    やしたあきら
  • 蟋蟀をせなかにつけておりてゆく
    田季たまき
  • 乗り込めば下駄ばきの彼秋うらら
    向日葵子
  • 冬入日いつものシートどっこいしょ
    向日葵子
  • ガタゴトと走る江ノ電冬うらら
    つきみつ
  • 終電のホームに一人冬銀河
    つきみつ
  • 停車場にマドンナが立つ寒椿
    三宅 光風
  • 松山やバスも電車も作句する
    三宅 光風
  • レール錆び雑草枯れて年暮るる
    しげ尾
  • アルプスの登山列車や霧深し
    しげ尾
  • 冬夕焼告白はホーム先頭
    奏美和
  • 片時雨発車ベル待つ片想い
    奏美和
  • 山城の登り石垣北颪
    コリちゃん
  • 凍空や瀬戸の島見ゆ観覧車
    コリちゃん
  • 音ずしり路面電車の冬の朝
    砂月みれい
  • 冬空の坊ちゃん列車ポーズ決め
    砂月みれい
  • 年の瀬に路面電車を待つ二人
    浅原多道
  • 駅行きの電車乗る人冬うらら
    浅原多道
  • 糸瓜忌や末期を知りてなほ嘲ふ
    ふづきかみな
  • 着膨れを神社に運ぶ終夜便
    うしがえる
  • 寄せ鍋を家族で囲む夢を見た
    錆鉄こじゃみ
  • 傘を閉じ軌道をなぞる雪の午後
    錆鉄こじゃみ
  • 青嵐俳句甲子園線路越ゆ
    津山直三
  • 五十年過卒業写真の市電かな
    藤田ほむこ
  • 冬晴れの子らへ電車の音のファーン
    田野こみち
  • 暖房車左傾き人の肩
    稽古
  • 城山の難攻不落雪もよい
    望月円
  • 追い越せしみかん電車や冬忙し
    松下眞す美
  • ぐうるりとみかん電車は右折せり
    松下眞す美
  • 冬銀河を歩くかすかに踏切音
    田近 詩泉
  • ホームレスこぞって年越しの列車
    田近 詩泉
  • ゲゲゲ忌や霰時々冬の虹
    飯沼深生
  • 硫黄の香秘湯は紅葉谷の先
    飯沼深生
  • 砥部焼の器に水ともみじ葉を
    紫桜