写真de俳句の結果発表

第44回「京都の屋台」《並》①

第44回「京都の屋台」

評価について

本選句欄は、以下のような評価をとっています。

「天」「地」「人」…将来、句集に載せる一句としてキープ。
「並選」…推敲することで「人」以上になる可能性がある句。
「ハシ坊」…ハシ坊くんと一緒に学ぶ。

特に「ハシ坊」の欄では、一句一句にアドバイスを付けております。それらのアドバイスは、初心者から中級者以上まで様々なレベルにわたります。自分の句の評価のみに一喜一憂せず、「ハシ坊」に取り上げられた他者の句の中にこそ、様々な学びがあることを心に留めてください。ここを丁寧に読むことで、学びが十倍になります。

「並選」については、ご自身の力で最後の推敲をしてください。どこかに「人」にランクアップできない理由があります。それを自分の力で見つけ出し、どうすればよいかを考えるそれが最も重要な学びです。

安易に添削を求めるだけでは、地力は身につきません己の頭で考える習慣をつけること。そのためにも「ハシ坊」に掲載される句を我が事として、真摯に読んでいただければと願います。

 

※結果発表欄では添削した形で句を掲載する場合がありますが、「マイ句帳」に収録される句は投稿した段階の句がそのまま保存され、投稿以降の修正や削除は不可となっております。予めご注意願います。

【第44回 写真de俳句】《並①》

  • 木下闇覚悟しいやの指白し
    ひでやん
  • 舞妓も祭も金塊積んで買う
    留辺蘂子
  • 薫風やソースの香ごとのみこんで
    房総たまちゃん
  • 嬉しさに抱きしめ萎む綿菓子や
    信壽
  • 夏祭り差し歯恨めしりんご飴
    信壽
  • 的屋追ひ家出となれり夏の果
    原 水仙
  • チョコレートバナナ片手に泣く吾子の夏
    奈良の真
  • 亡き父や京の夜店の射的台
    奈良の真
  • 躑躅の公園合ハイの弁当
    やまだ童子
  • かき氷準備忙しき屋台裏
    一生のふさく
  • 祇園会や行きかふ人の頬紅し
    大橋あずき
  • 宵山や露店に弾む声の波
    大橋あずき
  • 若葉風舌は真っ赤だりんご飴
    あすか風
  • 連休の明けて若葉と大あくび
    あすか風
  • 片陰へねだる吾子入れ並ぶ父
    おぐら徳
  • 爺の手引いて串で指すかき氷
    おぐら徳
  • 参道に塗り下駄跳ねる夏の宵
    渥美こぶこ
  • たぶんしあはせ金魚をすくふ背を見て
    円堂実花
  • 冷やし飴生姜のしみる京都旅
    風早 杏
  • 夜店の灯親はあたしに子守させ
    風早 杏
  • 加茂川の屋台をつつむ立夏かな
    花弘
  • 綿あめを横目に夜店行き帰り
    谷山みつこ
  • 万緑ややつと妊娠反応来
    ⑦パパ
  • 万緑を眼下にそろりかずら橋
    ⑦パパ
  • 妹の兵児帯揺らす御祭風
    灯り丸
  • つっかけと兵児帯はねる夜店かな
    まっちゃこ良々
  • 首筋から染まる緑蔭の青に
    森野みつき
  • 緑の夜べっこう飴の泡が沁み
    鈴木秋紫
  • 麦嵐カ行言へぬ子歌ひたり
    鈴木秋紫
  • 小雨の中祭り水滴りんご飴
    大本千恵子
  • 万緑や屋台に並ぶ京ことば
    稲垣加代子
  • 「はんなり」と「いけず」の都緑雨かな
    稲垣加代子
  • 夏の日の美しき指輪は飴細工
    江藤すをん
  • たこ焼きとヨーヨーを手に夏祭り
    山川腎茶
  • 許されて屋台に走るこどもの日
    歩一
  • かき氷にはしゃぐ味噌っ歯グー・チョキ・パー
    小倉あんこ
  • おねだりのおでこにラムネ瓶ツン
    満る
  • 兵児帯はひらひら尾鰭めく浴衣
    天陽ゆう
  • カタコトの英語日本語夏祭
    白石 美月
  • 夏祓開店十時頃の店
    白石 美月
  • 屋台過ごし茅の輪の列に加われり
    まあぶる
  • 約束はチョコバナナ前夏祭
    小川都
  • パパママの小さな欠伸祇園祭
    粳としこ
  • 参道の夜店なにしろ焼いている
    もぐ
  • 明易の綿菓子固くなお甘し
    みー
  • 初夏の神社の朝の白花香
    絵夢衷子
  • 祭後本殿までの広き道
    はれまふよう
  • 片陰をぞろぞろりんご飴五人
    はれまふよう
  • ヒヨドリの重たく揺らす若楓
    けい女
  • かき氷パクつき迷子預かり所
    渡邉 俊
  • 新緑の京都チョコバナナを二本
    古都 鈴
  • 豆しぼり夜店のラムネ飲み干して
    古都 鈴
  • 林檎飴かざして辿る夏の星
    坂野ひでこ
  • 風鈴や屋台の焼きそば麺ばかり
    渋井キセ乃
  • 薫風やお詣り忘れ奉納舞
    渋井キセ乃
  • 優しき嘘よ夏祭の君よ
    うからうから
  • 明易やラジオ体操宮公園
    素人(そじん)
  • 夏祭り匂いまでもが姦しい
    みずきの
  • 参道に雀遊びて祭り明け
    広泉
  • 祭りの夜カーバイトの匂い満つ
    広泉
  • バナナ食ひ水兵リーベ僕の船
    井納蒼求
  • 青時雨露店の屋根を打ちにけり
    る・こんと
  • 小遣いの再び尽きる夜店かな
    さ乙女龍チヨ
  • 食べ歩きの遠きゴミ箱玉の汗
    さ乙女龍チヨ
  • せがむ子へひとつ夜店のりんご飴
    にゃん
  • 浴衣の子めざす屋台のりんご飴
    蓼科 嘉
  • 川床ののれん連なる貴船川
    竹田むべ
  • モバイル屋台深呼吸する君と夏に
    丸山 晴耕
  • 粉混ぜる屋台裏の子夏休み
    こもれび
  • スマホ見て着する浴衣のゆるき衿
    こもれび
  • 夜店賑わう新選組は探る
    新井ハニワ
  • 夏祭りパトロールする側となり
    新井ハニワ
  • カルメ焼きぷわわ星月夜の魔法
    朝月沙都子
  • 祭り果て糺の森に青葉木菟
    ごまお
  • 緑蔭や小坊主休む屋台椅子
    ごまお
  • 緑陰の末社ひと言の願いは
    山葡萄
  • 夏シャツや前屈みで食うイカ焼き
    山葡萄
  • 地団駄を踏む子踏まぬ子祭の夜
    萩 直女
  • 入梅や吾もカラフルな傘の人
    堀尾みほ
  • 早々と仲直りして氷店
    堀尾みほ
  • ひと雨に夜店の盛りすたりかな
    花屋英利
  • バスツアー降りては駆ける古都青葉
    夏雲ブン太
  • りんご飴かりり立夏の石畳
    めぐみの樹
  • 緑陰に賑わう屋台通り風
    れんげ草
  • りんご飴舌なめずりの浴衣の子
    れんげ草
  • みたらしの好きなあの子や賀茂の夏
    不二自然
  • 水飴棒咥える浴衣影二つ
    不二自然
  • 氷店売り手買ひ手の京ことば
    大久保加州
  • 柔肌の姉妹きりりと祭髪
    ちえ
  • 残業のビルの屋上遠花火
    ちえ
  • 五月雨の朝だわたあめ消えちゃった
    ノアノア
  • 透かし見るワインの澱や夏の宵
    しげはら京子 (俳号を変更しました)
  • たこ焼きの返されてゆく夏休
    板柿せっか
  • 万緑や二礼二拍手慣れはじめ
    まちゃみ
  • 参道の照り降りの雨額の花
    まちゃみ
  • ヒヨコ逃げ出すお化け屋敷や夏祭
    小笹いのり
  • かき氷ハンドル回す音たのし
    ルーミイ
  • 郭公や参道長くなだらかに
    ルーミイ
  • 白長藤クレープの列乱しけり
    ひつじ
  • 魍魎はいない神社の青嵐
    黒江海風
  • 踊る箱売る夜店の灯虫を焼く
    黒江海風
  • ワンコイン握り始まる聖五月
    前川雪花
  • 氷なら宇治金時と決めてます
    東風 径
  • 猛暑日の予感屋台の氷旗
    東風 径
  • 屋台去り竹の帚や夏の朝
    間 静春
  • チョコバナナ夜店多彩なトッピング
    おこそとの
  • 白塗りす前の舞妓のかき氷
    おこそとの
  • 竹下通りめくごったがえして氷菓
    石橋 いろり
  • 端の方の君のブルーハワイかき氷
    石橋 いろり
  • 夜店灯る迷宮となる神社かな
    平井伸明
  • ケチャップか紅か浴衣の君の口
    鈴白菜実
  • 石畳下駄の涼しく響きたる
    一久恵
  • キラキラと木陰に金魚すくいの子
    国東町子
  • 緑陰の古刹に並ぶ屋台かな
    国東町子
  • かき氷メニュー睨むよ双子達
    飛来 英
  • テキ屋の子の三つ編みおさげ緑さす
    飛来 英
  • 境内の屋台に列やかき氷
    横浜月子
  • 縁日や烏賊焼く匂ひ参道に
    横浜月子
  • 夏の空棺に入れしカステラ焼き
    岡本かも女
  • 虹色のりんご飴七才の夏
    岡本かも女
  • アロハシャツ若葉マークは色褪せて
    大西みんこ
  • 林檎飴買って満足大西日
    大西みんこ
  • 夏の夜や地べたにりんご飴の跡
    喜祝音
  • 焼きそばの箸の後味初浴衣
    喜祝音
  • 日常や祇園囃子と異国のことば
    笑田まき
  • 夜桜の提灯屋台雨に濡れて
    ひよこ草
  • 方蔭に並びて子らのリンゴ飴
    春待ち女
  • 屋台店十も二十も夏祭り
    春待ち女
  • 箱釣に鼻緒の擦れを忘れけり
    深山むらさき
  • 振り向かば常世の透くる夜店の灯
    深山むらさき
  • 子らの歌に誘われ宵山ちまき
    はる奈
  • 綿菓子のヒロイン抱くや日焼の子
    東山すいか
  • 大箱や夜店の祀るプラモデル
    東山すいか
  • ブルーハワイの青は京都の夏の青
    里山子
  • 茅の輪くぐりて参道のカステラ屋
    石井茶爺
  • かき氷鎮守の杜の真つ青と
    石井茶爺
  • 綿あめ手にサンダルピィピィ春の宵
    おおいおちゃ
  • 夏夕べ下駄の高さの非日常
    河上摩子
  • 重心のいつもと違う祭髪
    河上摩子
  • 葉の影や君の浴衣の背に肩に
    雪音
  • 白虎面ポケモンとなる夜店かな
    こたま
  • りんご飴赤き夜店の光あり
    こたま
  • 君の袖密かにつまむ祭かな
    碧西里
  • 風鈴が聞こえた今日も生きていた
    おケイちゃん
  • インバウンドどこ吹く風のかき氷
    幸水
  • 母の日や人混みを避け車椅子
    幸水
  • 篆刻を試す異人や花の寺
    香亜沙
  • 緑さすパフェの屋台のポケトーク
    香亜沙
  • 汗なんかかきまへんえと京むすめ
    佐藤香珠
  • 異文化の煙はゆらり蚊遣火よ
    伊達紫檀
  • 異国語の街の流れや宵の夏
    伊達紫檀
  • 「寅さん」のいない参道春愁い
    やっちゃん日記
  • 茅の輪くぐり不穏なる赤リンゴ飴よ
    井上玲子
  • 露店まで駆ける子の顔楠若葉
    はまお
  • 夕日とふ命の終わり祭の灯
    あなぐまはる
  • 祭の灯になれなかったの林檎飴
    あなぐまはる
  • 新緑や石甃からころんと下駄
    四條たんし
  • 打ち合う心臓浴衣の君と手を
    四條たんし
  • ざわざわと祭の朝や屋台建つ
    向原てつ
  • お囃子に踊り出す山椎の花
    向原てつ
  • 京の風シェイブアイスの暖簾ゆれ
    英曙
  • 京の夏英語併記で待つ屋台
    英曙
  • かけ放題も彼の日ならかき氷
    宇野翔月
  • 夜待つ屋台蟻は忙し陽は西に
    楽花生
  • 春の雷それでも見てる飴細工
    ひなた
  • 雨上がり屋台ひとつの花見かな
    ひなた
  • 月涼し前をゆく君の淡き影
    江川満月
  • 風死すや孤軍奮闘バッテリー
    つんちゃん
  • 春祭担ぎ手今は責任者
    オリゼ
  • 練乳に苺氷の融ける音
    原 唯之介
  • 空豆の甘納豆の香典返し
    染野まさこ
  • 参拝の外国人よ夕虹よ
    黒猫
  • 秋夕焼キッチンカーの屋根きらり
    黒猫
  • 風薫る童顔巫女の赤袴
    きべし
  • 薫風へややガニ股の妊婦かな
    秋白ネリネ
  • カシスソーダ淡く女子会のテラス
    だがし菓子
  • 御忍びの吉祥天女かき氷
    星詩乃すぴか
  • 青苔や飛び石伝うハイヒール
    丸山隆子
  • 箱庭の屋台の造作あえかなり
    上田美茄冬
  • 五十年を屋台鉾囃子遥けし
    むげつ空
  • 涼しさやおしろいを引く稚児の鼻
    末永真唯
  • 木登りや青きTシャツに夏の風
    藤井かすみそう
  • 浴衣の子届かぬ輪投げ一歩前
    藤井かすみそう
  • 怠い腕ぞめきの響く阿波踊
    ゆづぷー
  • 緑蔭の寺社のスケッチ屋台越え
    ゆづぷー
  • 切妻を見上げし喉の冷酒かな
    猫おっと
  • 風そよぐヴィオラキラキラ話す岸
    桔梗郁子
  • しなやかに鳥舞い上がり都をどり
    桔梗郁子
  • 緑さす鞍馬やお揃いのリュック
    日向あさね
  • 並ぶだけ悩むどの味かき氷
    日向あさね
  • 境内の新樹の記憶水尾祭
    丹波らる
  • 荒天を走り逃れて氷菓子
    うっとりめいちゃん
  • 大虹に並ぶジャングルのハイウェイ
    風友
  • 君と終はりて沈丁の向風
    風友
  • 新緑や賽銭崩しチョコバナナ
    山女
  • 初市や鉄板の隣に小法師
    山女
  • 声枯らす香具師やのんどり北山杉
    深紅王
  • 病んで帰省スカイランタンは幾千
    深紅王
  • 蝉時雨りんご飴食む異邦人
    浄寿改め 日進すみ
  • 流暢な英語の屋台京の夏
    ぱんだ社長