写真de俳句の結果発表

第44回「京都の屋台」《並》⑤

第44回「京都の屋台」

評価について

本選句欄は、以下のような評価をとっています。

「天」「地」「人」…将来、句集に載せる一句としてキープ。
「並選」…推敲することで「人」以上になる可能性がある句。
「ハシ坊」…ハシ坊くんと一緒に学ぶ。

特に「ハシ坊」の欄では、一句一句にアドバイスを付けております。それらのアドバイスは、初心者から中級者以上まで様々なレベルにわたります。自分の句の評価のみに一喜一憂せず、「ハシ坊」に取り上げられた他者の句の中にこそ、様々な学びがあることを心に留めてください。ここを丁寧に読むことで、学びが十倍になります。

「並選」については、ご自身の力で最後の推敲をしてください。どこかに「人」にランクアップできない理由があります。それを自分の力で見つけ出し、どうすればよいかを考えるそれが最も重要な学びです。

安易に添削を求めるだけでは、地力は身につきません己の頭で考える習慣をつけること。そのためにも「ハシ坊」に掲載される句を我が事として、真摯に読んでいただければと願います。

 

※結果発表欄では添削した形で句を掲載する場合がありますが、「マイ句帳」に収録される句は投稿した段階の句がそのまま保存され、投稿以降の修正や削除は不可となっております。予めご注意願います。

【第44回 写真de俳句】《並⑤》

  • 夏祭り車輪の注油りんごあめ
    林房恵
  • ふるさとの花火は音と同時なり
  • 窓より出で駆ける二人や夜鳴き蕎麦
  • 八日目の金魚優雅に泳ぐ午後
    砂 芽里
  • 夏祭りの屋台じゃんけんで二倍
    鞠居
  • 模擬店の氷屋繁盛服いちご色
    京蛍
  • 下駄鳴らすおまけの金魚は「にしきごい」
    京蛍
  • 風薫る鯛焼きひとつ一人旅
    はなハチコ
  • 蟇屋台の陰にひとりごと
    本間 ふみふみ
  • かき氷嫗三人の楚々たるや
    本間 ふみふみ
  • 祭笛金鯱練る日の引越
    モト翠子
  • 古樹ありき千本桜の母なれや
    晴芽みやび
  • 和歌憂しや千本桜淡淡し
    晴芽みやび
  • 花曇り跳ねる吾子の手飴細工
    風薫
  • 挟み音跳ねる兎の飴細工
    風薫
  • 朝凪や開店準備の屋台主
    渥美 謝蕗牛
  • 「かぐや」てふ阿闍梨のおわす餡蜜屋
    竹庵
  • 山椒の香含む甘酒二寧坂
    竹庵
  • 朝霧や参道進む野良猫と
    ふぃーかふぃか
  • 門前の餅ねだる吾子紅葉狩り
    ふぃーかふぃか
  • 縁日や夏の芳香渡月橋
    青山楽夢
  • 京の空甥は留守番夏祭り
    青山楽夢
  • かき氷甘き手濯ぐ手水舎の龍
    ボンちゃんのママ
  • 団扇持つうなじのしろき屋形船
    藤野いく子
  • 春灯よ夫の贖罪は酒だちです
    藤野いく子
  • 賑やかにヨーヨー泳ぐ夜店なり
    阿呆鳥
  • 木漏れ日の金魚すくいや初の孫
    阿呆鳥
  • 綿飴のキティのこりて旱星
    くさもち
  • 焼そばに下駄の音そろふ夏ゆふべ
    くさもち
  • ゆらり水の巾着夜店の釣果
    水きんくⅡ
  • 緑陰の屋台主や仕込終へ
    理佳おさらぎ
  • 東人はるばる冷やしあめ食ひに
    理佳おさらぎ
  • 片言で釣り銭算す若葉風
    桐山はなもも
  • 緑陰や異国の味を持て余し
    桐山はなもも
  • 田楽を渡す仕草におもてなし
    優花里
  • 賀茂葵友は疎しとなりにけり
    優花里
  • 夏の夜通りたくない道もある
    浅田香歌
  • 店の光集めて焼酎透ける
    浅田香歌
  • かき氷悲喜こもごもを舌にのせ
    こま爺
  • かき氷光源氏の香りして
    こま爺
  • にいちゃんになった二歳や花曇り
    にゃんちゅう
  • 新樹光前向き抱っこで指すお面
    にゃんちゅう
  • 縁日の遠き佳き日や若楓
    みなごん
  • 新緑の縁日なれど吾ひとり
    みなごん
  • 宵太鼓屋台の氷キンと沁み
    天亨
  • 屋台は準備前風薫る参道
    花岡貝鈴
  • 夜店の灯店主の項たわむタトゥー
    立石神流
  • 宵山の出汁巻ほわん浮く踵
    立石神流
  • 縁日や母へ土産の走馬灯
    小鉢
  • 来た道を通らず帰る星祭
    小鉢
  • 杜に住む妖怪たちも待つ夜店
    大切千年たいせつせんねん
  • 夏の夜はおかめひょっとこ踊り出す
    大切千年たいせつせんねん
  • 焼きいかに顔隠されて夏祭り
    ぼたん
  • 坊様とりんご飴屋の祭りの日
    イケダエツコ
  • 加茂葵創立記念日の式辞
    凛ひとみ
  • 令和の子スマートボール競う夏
    今井モコ
  • ドラキュラの葡萄に染まるかき氷
    今井モコ
  • 花入で喉潤すは七変化
    画 喜多文
  • 七変化我儘色は吾が心
    画 喜多文
  • ミニスカの舞妓の休日かき氷
    兎波
  • 異国語のひしめく屋台夏に入る
    てんむす
  • 木漏れ日を指して無言のチョコバナナ
    コンフィ
  • アセチレンの照らす横顔宵祭り
    青井季節
  • アイスチョコバナナ両手に駈けてくる
    さとうナッツ
  • チョコバナナ手に筒姫と待ち合はせ
    立川猫丸
  • 「そらしらそ」路地に飛び出す春の宵
    谷 ゆり乃
  • 白藤や舞妓ぽくぽく先斗町
    谷 ゆり乃
  • チョコバナナ十三参り頬の紅
    横須賀うらが
  • 石畳み被布に靴行くわたあめと
    横須賀うらが
  • 夜拝観母とはぐれず星祭
    くえん酸子
  • コーヒーをじわりとミルク春愁ひ
    うくちゃんま
  • しづかなる緋としてもみぢ咲きにけり
    うくちゃんま
  • 散る桜去りたくなかったな京都
    のりこ
  • 花過ぎや御室桜の茶碗買う
    パト子
  • 朧月まつりまるごと許しおり
    慶泰
  • 夏衣際まで迷う宵祭り
    慶泰
  • 新緑や陽にきらきらとりんご飴
    秋野しら露
  • つつき合いすぐ溶けちまうかき氷
    麦野 光
  • 玉の汗しょっぱいだけの素焼きそば
    松本厚史
  • 道外し糺の森に蛍鳴く
    はまちこ
  • いとこ来て踵つぶして庭花火
    はまちこ
  • 青あらし地の大鯰さますなよ
    迦楼羅(かるら)
  • 屋台には酒と笑いと春の月
    広島じょーかーず
  • 初孫の浴衣着付ける妣の指
    糸桜
  • どんどどーん祭り知らせる空砲音
    糸桜
  • 参道にこぼるる草餅のきな粉
    咲野たまふく
  • 緑陰や屋台組み立て始む朝
    咲野たまふく
  • 浴衣着て母に縋りてりんご飴
    惠桜
  • 背伸びして浴衣の衿の広くくり
    惠桜
  • 野蒜摘み帰りに味わう格別よ
    まほろば菊池
  • 薫風に乗る香に惹かれふらふらと
    まほろば菊池
  • 風薫る舞妓袖揺らす縁日
    かたばみ
  • 青葉若葉人力車夫の背が撓ふ
    陽風水
  • 共に居れば五分咲きも良し花巡り
    陽風水
  • 参道に散華ひとひら夏の夕
    たきるか
  • 頼もしき俥夫の太腿あいの風
    谷川ふみ
  • 傷心の友よ風光る屋台
    美織
  • 花まつり屋台通りに手揉みして
    浜防風
  • 彼岸寺店主休みて箸二本
    浜防風
  • 鴨川美し塩味のじゃがいも美し
    葛西のぶ子
  • 緑陰の屋台京の椅子は小さやか
    葛西のぶ子
  • 新緑の今日の京も賑やかに
    高橋 誤字
  • 綿菓子や裾持つ手放し汗じわり
    高橋 誤字
  • 綿菓子を横目で見てた祭の夜
    のりのりこ
  • 炎天下露店のジュースややぬるい
    のりのりこ
  • 宵山のみやげ擂粉木はしなくも
    せんかう
  • 綿飴を子に持たせたり木下闇
    サリー
  • 立ち止まり売子の声や夏の夕
    サリー
  • 浴衣着てスマホのスペックの自慢
    咲山ちなつ
  • 万燈籠に見られて無口宵祭
    夏陽 きらら
  • 出目金よ今日こそ覚悟とぽい握り
    韻修
  • 驟雨明け出店に光る月光仮面
    韻修
  • 金魚掬いの脇を舞妓の二人楚楚
    天風さと
  • さつきまで虹だつたのか夏氷
    天風さと
  • 青き踏む食べたいものが決まらない
    恵翠
  • 初夏や迷うも楽し二人旅
    恵翠
  • 日常を取り戻し揺れる葉桜
    瑞風
  • 若楓色付くまでの余命知る
    瑞風
  • 日の明けて残りし金魚ポツンと生く
    釋愚拙
  • 屋台の灯ばあば偲んでマリアの月
    鱈 瑞々
  • 礼参り仰げば萌ゆる樟若葉
    峠の泉
  • 七五三おちょぼの紅や林檎飴
    峠の泉
  • 宵宮や同窓会の鼻緒擦れ
    釣女
  • ラムネ玉かざす指のガングリオン
    釣女
  • ライダーのお面離さぬ青サンダル
    春野あかね
  • 何回目どこで飼うのか金魚すくい
    春野あかね
  • 石畳十三参りの木履の音
    ぎっくんのママ
  • 片蔭や片手にはしまき長話
    舞矢愛
  • 境内に揃う馴染みや虫刺され
    舞矢愛
  • ビニイルに捉えし金魚したり顔
    ほーさく
  • 遠花火肩車する吾子の手や
    ほーさく
  • 綿菓子のくちびる甘し宵祭
    たじまはる
  • 夢醒めてなほへばりつく祭笛
    伽葉子
  • 薫風や頭上三十六詩仙
    伽葉子
  • 祇園囃子去りし夫の知らぬこと
    七森わらび
  • 閃きの軽さ小路のわらび餅
    七森わらび
  • どちらから?万緑の中リンゴ飴
    玲子
  • 祭りの灯狐の面にあやかされ
    せなきく
  • 鴨川に足ぷらぷらと冷やし飴
    せなきく
  • 花筵賑やかに舞う手話の声
    宙朔
  • 鐘振る子夜店の籤の大当たり
    孤寂
  • 吾子が呼ぶ出目金が浮く朝のこと
    夏海 凛
  • 夜店避け路地裏歩く君と僕
    のぐちゃん
  • 宵山の浴衣の君の紅き頬
    のぐちゃん
  • 蓮池や団子屋台の子らの声
    出雲のたみちゃん
  • だんじりのギャルや小鉤をぐいと掛け
    花豆
  • 考と来た綿飴の香の梅雨晴れ間
    創次朗
  • こみ上ぐる掛け声祭衣かな
    うーみん
  • たこ焼きをはふはふ喰らふ夏木蔭
    まり遊
  • スマホには出ない廃市の夏祭
    我鯨
  • 祭の日「五時にいつものタリーズで」
    我鯨
  • 被爆樹や水辺屋台のソーダ水
    みえこ
  • てんこ盛りの朝の茶碗や夏の海
    ふのんへん宗悟
  • 赤蜈蚣此処にもスロープなかりけり
    壱時
  • 金毘羅へ友と出会いに初浴衣
    みわか わみ
  • 陶器売る父へ差し入れ夏氷
    みわか わみ
  • 貴船路や川床料理切に生き
    紫陽花
  • 浴衣着て早口すぎる外国語
    月野うさぎ
  • かき氷電球熱き屋台かな
    月野うさぎ
  • 宮入りの神輿の坂は男衆で
    香代
  • 風の香や船頭越しの渡月橋
    千舟
  • 幾重にも青葉百貨店のりんご飴
    千舟
  • お互いの浴衣姿に惚れ直す
    秀翁
  • 潮風へかき氷へと駆ける子よ
    雪割草
  • 砂浜へ滴り落ちるアイスクリン
    雪割草
  • 緑蔭や手に手にリンゴアメ赤し
    看做しみず
  • かき氷またかき氷ぬらり風
    看做しみず
  • 新緑やアイスチャイ売るねねの道
    志きの香凛
  • 大蚊のぺたり貼り付くりんご飴
    雪花
  • 万緑や母乳凍らせ通う街
    おおい芙南
  • 遠きより祭太鼓のなお厚し
    田に飛燕
  • ぴぃしゃらら五月の街を獅子が舞う
    さち緖
  • 知恵団子頬張る子らや春まつり
    さち緖
  • 団子串切っ先ひらり源氏蛍
    智隆
  • あちこちに自慢げに咲く躑躅かな
    佐竹草流
  • 金魚二尾術なく青きバケツの夜
    朝日千瑛
  • 宵宮やむかし通りの香の露店
    朝日千瑛
  • 藍暖簾鮎も跳ねてる河岸屋台
    立町力二
  • 逃げ惑う金魚追うポイ小さき手
    鈴木 リク
  • かき氷母と食べたはレモン味
    森 健司
  • かき氷屋台見かけぬ東京都
    森 健司
  • 知恩院アイス片手にあと五段
    ひーちゃんひーちゃん
  • 屋台幕空蝉一つ瑠璃の朝
    ひーちゃんひーちゃん
  • 新緑や屋台暖簾に京の風
    瞳杏
  • 初詣かわたれ時の屋台酒
    みやもとや
  • あだに踏む玉砂利白し若楓
    山本八
  • 山鉾の遠心力や食ひ込む鼻緒
    水越千里
  • 店員も客も来日燕来る
    眼蔵
  • 万緑やりんご飴食う金髪娘
    眼蔵
  • たこ焼きの削りかつおも踊る夏
    鈴木そら
  • 夏の宵Zoom会議に囃子の音
    鈴木そら
  • アイスクリン早く固まれ見つめる子
    南全星びぼ
  • 浴衣の袂引きし娘よ手繋げずに
    日月見 大
  • 夕立や文庫結びに白い傘
    めぐえっぐ
  • 夏祭り的屋のからくり話す父
    めぐえっぐ
  • 仮住い町の名読めぬ祭過ぐ
    ひまわり
  • ふるさとの神社朽ちぬやラ・フランス
    ひまわり
  • 万緑や啖呵売みな声太し
    朗子
  • 訥弁の香具師もゐるらし若葉風
    朗子
  • 色色を包み深くす緑かな
    紅 珊瑚